ゴルフ初心者上達案内

ゴルフシューズ選び、どれが良い?

自分にあったゴルフシューズ選び

初心者でもゴルフクラブを選ぶときには細かく気を使うけど、
ゴルフシューズ選びには案外、無頓着な人が多いのではないでしょうか。

ゴルフ初心者の方の中には、スポーツシューズでゴルフをしてはダメなのか?
と感じている人もいるようです。

基本ゴルフシューズはゴルフコースで履き替えるのマナーです。

多くのゴルフ場は安全とコース保護、ドレス・コードの観点から
ソフト・スパイク、もしくは、スパイクレス・タイプのゴルフ・シューズ
着用を義務付けています。

ビジッターの多いゴルフ場でグリーンが病気によって全面貼り変え
を行なったと言った事をききます。

これはスパイクで傷を付けた、だけではなく街で履いてたシューズを
そのままゴルフコースでも使用して、雑菌によることも考えられます。

自分にあったゴルフシューズの選び方

ゴルフシューズによっては、ゴルフの上達を左右します。
クラブに次いで大切なアイテムかも知れません。

自分に正しく合ったゴルフシューズを使うことで、正しいスイングを
身につけることができ、さらにはプレー中の疲れ具合も軽減することができます。

ゴルフシューズによって、下半身(土台)がシッカリして
回転運動がしやすくなります。

ゴルフ・シューズにはゴルフ・スイングをする時に足元が滑らないよう 靴底に
スパイクがついています。

スウィングを安定させるためや、傾斜などを歩く際の安全のためにも、
ゴルフ場でプレーをする時の必需品になります。

ツアープロは今でも メタル・スパイクの使用が許されていますが
アマチュアはグリーン保護の観点からメタル・スパイクの付いた靴を
禁止するゴルフ場が殆どです

ソフト・スパイク もしくは スパイクレス・タイプの物
の着用を義務付けられます。

 

初心者向け・初めてのシューズの選び

ラウンドすると、自分が思う以上にコースでは、長距離を歩くことになります。
それがカートでも、日本の場合フェアウエイサイドがカート道に

なっているケースが多く、特に初心者はクラブを何本か持って横に歩く
事になりこの距離意外と馬鹿になりません。

ボールが右に行き、左に飛び、そんな初心者ゴルファーは、
さらに歩行距離が長くなります。

自分の足に合う靴といっても、普段の靴選びとは少し違います。

 

項目 色々な選択肢
シューズスタイル 革靴タイプ 、スニーカー・タイプ  ストリート・シューズタイプ
軽量モデル、重めタイプ
スパイクタイプ ソフト・スパイク、スパイクレス – どちらも様々なタイプのものが
あり、ソフト・スパイク、鋲の数は 7 – 10 が標準
ソール 硬め、柔らかめ、
総重量 300g 〜700g/片足、革靴タイプは 550 – 600g と 少し重めものが多い
防水性 人工皮革自体の防水性、内部の防水 (透湿) 機能に注目
価格体 5,000 – 30,000 円が標準的 (10,000円前後が お買い得)
ブランド フットジョイ、アディダス、ナイキ、ミズノ、ブリヂストン、
キャロウェイ、テーラーメイド、スリクソン、プーマ、他
その他 カラー、耐久性、天然皮革、特別な機能など

 

初めてシューズを選ぶ際には、以下の事を考慮して合うシューズを
購入するようにしましょう。

  • ソフトスパイク、スパイクレス
  • スニーカータイプ
  • 軽量モデルか 重量モデルか?
  • 性能が高い

 

ゴルフシューズの特徴

ゴルフシューズには大きく分けると2つのタイプに分けられます。
ソフトスパイクとスパイクレスです。

今はコースの芝を傷つけることからソフトスパイクと呼ばれる
樹脂で作られたスパイクが一般的です。

 

ソフトスパイクの特徴

樹脂性のスパイクが取り付けられたシューズになります。
スパイクレスシューズと比べると、グリップ力に優れており
すり減った場合、交換ができます。

ですから経済的ともいえます。

 

主流となっているゴルフシューズ・タイプ

初心者の人でもソフトスパイクを選ぶことをお薦めします。

  • ソフトスパイク
  • スパイクレス

ソフトスパイクはグリップ力に優れているので、特に初心者の方におすすめです。

 

ソフトスパイクとスパイクレス-1

スパイクレスの良さは、普段履きにも使えるデザイン性と
履きやすさです。

しかしグリップ力はソフトスパイクにはかないません。

ブランドやデザインだけを見てゴルフ・シューズを購入している人も
少なくないと思いますが、ゴルフ・シューズ選びで大切なことは 、

安定性とゴルフ・スイングへの影響を考え滑らず安定したスイングが出来ることです。

「フィット感、歩き易さ、疲れ難さ、防水性と通気性と耐久性 」など考慮に入れ
傾斜のある坂を登る必要もありますので、それに耐えられるだけのグリップ力が
備わっていなければなりません。

また、ゴルフは18ホールプレーすると、それなりの距離を
歩くことになりますので疲れにくいことも大切です。

 

スニーカタイプ

スニーカータイプは軽く柔らかいので足を自由に動かしやすいです。
また、通気性が良い分、不快感を感じにくいです。

 

