ゴルフ初心者上達案内

【冬ゴルフの服装? 防寒対策 は】、冬にゴルフを楽しくする方法

冬は機能性と寒さ対策が一番

ゴルフが楽しくなるとどんなに寒かろうが、ラウンドの回数を
行きたいのが皆んなが経験している事です。

 

またこの寒い時期はゴルフ場も空いていて料金的にも
お手頃価格にしているゴルフ場が多くなります。

 

しかし冬のゴルフを楽しいくするには、動きやすく暖かい事が
もっとも重要です。

 

これができればどんなに寒くても真冬のゴルフも楽しいものです。

 

特にヒップフラスコやスキットル、フラスクボトルに好きなお酒を忍ばせて、軽く一杯やりながのゴルフは、また格別です。
 

スコットランドでは当たり前の光景です。
 

冬の防寒対策

 


 

スポンサーリンク

 

冬のゴルフウエアーはまずインナーから

今やゴルフウエアーが進化し、薄着で動きやすいものが多くでています。

 

まずは機能性の高いインナーを着用することをおすすめします。

 

 

インナー・ウェアはどう選ぶ

インナー・ウェアは 従来から 体温を外に逃がさない役割を持ったものが多かったのですが、最近では ブレスサーモ (ミズノ)やヒートテック (ユニクロ) などで知られている。

 

吸湿発熱繊維と呼ばれる素材で作られたインナー・ウェアもあり、そうした動き易く 防寒機能に優れたインナーを利用すれば、より効果的が高い防寒が出来るます。

 

例えば(ミズノ)MIZUNO ブレスサーモ ヘビーウエイト クルーネックシャツ) 

 
は汗が出る事で体温を発熱させるとしており、実際少し汗ばんでくると暖かくなるのがわかります。

 

吸湿発熱繊維は 水分が繊維表面の水酸基などに吸着された時に発熱する効果を利用したものです。

 

ただし無限に発熱を続ける訳ではありません。
繊維の吸湿が飽和状態になると それ以上は発熱しなくなります。

 

もし乾くのが遅いと 外気温の影響で 汗冷えを起こすこともありますのでゴルフのように 汗をかくこともある場合は 水分を吸収するだけでなく発散させる機能も重要になります。

 

ユニクロの ヒートテックも「タウン仕様で」は良いのですが・・・
また肌触りも良いのですが、発汗量が多い時は 発散機能が不十分なため乾き難いと言う面があります。

 

その点スポーツ専用は発熱するインナーウェアは発散機能にも優れた力を発揮し発熱する上に伸縮性も良く動きやすさもデザインされ、少し高めになりますが、ゴルフにはやはりブレスサーモ バイオギア、スポーツ用がおすすめになります。

 

4b2b4553edcf04b15db5ab8d785acbe6.jpg

(ミズノ) MIZUNO ブレスサーモエブリVネック長袖シャツ

 
動きやすさや重ね着を考えると、肌に直接つける防寒下着
(インナーは)半袖をお勧めします。

 

そしてインナーは「パンツタイプも」ありロングパンツタイプと合わせて
使用するとそれだけでも十分にあったかいです。

 

おすすめ記事 ゴルフ冬の防寒対策でスコア アップ
 

 

アウター・ウエアーも機能性を重視して決める

今やタートルネックでもスポーツメイカーから暖温効果の高いしかも伸縮性も良く動きやすさも良いウエアーが出ておりこの上に薄手のダウンがを着れば風も通さず、軽くて動きも軽快に動くことができます。

 

ノースフェースや今やユニクロでも薄手のダウンでしたら問題ないと思います。

 

[ザ・ノース・フェイス] ライトヒートジャケット
Light Heat Jacket メンズ

 

 

僕のお勧めは・・・?
薄手のダウンを選ぶ場合、フード付きがダウンがお勧めです。

 

寒いときは首回りを暖かくするだけで体全体が暖かくなることが実験で実証されています。また風や雨などでもフードつきは力を発揮します。

 

中綿オーバーパンツ

真冬や風のある日は、中綿オーバーパンツを着用せれば
寒さを感じることはありません。快適にゴルフが楽しめるでしょう。

 

ルコックのゴルフウエアー(オールオンウェザーヒートナビ)光を熱に変えるヒートナビは説明によると積極保温素材ヒートナビによって光のほぼすべての波長領域を余すことなく吸収し、熱を作り出すということです。届いたすべての光を熱に変える。すごいことです。!!

