ゴルフ初心者上達案内

ー スポンサード リンク ー

ゴルフ グリップ交換の弊害 グリップ知っておくべき知識

ゴルフ グリップ交換の弊害 グリップ知っておくべき知識

ゴルフ グリップ   ハンディキャップ5以下(片手シングル)と言われている人たちの多くが、こだわっているクラブグリップですが、グリップによって一体何が変わるのでしょう。   始めは購入時に付いていたグリップを使用していますが、グリップにも様々な種類(素材)や重さ太さがあります。   購入時のグリッ...

僕のウェッジへのこだわり ウェッジ選びでチェックすべきポイント

僕のウェッジへのこだわり ウェッジ選びでチェックすべきポイント

ウェッジてどうゆうものなのか? VOKEY SELECTION GUIDE 僕が考えるウェッジとは? おもに100ヤード以内でのショットに使うものと考えています。   グリーン周りからのアプローチショットやバンカーショットで使用します。   最近は、多くのアイアンが5番〜PW(ピッチングウェッジ)までの 6...

もっとスコアを縮めるためには?

もっとスコアを縮めるためには?

スコアを縮めたいと思う人   スコアを縮めたいというのは誰しも思っていることだろう。   練習場でたくさんボールを打って、真面目にショットの練習を しているのに、なぜスコアが縮まらないのでしょう。   100を切りたい人と・・・ シングルになりたい人・・・ シングルの人が片手シングルになりたい人・...

300ヤードは可能です! 2次加速理論で飛距離を伸ばす

300ヤードは可能です! 2次加速理論で飛距離を伸ばす

飛ばしに体力はいらない 300ヤードは可能です! 2次加速理論で飛距離を伸ばす。   300ヤードは可能です。この本を読破しました。   筆者のドラコンプロ は、弥永貴尚 は・・・身長176cm 体重76kgだそうです。 300ヤードは・・・さすがに無理と思いながらも読む気になったのは、身長、体重、僕の体型...

ゴルフクラブの所持本数が、最大14本に決まったいきさつは?

ゴルフクラブの所持本数が、最大14本に決まったいきさつは?

クラブは14本までと決まった本数のルールとその由来とは? ゴルフのルールでは、ラウンドで使用できるクラブの本数の 上限は14本と決められています。   もちろんそれ以下なら、何本でもOKですが、使用しなくても 15本持って競技に出ると失格になります。   では、そもそもなんで上限14本という決まりになったの...

ゴルフ フェースコントロール

ゴルフ フェースコントロール

ゴルフ フェースコントロールとは? ボールをどう打ち出すかに大きく関係するのが、フェースコントロールです。 フェースとは、クラブヘッドのボールを打つ面のことです。 フェースをコントロールするには、理にかなった ゴルフ スイングを身に付けることですが・・・ クラブヘッドの動きは 体の回転、腕の振り方、手首の使い方、もちろんグリッ...

ゴルフ スコアを一気に5打縮める方法

ゴルフ スコアを一気に5打縮める方法

スコアアップは突然やってくる アベレージゴルファーの場合、ワン ストロークずつ徐々に 上達はしません。 進歩は一気にやってきます。     95で回っている人は、練習してだんだんと 94, 93, 92, 91, 90と スコアが改善されるわけではなく・・・   またスコア85の人も同様です。 &...

ゴルフパター上達 7つの基礎練習

ゴルフパター上達 7つの基礎練習

パター技術の基礎を身につけよう 初心者は、アプローチの方が全然難しいと考える人が多い しかし経験を積むに従って、徐々にパターの難しさがわかってきます。   いつも、もう少しのところで外してしまう。 練習しているときはうまくいくのに、コースに出ると なぜかうまくいかないのはなぜ?   プロでさえパターを悩み崩...

ゴルフ 2段グリーンでのパットの距離間

ゴルフ 2段グリーンでのパットの距離間

二段グリーンの段差部分がボールに及ぼす影響 二段グリーンの場合、練習グリーンで二段グリーンがある場合は そこで練習して、それを基準にパットの強さ加減を差し引き し、ほとんど、ヤマ感に近いと言えます。 二段グリーンの上段から距離があるカップの場合は思い切り 打つことが出来ますが、カップが1m前後に切られている場合は 距離を合わせ...

【ゴルフ グリーンのスピードの計測方法スティンプメーター (Stimpmeter)】 グリーンのコンディション 距離間 

【ゴルフ グリーンのスピードの計測方法スティンプメーター (Stimpmeter)】 グリーンのコンディション 距離間 

グリーンのコンディション 硬さと距離 上級者になるとまずウォーミングアップを終えてコースで 最初に行くのは練習グリーンです。 グリーンの状態を見て 少し パットの練習をしながら グリーンのスピードは ? 芝目は ? そして グリーンの硬さは? そんな グリーンの コンディションを ラウンド前に しっかり チェックしパットのタッ...

Return Top