ゴルフ初心者上達案内

ゴルフ道具の基礎知識 選び方は道具を知ること

ゴルフ道具の基礎知識 初めてのゴルフ道具選び

ゴルフ道具選びも、後々は楽しみの一つです

当初は先輩やレッスンプロに選んでもらうのが良いかと思います。何れにしても少し慣れてきて上手になってきたら買い換えることになると思いますので、あまり癖がなく、優しいクラブをお薦めします。


photo credit 渋野日向子プロクラブセッティング画像

あまり軽いクラブはオススメ出来ません。では道具について少し知っていきましょう。

スポンサーリンク

 

自分にあうクラブとは?

自分に合うクラブって 一体 どう言うことで判断するのでしょう。まずは 打ち易いと感じることでしょうか、ではなぜ打ち易いとか 打ち難いと言うことが 見た目が殆んど同じクラブで起きるのでしょう。

それらを理解するのに必要なのがゴルフ道具、用具の知識です。その知識があれば このクラブの方が自分に合っているなど・・・

また、自分にとっては よく飛ぶクラブか、曲がり難い、スライスしない、球が上がる 上がらないなど、またミスをカバーしてくれる と言ったことも理解できるようになります。

 

 自分に合ったクラブがある

僕自身がゴルフを始めた頃は・・・今のように種類も、クラブを自分に合わせることができなかった。

はじめは、義理の兄から頂いたハーフセットで練習しコース経験もしていたが、実は、個々の ゴルフ スイングには それぞれの個性があり 使い易いと感じるクラブは 人によって異なります。

それぞれのスイングの個性に合うクラブや合わないクラブは当然あります。

自分のスイングの欠点を ある程度補ってくれるクラブを選ぶことも出来ます。しかし、そうした判断をするには・・・ある程度練習をして体の柔軟性や運動能力自分のミスの傾向を知る必要があります。

その上で ゴルフクラブに係わる知識が不可欠になります。クラブを新調しようと考えている人は 是非 この機会に そんな関連知識を学んで欲しいです。

クラブは「最大14本」まで使用可目的や好みでセットを組んでいく

ゴルフではルールでクラブの本数を「14本」まで使えることになっています。

ゴルフは狙った距離を打ってボールを穴(カップ、もしくはホール)と呼ばれる。に入れるゲームですので、14本のクラブはすべて飛距離が異なっています。

ボールを打つための ゴルフクラブは 正式な競技では14本とルールで決められておりますが、当初は練習用として6本セットでも、ありと思います。

海外ではセルフプレーが中心ですので、自分で担いで回る場合、軽いほうが良いということでアイアンは奇数やグースなどにして少ない本数のクラブ (例えば、8 本ー10本程度) で プレーをするゴルファーは多くいます。

クラブの種類には

写真のようにフルセットは14本になります。

(1) ドライバー
(2) フェアウェイウッド
(3) ユーティリティー
(4) アイアン、

(5) ウェッジ
(6) パター

競技者 (ゴルファー) は それらを 必要に応じて使い分けてプレーをすることになります。

最近は中古クラブも多く出ておりフルセットで揃える人が多くなっております。

ゴルフクラブは・・・?
基本的にはウッド、アイアン、パター、 など3つのタイプのクラブに分類されてきましたが、最近はアイアンとウッドの中間的なクラブで、新種のクラブとも言えるユーティリティー(ハイブリットクラブ)も多く使われるようになっています。

ロング・アイアンを 使わずに ユーティリティやフェアウェイウッドを使う人が増えていますが、最近では 例えば 5番、6番アイアンのような ミドル・アイアンさえバッグに入れないで 、その代わりに ユーティリティやフェアウェイウッドを入れている人も多くなりました。

全てのクラブの中で ドライバー (1番ウッド) が一番遠くにボールを飛ばせる
クラブですが シャフトが長く コントロールの最も難しいクラブとされています。

次にスプーン( 3番ウッド)などのフェアウェイウッド  があり、アイアンとウッドの中間的なデザインの ユーティリティ (ハイブリッドとも呼ばれる) クラブも良く使われます。

アイアン は、3番から 9番と ピッチング・ウェッジまでの 8本セットとして売られているものが一般的でしたが、最近はロング・アイアンがない6本セットが多くなって来ています。

