ゴルフ初心者上達案内

飛距離を伸ばしたい人は、ゴルフのタメを作る

ゴルフ、タメ(レートヒット)

飛距離アップに筋肉や遠心力は必要ありません。
左手のコックとダウンのタメだけです。

ゴルフのタメ(レートヒット)が出来るだけで飛距離がグーンとのびます。

左手のコックがボールヒットギリギリまで解けずに打てるようになれば
必ず飛びます。

飛ばし屋と言われるトッププロは、このタメがスゴイです。
タイガーウッズは左腕が垂直近くになっても、まだコックが解けずタメができています。

タイガーウッズのタメがよく分かる動画
黄色のラインを引かれるのがタメです。
 

 
飛ばない原因はタメと言われている、コックが早く解けてしまうのが飛ばない原因です。

 


 

スポンサーリンク

 

タメが作れるのと作れないのではどの位の
飛距離の差が生まれるか?

アイアンで10~20ヤードは楽に飛距離はのびます。
もちろんドライバではそれ以上、しかも正確性も増すのです。

タメ(レートヒット)ができないのは、手首のコックが、解けるから

上級者は打つギリギリの瞬間までコックを見事に維持します。
レートヒットで打つことができます。

ヘッドの”遅れ”によってインパクトからフォローへとクラブをリリースする前の段階で
最後の瞬間まで可能な限りパワーを溜めておくことができます。

多くのゴルファーの、ほとんどはダウンスイングのかなり初期の段階でコックを解いて、
その結果バックスイングで、一応貯めといたパワーを全てロスしてしまい、
飛距離をロスしてしまいます。

飛距離が出ないのは、筋力よりも、むしろコックが早く解けてリーリースが
早過ぎることが原因です。

僕も体力や腕力はあった割に、飛びませんでした、それはトップの位置で
ヘッドが揺れることが原因で早くタメが解けてしまうことでした。

タメのメカニズム

 
本格的に取り組みたい人は、これがお薦め!

 

タメの作り方

インパクトのイメージ作りから根本的治療を、見なおすべきです。

練習する前に強調したいのは、タメ(レートヒット)の位置をワンポイントで
創ることは不可能です。

これは一連の動きの本の一瞬を捕らえたものに過ぎず、体が正しく動いて
初めて達成できるのです。

 

タメの感じをつかむためのエクササイズ

右手の指関節が少なくとも、3つは見えるように注意しながら、右手を左手の下に
置いて(つまり逆ハンドグリップ)でクラブを握ります。

 

スクリーンショット 2015 04 01 11 58 45

 デビット・レッドベターより引用

 

アスレチックゴルフ

アスレチックスウィングの完成―世界一のゴルフレッスン基礎から応用まで

 
次に右手首がコックされていく状態に注目する。
ダウンスイングでは、インパクトに入るギリギリの瞬間までリストコックを
維持してみます。

これを正しく行うと、インパクトに間に合うようにクラブヘッドを最後の瞬間に
走らせるまで、グリップエンドがダウンスイングを主導しているように感じる。

インパクトの感じをつかむには5番アイアンを持って壁や、階段の段差を利用し
その前でアドレスをとりヘッドを段差に押しつけ手が少し前に来ている感じを
つかむこと・・・・

左手の甲は目標を向いて平らになっているが、右手は凹んで一定のアングルを
作っている。

この感じをイメージして実際にボールを打ってみる。そしてまたこのドリルの
繰り返しによってヘッドの遅れとインパクトの感じが味わうことができます。

これを身につけるためには繰り返しの練習がやはり必要です。

タメのメカニズムと練習ドリルこれが出来れば飛距離アップは確実です。

 

 

ー スポンサード リンク ー

 

ゴルフ場 検索 予約
★ 超!直前割 ★ 格安 (HOT PRICE)
得割り (来月用) 早割り (その先用)

 

商品リンク(主要メーカー)

楽天 ゴルフ 商品リンク

この記事を読んだなら、以下記事もおすすめ!

*
*
* (公開されません)

 

ゴルフ場 検索 予約
★ 超!直前割 ★ 格安 (HOT PRICE)
得割り (来月用) 早割り (その先用)

 

商品リンク(主要メーカー)
Return Top