ゴルフ初心者上達案内

ー スポンサード リンク ー

ゴルフ 林からのショット 注意するべきポイント

ゴルフ 林からのショット 注意するべきポイント

はじめに 両サイド林のコースで、特に僕の場合林に入れるケースがおおかった。   ボールが林に入った場合、多くの制限がかかるケースが多くなる。 まずスウィングが普通にできるかどうか?   出来るとした場合、その地点からグリーン方向が狙えるかどうか? また木の下を通した場合フェアウエイバンカーがジャマしてないか...

ドライバーで250ヤード以上飛ばす方法「飛距離アップのコツとテクニック」

ドライバーで250ヤード以上飛ばす方法「飛距離アップのコツとテクニック」

ドライバーで250ヤード以上飛ばすには幾つか考えなければならないことがあります。   ゴルフクラブの中で1番飛ぶのがドライバーです。 また、ティーアップしていますので、重いっきり振ることが可能なクラブでもあります。   少しでも飛ばしたと考えるゴルファーは多く・・・誰しも同じです。しかし飛ばすには幾つかのコ...

ゴルフ 風の強い日の対策とクラブでの距離間

ゴルフ 風の強い日の対策とクラブでの距離間

ゴルフコースの風対策 ゴルフは自然の中で行われますので、風や雨が当然のつきものです。 まず、ゴルフをプレーする日が決まったら、その日の天候を 数日前から確認しましょう。   どんな天候であろうとも、最善のスコアを出すためのポイントは 準備と対応能力に尽きます。   風の対処法がわからないとスコアも風まかせに...

【ゴルフ 正しいテークバックのやり方】やってはいけない動作とは?

【ゴルフ 正しいテークバックのやり方】やってはいけない動作とは?

テークバックで犯しやすいミスとは? 僕も長い間、犯していたミスは、テークバック時にやっては いけない動作があったことです。   それはクラブをインサイドに引いてしまうミスです。   この結果、ドライバーが安定しない原因はスウィングプレーに 乗らずにドライバーでボールがバラつく原因になっていました。 &nbs...

ダウンスイングでクラブを倒す方法 ドライバーでの飛距離アップ

ダウンスイングでクラブを倒す方法 ドライバーでの飛距離アップ

中級者以上になったら試したい飛距離アップ クラブを後ろに、倒すことでダウンスイング時ゴルファーに大きな メリットをもたらします。   たとえばトップオブスイングのポジションからまっすぐ 振り下ろすよりも助走距離が長くとれるのでクラブを 加速しやすい事がひとつです。   そしてクラブにパッシブトルクが働き、倒...

ショートゲームの練習こそ、スコアを5つ縮める方法

ショートゲームの練習こそ、スコアを5つ縮める方法

進歩は一気にやってくる スコア95でラウンドしている人は、レッスンを受け練習しながらも ゆっくりと94そして93,92,91,90,とスコアを良くしていく わけではありません。   87で回っている人も徐々に84と減っていくわけではありません。   95で回っている人が、突然90になるのです。 スコア87は...

冬のアプローチを失敗しない方法は?クラブをシャローに振ること

冬のアプローチを失敗しない方法は?クラブをシャローに振ること

冬のアプローチの基本 冬に限らずアプローチショットの基本はクラブヘッドの 入射角を、Vに入れるのではなく、なるべく大きな円を 描くようにシャローに入れることです。   以前はスピンを入れて2バンド目にキュと止めるように 入射角がVに近い角度に入れていた。   しかし最近はキレイなフェアウェイから打つ場合も ...

ゴルフ ドライバーで飛距離を出すには、両足裏の体重のかけ方が重要?

ゴルフ ドライバーで飛距離を出すには、両足裏の体重のかけ方が重要?

ドライバーで飛距離を出すには両足裏に どのように体重が乗っているかだ? 多くの人が望んでいることに「ドライバーで飛ばしたい」と 言うことだ。   それには・・・? ドライバーの芯でヒットする事? 体の体幹を強くする事? 軸がブレないようにスウィングする事? 土台である足を鍛える事? 体の(柔らかさストレッチ)が必要と...

ゴルフ 体に優しいスウィングプレーに乗った本当のスウィングの仕方

ゴルフ 体に優しいスウィングプレーに乗った本当のスウィングの仕方

テークバックについて ゴルフスウィングで多くのゴルファーが勘違いしている のがテークバックやスウィングの仕方です。   僕も最近やっと確信に迫った感じの、スウィング法を ユーチューブで発見したので紹介いたします。   良く「グリップは柔らかく握るように」といわれます。 そのことが原因で「手首も柔らかく」して...

ゴルフ飛ばしに必要な手首のスナップ打法

ゴルフ飛ばしに必要な手首のスナップ打法

飛ばしに必要なスナップ打法 手打ちはイケないとよく言われるが・・・ 体格や筋力が弱いアマチュアにとって、やはり飛距離は ほしい。   アマチュアが1ヤードでも余計に飛ばそうと思ったら 手の力は絶対必要だ。   桑田泉プロは、クウォーター理論、動画レッスンでも 手でクラブを振れと言っている。   し...

Return Top