 

ルコック中綿パンツ

ルコック ゴルフ中綿パンツその他

 

 

 

その他防寒対策のための小物

 

 

 
ヒップフラスコやスキットル、フラスクボトル、これには旅行時など
いろいろ重宝しています。スコットランドのような寒い冬にはウィスキーを飲みながらのゴルフ楽しいものです。

DropShadow ~ スクリーンショット 2015 11 28 16 46 25

 

 

帽子

冬の帽子はキャップとニットキャップを着用するのがおすすめです。
キャップの「ツバにマーカー」をつけることができ、また日除けにもなります。
暑くなればニット帽を脱ぐこともでき便利です。

 

ネックウォーマー

首元の防寒は体全体を暖かくするのでネックウォーマーの着用をおすすめします。
暖かいですし機能的にも問題ありません。また風で寒いときは顎上までカバーができます。またスイングの妨げとなることはないでしょう。

 

 

手袋

寒いと手の感覚がなくなりやすいので中綿いり手袋でゴルフ手袋の上からする大きな手袋を用意すると良いと思います。

カイロが入る手袋
指先が使える! カイロが入る手袋(ミトン) ホットミット アクティバ(Hot Mit Aktiva)
ナイロ…

スクリーンショット 2015 02 17 15 07 20

ホットミットアクティバをチェックする

手袋の脱ぎハギが面倒な人はズボンのポケットにカイロを入れていつも手を温めると良いでしょう。貼り付けるタイプと貼らないタイプ両方あると使い勝手が良いでしょう。
 

 

カイロ

ゴルフ場によってはチェックインの際にカイロをサービスでくれるところもありますので利用すると良いでしょう。

 

最も手軽で コスト・ミニマムな防寒用品が使い捨てカイロ です。ポケットに入れて使用するもの、貼り付けて使うもの、足に入れるものなどがあります。

 

僕のお勧め使い方は・・・?
貼り付けるタイプを、インナー下着の上から腰の部分に背骨のを中心に両方に一枚づつ貼り付けています。

 

温まってくると筋肉が柔らかくなり春から夏にかけてのスイングに近いフィーリングがあじわえます。
 

 

冬のゴルフの注意事項

まず朝早めにゴルフ場にいき、十分なストレッチをロッカールームなどで
することが大切です。

 

筋肉のストレッチが足りない状態では 筋肉が硬く、体を動かし難くなって
ご自分のパフォーマンスが出せなくなりやすく、ケガもし易くなります。

 

寒い時には 熱の発生量を増加させ同時に 熱の消失量を減少させるように十分な準備運動と保温を心がけましょう。

 

ものすごく寒い朝は、お酒を飲める人は、ヒップフラスコやスキットル、フラスクボトル、の入れて、熱燗やブランディーやウイスキーを一杯飲むと体のキレが良くなります。

 

軽く飲んでプレーするのも体が温まり、うまく行くときがあります。

 

ゴルフは待ち時間も多いスポーツですので、防寒対策は重要なポイントとなります。

 

完全防備で冬のゴルフを楽しみましょう。

 

 

ー スポンサード リンク ー

    ー 商品 リンク ー  
ゴルフ場 予約 検索
★ 超!直前割  ★ 格安 (HOT PRICE)
★ 得割り (来月用) ★ 早割り (その先用)
   

*
*
* (公開されません)

Return Top