ゴルフ初心者上達案内

ゴルフ パターの選び方 機能を知ろう

初めに

ゴルフクラブの中で一番多く使用し、パターが入るか入らないかでその日のスコアが決まると言っても過言ではない。

 

初心者にとって、誰かにススメられて気にせず使っていることが多いと思う。

 

ゴルフショップに行くと色々な種類のパターが置いてあって、何が違うのかわからない初めは打った感触や流行で適当に選んでいるのが実情だと思う。

 

これからゴルフをはじめると言う方であれば、僕はピン型のパターがおすすめです。ピン型はバランスの取れたパターで、どんな打ち方にもある程度柔軟に対応してくれるためです。

スポンサーリンク

 

まずはパタの機能を知ること

パターを選ぶにあたって絶対に見落とせないチェックポイントが幾つかあります。そんなパター選びでいくつかのポイントや機能を知ろう。

 

最初にパターはラウンド中の1/3以上のストロークで使います、使用頻度の多いクラブであることを知っておこう。それだけに自分にあったパターを選ぶことでスコアが劇的に変わります。

 

パター選びで機能と新技術を考えてみます。

 

パター機能の重要性

最初のポイントは・・・?
アライメント・・・ターゲットに対してフェース面を合わせやすいデザインであること合わせやすいかどうかは、主観的なもので人それぞれです。

 

フェースバランス・・・パターを振ったときの安定性と操作性、フェースターンがし易い方が良いのか、し難い物が良いのか、これも個人差があります。

 

ボールを打った時の感触とボールの転がり
これらの事に着目して総合的に判断して、どのパターが自分にベストかを決めることになります。

 

アライメントの観点からは・・・?

アライメントの観点からは、マレットタイプのパターが有利になります。

 

スクリーンショット 2019 02 25 12 41 16

操作性や打感の観点でピンタイプを選ぶ人は多い、ですが同じピンタイプでもヘッド素材やネック位置や形状などが違っています。

ピンタイプパター

「L字マレット」は、両者のメリットとデメリットを併せ持ちアイアンと同じ感覚で打てると言い人気がある。

スクリーンショット 2019 02 25 13 24 48

 

パッティングは方向性と距離の精度の両方が大切ですが、どちらかが犠牲になり易すく、方向性重視なターゲットに合わせやすく(アライメント)フェースバランスが重要になります。

 

距離とコントロール重視ならスウィートエリアの大きさやフェーステクノロジーに注目すべきです。

 

パターの機能違い

パターの機能違いを見てみよう。

そのためには・・・?

  • パターの形
  • ネックの形状
  • シャフト位置や付け方
  • フェースの材質

 

など色々な機能を知らなくては選ぶことはできません。

 

パターの形状

まず最初に、パターの形を見ていきたいと思います。

 

初めにパターの形ですが、大きく分けると4つのタイプがあります。

①L字 形ブレード タイプ
ピン形 タイプ
マレット タイプ
ネオ マレット タイプ

 

スクリーンショット 2019 02 25 14 33 59 1

パターには様々なスタイルのものがありますが、 ヘッドの形状によって 大きく4つのタイプに分けらます。

 

L字形 ブレード タイプ

L字パターブレードタイプから進化して、L字マレットタイプまであります。

 

スクリーンショット 2019 02 27 17 36 14

 

L字タイプは、当初ジャック・ニクラウスやアーノルド・パーマー、グレックノーマン、パットの名手ベン・クレンショー、日本ではジャンボ尾崎プロもL字型を好み、「L字型はショットと同じような感覚でラインを出せる」と語っています。

 

そのため、フィーリングを重視したい人には向いているかも知れません。

 

L字型はフェースの開閉がしやすいため、ドライバーやアイアンでドローボールを打つ人とは相性がいいと言われています。

 

ただ、L字パターは重心距離が長く、フェースがストローク中に開きやすいという欠点もあり、多くの場合、特に初心者の方にとっては扱うのが難しいパターだと思います。

 

L字ブレードタイプは、フェースの芯が狭く芯でヒットした時と芯を外したときでは、ボールの距離が大きく、難しいパターになります。

スクリーンショット 2019 02 25 15 05 50

そこでL字形マレットタイプに進化してきました。アイアンでドローボール打つような人で芯をできるだけ広げターゲットに合わせやすくし、芯を外した時の飛距離の差を少なくしたのが、L字マレットタイプです。

 

スクリーンショット 2019 02 25 13 12 52

このような観点から、L字型がおすすめな人は・・・?