スニーカータイプ

軽量なものが多く、足に負担がかからないように工夫されていますが
必ずしも軽いものが良いとは限りません。

最近は スパイクレスのストリート・シューズ・タイプのものを含め
スニーカー・タイプのシューズの選択肢が増えています。

一般的に スニーカー・タイプのシューズは ソールが柔らかめで 軽く、重量も
400g 片足 クラスの軽量モデルが多くなっています。

また今や靴紐ではなく「留め具の種類: レースアップ」が中心に
なってきてとても便利です。

僕はフットジョイの「留め具の種類: レースアップ」が出始めに
購入しましたが、この細い線が一度も切れたり壊れたことがありません。

ジョーダン・スピースがスニーカータイプの
アンダーアーマー Drive One のゴルフシューズを履いているせいか人気です。

ジョーダン・スピース仕様アンダーアーマーゴルフシューズ

ソフトスパイクタイプかスパイクレスタイプのシューズを
選んでおく方が賢明です。

ゴルフシューズ:リンク

ゴルフ・シューズ
フットジョイ (Foot Joy) シューズ ミズノMIZUNOシューズ 
 アディダス Adidasシューズ  ナイキNIKEシューズ
 プーマ PUMAシューズ  アシックスASICSシューズ
 キャロウェイゴルフ Callaway Golf 
ツアーシューズ
ブリジストBRIDGESTONE
ンシューズ 
アンダーアーマー ゴルフシューズ  ゴルフシューズその他

 

防水性能が高い物を選びたい

ゴルフは多少の雨の日でも行ないます。

雨の時に防水性能に優れないシューズで靴下まで塗らたら、気になって
ゴルフに影響します。不快感はもちろんですが足もフヤケてしまいます。

ですので、防水性能の高さが重要になります。

最近では防水性能に優れたスニーカータイプも増えています。
初心者のみなさん、防水性能の高い物を選択しましょう。

 

試着してフィット感を確認しよう

よく、幅だけで選んでしまってつま先が、履いている内に
少し当ると言った経験ありませんか?

日本人は甲が高いので、甲の高さにも注意しましょう。

少し大き前が良いでしょう。
小さめはどうにもなりませんが大きめは、インソールや靴下で
調整できます。

もちろん両足を履いてチェックしてください。

靴の硬さや確り感も安定性に影響します、確り感のないものは 仮に
フィット感、歩き易さ、疲れ難さと言う観点から優れていても
総合的にはベストだとは言えません。

軽さよりも安定感を考慮に入れて選んでください。
メッシュタイプが涼しいからと、選んで履いたこともありましたが

逆に直射日光が入り込み暑かったりもします。

 

天然皮革の靴と人工皮革

ゴルフもやっぱり “オシャレは足元から!”

ゴルフは、クラブやウエアー、小物も含め、始める前にはかなりの金額がかかって
しまいますが、シュースは長く歩く事を考えると、あまり安いものは
お薦めできません。

私も天然皮革使用のクラッシックタイプを購入し磨きを掛けて履いて
おりました。

やはり高価なものは気分もよく靴の手入れをしているだけで思いを馳せ
履くごとに馴染んできて磨きこまれた靴は良いものです。

 

「天然皮革」の靴は、手入れをするのも、楽しみの一つと考えられる人、また最低
2足は必要です。
天然皮革の靴の良さは、自分の足に馴染んできます。

また重いのですが、その重さがスイング時の安定性に役立ちます。

しかし耐久性にやや難がありゴルフは捻る動作が多いいものですから
ねじれてしまい結局ねじれない、雨に強い蒸れない、ゆるまないものを
最近は、履きわけております。

以前は、ものすごく重かったのですが、その点も改良され
またねじれにも強くなってきました。

 

人工皮革

耐久性と利便性を考えたら上級者は人工皮革です。

レバをー合わすだけで締まり。レバーを引くと、ゆるむ、耐久性もあり
便利なこの機能一度味わったらやめられません。

僕のおススメはフットジョイのゴルフシューズです。

また手入れもあまり必要なく、汚れたら拭くだけで、型崩れ
もほとんどしません。耐久性抜群です。

上級者はスニーカータイプよりも人工皮革の靴です。

ゴルフは足元がスイングの土台になります、ものすごく機能的に
開発されあなたにピッタリのものが見つかると思います。

 

インソールは皆んな入れてますか?

同時にシューズのインソールをほとんどのプロは入れております、今やアマチュアも
自由に選択でき必需心になってきています。特にプロは歩いてプレーするので必要と思われます。

 

インソール(足にあった靴底)も自分に合わせて作れるようになり
益々快適です。僕もなるべく歩いて回れるゴルフ場に行くようにしています。

何より歩くことが健康に一番大切です。

 

ゴルフ・シューズのケアの仕方

人工皮革のゴルフ・シューズは、ゴルフ場で プレーした後は エアーガンで
泥や汚れ、水などを まず取り濡れタオルで 汚れを取って綺麗するだけです。

雨などで濡れた場合はある程度乾燥させて から 木製のシュー・トリーを
入れて保管するのがベストです。

木製のシュー・トリーを入れて ゴルフ・シューズ・ケースなどに入れて
しまえば問題ありません。

時々、靴墨を塗って油分を補給しておくと 長く持ちます。
白いゴルフ・シューズは 時々白い着色性の靴墨で手入れをすると、
しわに入り込んだ汚れが目立たなくなり、スゴク綺麗になります。

木製のシュー・トリーは靴の型崩れを防ぐためだけではなく、湿気と匂いを
吸い取る効果があります。

毎回気持ち良く靴を履くためにも、また靴を長持ちさせるためにも
オススメです。

また、白いゴルフ・シューズの手入れは、白の着色性の靴墨がオススメ です。

シュー・トリー シューズ入れ シュークリーム
フットジョイ Foot Joy シュー・トリー(シューズキーパー) 税込 ¥3,240
Foot Joy シューズケース FJSB152¥2,300
ヴィオラ靴用クリーム 白靴用・着色性 (ビン) 税込 ¥648
(送料別)

 

 

 

ー スポンサード リンク ー

URL :
TRACKBACK URL :

*
*
* (公開されません)

Return Top