それは 番手の高いフェアウェイウッドやユーティリティが普及して来て3番、4番アイアンなど難しいクラブを セットに入れない人が増えたためです。

また、サンド・ウェッジ は クラブフェースの傾き (ロフトと言う)が 最もある クラブで (56°前後) ボールを高く上げたい時に使ったり バンカーで使うクラブで、いわゆる、ショートゲームには 欠かせないクラブです。

【ゴルフ クラブの選び方】自分が求めるゴルファー像によって変わる

 

ゴルフボール

ゴルフは小さな止まっているボールを クラブで打ってプレーするゲームです。そのボールは 直径が 約 43ミリと決められており 卓球のボールと同程度のものです。

しかし、硬いゴムのような樹脂で作られて多重構想になっていていますから 重さも約45g と 比較的 重く、かなり硬いものです。

歴史的には様々な素材で作られてきましたが、近年は各種樹脂の多層構造のものがほとんどで 公式球の大きさ、重さ、反発係数などは ルールで その基準が定められています。

ボールは数多く発売されており硬さや飛距離性能、曲がりやすさ、止まりやすさ等種類も多く色々な特徴があります。

ゴルフの楽しさはなんといっても飛ばすことが、楽しかったりするので、色々な考え方がありますが、やはり飛んだほうが楽しいです(^^)。。。

若い人は飛距離重視よりも選んだパターとの相性で選んだほうが良いかもしれません

パターとの相性とは?

ゴルフ場のグリーンの芝の上である程度の力で、何回か打って見て、打った時の
感触、硬さで好きか嫌いか決め、大切なことは狙った距離を自分のイメージした
力加減で打ってカップにいつも近く行くボールがベストです。

もちろん選んだパターによってボールの転がりと手に感じる硬さ、加減が違います。

ゴルフは打数が少なくカップに入れた人が勝つゲームですので、打った時の距離感を重視するのがベストだと思います。

当初は林に入れたり、池に入れたりボールがなくなってしまうことは日常茶飯事のこと ですので初心者の場合は 1ラウンドで数個のボールをなくすのが むしろ 普通です

ボールの価格は約 1個100〜600円です。ダース単位で販売されることが多いです。(ゴルフを 始めたばかりの時は 上手な人の使い古し的なボールや 1ダース 1500円程度のボールで プレーすれば 費用は節約出来ます。)

その他

プレーをする時は、通常、左手に グリップが 滑らないようグローブを着用します。シューズの底に 滑りを防止するために (ソフト) スパイクが付いたゴルフ・シューズを着用するのが 一般的です。

ゴルフ場で プレーをするには そうしたゴルフ用具も 一通り揃える必要があります。

各ホールの最初に打つショットのことを ティー・ショット と呼びます。

ティー・ショットに限り、ページ上の写真のようにティーペグ の上にボールを乗せて (それを ティーアップすると言ます) ボールを打つことが 許されます。

その他にも、必要となる小道具 (アクセサリー) には グリーン上で使う、ボール・マーカー、グリーン・フォークなども必要です。

最近はこのような小物も綺麗で可愛いものが多く女性にとっても購入する楽しみがまた一つ増えて夢が膨らみます。

もちろん紫外線予防としてサンプロテクター、サングラスや、タオルはもちろん
コースナビや距離計もデジタル化され初めてのコースでは必要になってきます

特にキャディーさんがいないセルフプレーや海外でのゴルフではあると便利です。

ちなみに最初に僕が購入したクラブは・・・?

ピンのアインとパターを選びました。形はヘッドが大きく、変な形などと言われましたが、決め手になったのは、アメリカの大学生が多く使っていることと、ライ角が自分の身長に合わせることができたことです。

今やドライバーも良いものが多く、パターにしても女子プロの多くが使用していることもあり、選択肢の一つだと思います。

ピンのクラブは初心者の方にも、お勧めな理由がここにあります。詳しい知識を必要とせずに、自分にぴったりなクラブを選べる。カスタマフィットができること、これって他のメーカーにはまず無いサービスですよね。

ゴルフクラブセット

 

ー スポンサード リンク ー

この記事を読んだなら、以下記事もおすすめ!

URL :
TRACKBACK URL :

*
*
* (公開されません)

Return Top