ゴルフ初心者上達案内

ゴルフ グリーンでのピン狙いはショートサイドに外さないこと

ゴルフ グリーンでのピン狙いはショートサイドに外さないこと

上手い人は「とりあえず乗せる」を徹底している 上手い人は「とりあえず乗せる」マネジメントを、徹底しているからこそ、練習不足でもスコアをまとめてくる。 あなたはグリーンでのピン位置を見て戦略を立てていますか? スコア90を中々キレない人は・・・ピンを狙って打っている。シングルクラスの人は残り距離によって狙うポイントが変わってきま...

砲台グリーンのアプローチショットの3つの攻め方。

砲台グリーンのアプローチショットの3つの攻め方。

砲台グリーンのアプローチショット アプローチショットの中でピンに寄せづらいアプローチショットは、砲台グリーンの場合です。 砲台グリーンとは? どのようなグリーンのことでしょう・・・フェアウェイよりも高い位置にあるグリーンのとこを指しています。 まるでお椀をかぶせたようなグリーンです。呼び名の由来はまるで「大砲を構えるための丘の...

ドッグレッグホールの攻め方 どう考えたら良い?

ドッグレッグホールの攻め方 どう考えたら良い?

ドッグレッグホールの攻め方 ドッグレッグホールの攻め方には色々な考え方がある。ドッグレッグホールとは?・・・途中から左右どちらかに曲がっているコースのことです。   右に曲がっているコースは右ドッグレッグホール、左に曲がっているコースは左ドッグレッグホールと言います。      

フェアウェイウッドと ユーティリティの違いと、最適な 14本のセッティング

フェアウェイウッドと ユーティリティの違いと、最適な 14本のセッティング

最近の傾向 最近アイアンセットは PW から 5I までの 6本セットで売られるものが圧倒的に多くなっている。 理由は 、ロングアイアンより打ち易い フェアウェイウッドや ユーティリティを好む人が多くなったからだ・・・・ そんなアイアンの本数の少ないクラブのセッティングをする場合は 幾つか注意する必要があります。

ウェッジショットでの距離調整法を覚えよう

ウェッジショットでの距離調整法を覚えよう

ウェッジショットでの距離調整法 アプローチで大切なのが、30、50、60ヤードといった中途半端な距離を打分けることです。 多くの人が、 きちっとした基準を持ってプレーをしている人は 案外少ないものです。 一度練習でその基準を身につけてしまえば、ゴルフプレーの間が空いたとしても、意外と少しの時間で取り戻せるのです。 プロや上級者...

ゴルフにも、おすすめの自家製スポーツドリンクの作り方

ゴルフにも、おすすめの自家製スポーツドリンクの作り方

自家製スポーツドリンクで集中力とスコアアップ 皆さんは、ゴルフ時の水分補給は、何を飲まれてますか? 夏は、熱中症対策でスポーツドリンクを、その他の季節は、お茶やコーヒーなどといった方も多いと思います。 夏は汗をかくので、僕はアミノバイタルがあれば、それを時々補給して、ミネラルウォーターにクエン酸、もしくは塩を入れたお水を交互に...

ドライバーの飛距離を伸ばすにはスパイアングルが大切?アッパーブローで打つ方法

ドライバーの飛距離を伸ばすにはスパイアングルが大切?アッパーブローで打つ方法

ドライバーをスパイアングルを変えて、アッパーブローで打つ方法 もう少し飛距離を伸ばしいと考えている方は・・・打ち方をチェックしてみたらいかがでしょうか?大切なのは、スパイアングル? もちろん自分にあったドライバーの機能を見つけることも大切です。例えば、総重量やロフト角、シャフトの硬さ、ある程度あっていることを前提に説明します。...

オーバースイングの直し方、原因は?コンパクトなバックスウィングの効果

オーバースイングの直し方、原因は?コンパクトなバックスウィングの効果

オーバースイング 僕も以前は、かなりのオーバースイングでした。     小さなスウィングに治そうと思っても、タイミングが取れなかったり、ハーフスイングのところで止めているつもりでも動画で撮ると、地面と並行よりも少しクラブヘッドが、たれています。   練習量が多いときはそれでもなんとかスコアをまとめ...

ゴルフ ピンポジションとグリーンの知識でスコアアップ

ゴルフ ピンポジションとグリーンの知識でスコアアップ

ピンポジションとグリーンの知識 ゴルフ上級者になるとグリーンの形状やピンポジションもチェックするようになる。特にクラブ競技やオープン競技に出るようになると練習ラウンドは、もちろんグリーンまわりや形状ピンポジションは必ずチェックする。 グリーンの何処に ピンがあるのか、ピンポジションを考えて プレーをすることは コースマネジメン...

 

ゴルフ場 検索 予約
★ 超!直前割 ★ 格安 (HOT PRICE)
得割り (来月用) 早割り (その先用)

 

商品リンク(主要メーカー)
Return Top