ゴルフ初心者上達案内

ー スポンサード リンク ー

ゴルフ雨の日対策

ゴルフ雨の日対策

 

雨の日のゴルフを楽しむ為には、事前準備をしっかりすることが大切です

レインウエアーを着なければならなうほどの雨ではどうしても集中力が落ち、いつもより
ミスが多くなるものです。

晴れた日に比べ、気分が落ち気味、体が動きにくくなっているのに、いつもと同じように
スイングをしようとしても、それは無理な話です。

雨の日には雨の日用のスイングがあります。ちょっとしたことを注意するだけで
ミスが減って楽しいラウンドになります。

 

雨の日のゴルフに必要なもの

事前準備が大事です。

  • 傘、なるべく軽く大きめなものを利用して下さい。体を濡らさない冷やさないことが
    大切です。最近大きくても軽量のものが出ています。
  • 全天候グローブ(雨量にもよりますが可能な限り多め
  • タオル(ゴルフ場によってはクラブハウス以外持ち出禁止もありますので、2〜3数枚)
  • 雨用の帽子。
  • レインウエアー等。レインウエアーはメイカー品の2万、前後のものが良く出来てます
  • ビニール袋(ジッパー付きのビニール袋ゴルフ場の御風呂場にもありますが、
    濡れては困る物、携帯、タバコ,等です。

  • 着替えの服(ハーフ終了後の着替えと、ラウンド終了後の着替え。下着、靴下数足。)
  • ホカロン(雨の後に寒くなることもありますので、いちおうバッグに1〜2個常備しておくと
    便利です
  • 防水スプレー、必ずレインウエアーにも防水スプレーをかけて出まする
  • 洗濯バサミ1〜2個入れておき傘の中のタオルを止めとくと便利です

レインウエアーは雨量によって着方を変えます。あまり寒くない時なるべく半袖にします
雨量が多くなったら下も履きます。

比較的下半身はスイングにあまり影響しませんが、上半身はスイング、しづらくなります

タオルは予備含め可能な範囲でたくさん持って行ってください。
特に注意すべきはショットの前に必ずグリップを拭くこと。傘の中のタオルが落ちないよう

洗濯バサミで止めておく。

これからの季節寒いと感じることもあります。動いていて寒く感じるのは身体が冷え
ているからです。ホカロンは必ず常備しましょう

スパイクも大事です。僕は雨の日は水がしみこみにくい雨の日専用スパイクを使っています。

 

無理をしないスイング

 

雨の日はスイングもままならず当然、飛距離も落ちます。雨の抵抗で距離が飛ばなくなるだけでなく
レインウェア等の影響で身体も回しづらくなるからです。

飛ばなくなるからといって無理していつもの距離を出そうとせず、大きいクラブを持って
大振りしないよう、心がけましょう。思わぬハイスコアーが期待できるかも?

クラブはいつもよりも短く持つ事で、フェアウェイの影響を受けにくくなるので、必ず短く持ちましょう。
またフェース面の水滴、ボールについた水しぶきはこまめに拭く様にします。

雨のしずくは、自分で思っている以上に影響を受け易いです。

帽子もレインハット(鍔が全周にある)がベストですが、野球帽子形の場合はパッテイングのときに
首筋に雨のしずくが入ります
帽子の、つばを後ろ向きにすることで相当さが出ますので試して見て下さい

 

 

プレイー中の注意

長時間雨が降ればグリーンやフェアウエーにも影響して来ます
まずティーショットの飛距離が落ちます

力まずに芯でボールを捉えることです

アイアンショットではキャリーのみになるので、距離感に注意します
いずれもクラブを普段より短く持って、芯に当てる事に集中します。

同じ理由でアプローチもランが少なくなります。
グリーン上でも距離感が最も重要になります朝の練習雨の日でも距離感を得るためにしましょう

より粘り強いゴルフが求めら、我慢出来る人が良いスコアで回ることになります。
皆も手こずっています。

月例競技やコンペ等では、みんなスコアが悪くなるのでチャンスとも言えます
忍耐強くゴルフすることが結果が良くなるのが雨の日のゴルフです

 

帰宅後のゴルフ道具の手入れは忘れずに

  • まずは全てのクラブを乾いたタオルで良く拭きます。(グリップは念入りに)
  • 出来れば、家の中にクラブを並べて、乾かしましょう。
  • 特に自分の傘を持ってる人は、傘を広げ乾かしましょう
  • グローブを手の形に広げてから乾かすグッズがあります。出来ればそれで乾かすと、グーです。
  • 靴は新聞紙を中に入れて乾かします。
  • レインウエアーは乾いたら防水スプレーをかけておきましょう。

 

 

 

 

ー スポンサード リンク ー

Return Top