ゴルフ初心者上達案内

ー スポンサード リンク ー

ゴルフアイアン

アイアンについて

 

アイアンはクラブヘッドのうち球を当てる部分が鉄製だった、ため「Iron」と
呼ばれるものを指します。

アイアン は、3番から 9番と ピッチング・ウェッジまでの
8本セットとして売られているものが一般的でしたが、

最近はロング・アイアンがない 6本セットが多くなってきています。

 

  • 2番(ドライビングアイアン)
  • 3番、4番をロングアイアンと呼び
  • 5番、6番、7番までをミドルアイアン
  • 8番、9番、、ピッチング、をショートアイアンと呼びます。

その他ウエッジと呼ばれるものにアプローチウエッジ、 サウンドエッジ
(バンカーから打つウエッジ)と言うように別れて呼ばれています。

アプローチウエッジもサンドウエッジも初めのうちは、このような底の広い
タイプの ほうがアプローチもザックリしにくく、バンカーからも,出しやすいです。

アイアンの特徴

アイアンは飛距離を出すのではなく、あくまでも正確性を重視し番手によって
距離を正確に打つことを目的にしています。

 

「距離を調節する」ためのクラブです。
基本的にいつも同じスイングで、7番アイアンだと何ヤードと自分の力に
応じて 各く番手ごとの飛距離を自分で知って、距離も正確に打ち分けるのが目的です。

 

飛ばしたい距離にあったクラブに変えて打つようにします。
ショートアイアンになるほどロフトと言われる
ヘッドのロフト角度(例えば56度) この角度が60度のように、大きくなって
いくと距離が出なくなります 。

 

ウェッジ類はアイアンよりもさらにシャフトが短くロフトが大きいので、
主に短い距離で正確性が求められるグリーンまわりで使用します。

 

自分のコースや行くコースによって上級者は、ウエッジの種類や角度を
変えて より正確にアプローチできるようにします。

 

グリーンが小さく砲台の場合、高いボールを打つことでピンに寄せやすくなり
スコアメイクになるためロフトの角度が58度、60度、と大きめな
角度のウエッジを上級者は持っていきます。

 

ライ角やロフト角,アイアンの種類については下記に詳しく書かれています。
https://tom49.com/page-1504

 

 アイアンを選ぶポイント

お薦めのアイアンはどれですか?と聞かれてこれですとは中々言えず最初は
ブランドできめてセットで買うことをお薦めします。

その中で自分の体力やスイングによって自分にあったものを選ぶことが大切です。
アイアンを選ぶポイントとしてシャフトがスチールとカーボンとが ありますので、

まずはどちらにするか考える必要があります 体力が無いからといってあまり軽い
クラブはオススメ出来ません

当初はヘッドの形がシンプルでなるべく優しいクラブが良いと思います。
上達するに連れて好みがわかってくると思います。

特ウエッジはアプローチでピンに、よりやすいものとか、徐々にわかってきます。

バンカーも始めは、まず脱出できるクラブ(サンドウエッジ)を選ぶことが
大切です。

アイアンは本来飛ばすために使うのではなく、正確に距離を打ち分けるために
各く番手が細かく分かれています。

 

 

しかし最近はアイアンだって飛ばしたい

自分のライバルより飛ばしたいという思いが誰しもあります。
ですから最近のアイアンはロフトを立て飛距離が出るようになってきました。

飛距離を求めるとランが多くなりグリーンで止まらないケースが出てきます。

そこでヘッドの深重心で、やさしくボールをとらえる事が出来るように、
なったため ロフトが立っていても簡単に打てるようになり、しかも高いボールが
出るように なりました。

飛距離が出て高いボールも打て結果的にグリーンでも止まる様になってき ています。

 

 

ー スポンサード リンク ー

Return Top