ゴルフ初心者上達案内

アドレス時のグリップ(両手)の正しい位置とは? 位置によっての違いとは?

アドレスの正しいグリップ位置とは?

ゴルフショットは、90%正しいセットアップで決まると言っても間違いではありません。

アドレスでのチェックポイントと言うと、前傾角度やグリップの握り方、膝、肩、腰のライン、などが思い浮かびます・・・意外と大事なのがグリップの位置

ゴルフのスイングで、アドレス時の手の位置は、テイクバックからフォロースルーまでスイングの全てに関わる重要なポイントになります。

正しい位置に手を置くように意識する事で綺麗なアドレスの形になり、結果的にナイスショットが出る確率がかなり高くなります。

正しいグリップ位置とは?・・・またグリップ位置によって違いが、あるのでしょうか?

スポンサーリンク

 

アドレス時の正しいグリップ位置と距離(右手・左手)

アドレス時の基本・・・正しい手の位置は、左手が左足太ももの内側の前に来るように構えるのが一つの目安になります。(右利きの場合)

これは全てのクラブに共通することです。クラブによってボールの位置の変化は起きますが、原則として手元の位置は変化しません。

その左手の位置で右手を添えると、右手は、ちょうど股間の中央もしくは、ズボンのジッパ近くになります。

重要なポイントですが・・・正しいグリップ位置にするためには、まず、両手の位置を左足太もも内側の前に持ってゆき、その後でグリップを握るという、順番が大事になってきます。

ボール位置と、正しいグリップ位置になるようにルーティーンを決めて行います。

 

スクリーンショット 2019 08 20 15 04 09

グリップ位置の前後の関係は多くのプロは、あごの下に来るように構えています。

 

あごの下に右手が来るように

これは、体とグリップがどのくらい離すのが良いのか?といったことになります。

  • 両手が体に近すぎる
  • 両手が体から離れ過ぎている

 

このような、状態では思うようなショットが打てなくなります。

では、どの程度離れたらいいのか・・・?

グリップエンドから、体と両手の間隔は、グリップエンドと腹部の間に握りこぶし2~3個入るくらいが目安とされています。

もう一つの基準として、あごの下に右手が来るようにしてみる方法です。これらをチェックします。

また、ハンドアップやハンドダウンなどグリップの上下の高さも関係します。このグリップの位置が変わるとスイングも変わってしまってミスショットの原因となります。

国内外のトッププロのアドレス時の両手の位置を調べてみると、殆どのプロが、アゴの下に右手が来るような形で構えています。

グリップ位置によっての違いとは?

 

  • 例えば、グリップの位置が、右により過ぎると(右利きの場合)スイングがアウトサイドインになって、引っ掛けやスライスになりやすくなります。
  •  

  • 逆にグリップの位置が、左により過ぎると(右利きの場合)スイングがインサイドアウトになってプッシュアウトやフックが出やすくなります。

 
引っ掛けやスライスで悩んでいる人は・・・グリップの位置を少し左に、また、プッシュアウトやフックで悩んでいる人は・・・グリップの位置を少し右にしてみると直るかもしれません。

色々なグリップ位置で試してみて・・・自分のベストなグリップ位置を確認して毎回、同じようなグリッピ位置ができるようにチェックすることが大切です。

フェードを打とうとした時、逆にフックしてしまったり、ドローを打とうとしてスライスしてしまう「逆球」もグリップの位置が原因なのかもしれません。

あなたは、ご自分のグリップ位置をしっかり決めて、確認していますか?

ドライバーが一定しない原因は・・・グリップ位置かもしれません。一度チェックしてみてはいかがでしょう?。

 

 

ー スポンサード リンク ー

この記事を読んだなら、以下記事もおすすめ!

*
*
* (公開されません)

Return Top