ゴルフ初心者上達案内

ー スポンサード リンク ー

ゴルフシューズ

ゴルフシューズの選択

 

ゴルフ・シューズにはゴルフ・スイングをする時に足元が滑らないよう 靴底に
スパイクがついていますが、ゴルフ場でプレーをする時の必需品です。

十数年前まではメタル・スパイクが主流でしたが、最近はグリーン保護の観点から
メタル・スパイクの付いた靴を禁止するゴルフ場が殆どです

ソフト・スパイク もしくは スパイクレス・タイプのものを着用を義務付けられます。

 

ゴルフシューズの特徴

 

ブランドやデザインだけを見てゴルフ・シューズを購入している人も少なくないと
思いますが、ゴルフ・シューズ選びで大切なことは 、安定性とゴルフ・スイングへの影響を

 

考え滑らず安定したスイングができることが大切です

フィット感、歩き易さ、疲れ難さ、防水性と通気性と耐久性 など考慮に入れ
傾斜のある坂を登る必要もありますので、それに耐えられるだけのグリップ力が備わって

いなければなりません。また、ゴルフは18ホールプレーすると、それなりの距離を
歩くことになりますので疲れにくいことも大切です

軽量なものが多く、足に負担がかからないように工夫されていますが必ずしも
軽いものが良いとは限りません。。ゴルフ・シューズらしいものとしては

革靴タイプもありますが、最近は スパイクレスのストリート・シューズ・タイプの
ものを含め、スニーカー・タイプのシューズの選択肢が増えています。

一般的に スニーカー・タイプのシューズは ソールが柔らかめで 軽く、重量も
400g 片足 クラスの軽量モデルが多くなっています。

最近コースでは、芝の保護を目的として金属製のスパイクを使用したシューズを
使用禁止にしているところがほとんどです、ソフトスパイクタイプかスパイクレスタイプの
シューズを選んでおく方が賢明です。

ゴルフもやっぱり “オシャレは足元から!”

ゴルフは、クラブやウエアー、小物も含め、始める前にはかなりの金額がかかって
しまいますが、シュースは長く歩く事を考えると、あまり安いものは
お薦めできません。

私も革靴のクラッシックタイプを購入し磨きを掛けて吐いておりましたが
やはり高価なものは気分もよく靴の手入れをしているだけで思いを馳せ吐くごとに

 

馴染んできて磨きこまれた靴は良いものです。


 

しかし耐久性にやや難がありゴルフは捻る動作が多いいものですからねじれてしまい結局
ねじれ無い、雨に強い蒸れない、ゆるまないものを最近、履いております。

レバをー合わすだけで締まり。レバーを引くと、ゆるむすごく便利な機能の
ゴルフシューズも出てきており常用しております。

ゴルフは足元がスイングの土台になりますので、ものすごく機能的にも開発され
あなたにピッタリのものが見つかると思います。

 

インソールは皆んな入れてますか?

同時にシューズのインソールをほとんどのプロは入れております、今やアマチュアも
自由に選択でき必需心になってきています。特にプロは歩いてプレーするので必要と思われます。

 

インソール(足にあった靴底)も自分に合わせて作れるようになり
益々快適です。僕もなるべく歩いて回れるゴルフ場に行くようにしています

何より歩くことが健康に一番大切です。

 

ー スポンサード リンク ー

Return Top