  • フィーリングを重視したい上級者
  • ドローボールを持ち球にしている人
  • フェースの開閉を使ってパットを打つ人

向けになります。

 

ピン形 タイプ

スクリーンショット 2019 02 25 14 12 58

 

ピン型の利点は、操作性がよく、構えやすい点です、またピン型はどんな打ち方にもある程度柔軟に対応してくれバランスの取れたパターで人気が高いです。

 

ヘッドは縦型の長方形です、もっともオーソドックスなタイプで、PGAツアーでは依然高い人気を誇っています。 またスイートエリア(芯)が広いが特徴です。

 

このような観点から、ピン型がおすすめな人は・・・?

  • パターに操作性を求める人
  • フェース面を感じながらストロークしたい人
  • フィーリングを重視する人
  • バランスの取れたパターが欲しい人

向けになります。

 

マレット型タイプ

スクリーンショット 2019 02 25 13 11 22

このタイプのパターの特徴は重心位置がパターの後方にあること。これによって重心深度が深くなります。

 

半円型や箱形のヘッド形状になり重心深度が深くなります。ヘッドをまっすぐに動かしてストロークするイメージのゴルファーにマッチします。またヘッドの重さで距離を出すことができます。

 

重心深度が深くなるとどうなるかというと・・・
パターが左右にぶれず、直線的なイメージでストロークしやすくなります。(ストロークが安定しやすくなります)

 

肩でストロークするようなタイプの方や、ヘッドをより直線的に動かしたい方には向いています。

 

ただし、フェースの開閉を使ってストロークをするような人は、マレット型よりも、ピン型やL字型の方が向いています。

 

このような観点から、マレット型がおすすめな人は・・・?

  • ヘッドをより直線的に動かしたい人
  • フェースの開閉はあまり使わないでパットを打つ人
  • ストローク、またはヘッドの軌道を安定させたい人

向けになります。

 

ネオ マレット タイプ

スクリーンショット 2019 02 25 12 24 56 3

 

マレットタイプよりも大きく、個性的なヘッド形状が特徴です。

 

ヘッドがブレづらく、ミスに寛容なのが長所です。
ネオマレット型の利点はマレット型と一緒で、重心深度が深く、より直線的なイメージでストロークしやすい点、ヘッドが左右にブレにくい点です。

 

大きなヘッドを生かしてラインを長くすることで、ターゲットに合わせやすくなります。

 

ですが・・・これは大型ヘッド全般に言えることですが、ヘッドが大きくなることでミスには強くなるのですが、操作性が落ちる事になります。

 

繊細なタッチを出しにくいという欠点にもなります。

 

このような観点から、ネオマレット型がおすすめな人は・・・?

  • パター任せでパットを打ってゆきたい人
  • より直線的なイメージでストロークしたい人
  • ミスに強いパターを求めている人

向けになります。

 

パターのネックの形状の機能の違い

ネック形状には、代表的な形状が下記の4つになります。

 

人気があるのは、①クランクネックと②ベントネックになります。

①クランクネック (フルシャフトオフセット)
②ショートネック (ハーフシャフトオフセット)
③ベントネック (ハーフシャフトオフセット)
④センターネック (オフセットなし)

 

スクリーンショット 2019 02 25 16 20 12

 

同じピン型タイプのヘッド形状でもパターのネック位置や形状によって機能が変わります。

 

ピンアンサータイプは「クランクネック(フルシャフトオフセット)」です。

パター選びは、シャフトとフェース位置で機能が変わる。

 

 

クランクネック (フルシャフトオフセット)

クランクネック(フルシャフトオフセット)は、下の図のようにオフセットが大きいタイプが多いのですオフセットがあると、インパクトでフェースがボールに当たるタイミングが遅れます。

 

スクリーンショット 2019 02 26 16 25 34

オフセットのないパターよりも、フェースを返してゆくための時間ができるわけですが、そうすることでボールをつかまえやすくなり、押し出し(プッシュ)のミスを抑える効果があります。

 

その分ボール位置も体のセンターよりになります。

 

スクリーンショット 2019 02 23 17 57 50 1

クランクネックは色々な意味でバランスの取れたネック形状で、どのようなパッティングストロークにも対応してくれますので、迷った時はこのクランクネックがおすすめです。

 

ショートネック (ハーフシャフトオフセット)

ショートネックは、クランクネックに比べて、重心距離が長いものが多く、フェースの開閉を使ってストロークする人と相性がいいです。

 

スクリーンショット 2019 02 27 13 20 20

 

重心距離が長いため、ショットのような感覚でパットできるのでフェースの開閉を使ってストロークする人には利点になると思います。

 

このショートネックの場合もオフセット、もしくはハーフオフセットのモデルが多いですが、オフセットをつけることで、フェースが開きやすいという欠点を補っています。

ベントネック (ハーフシャフトオフセット)

ベントとは、曲がった、湾曲したという意味があります、ベントネンクは写真のようにネック部分が湾曲してヘッドに入っているのが特徴です。

 

スクリーンショット 2019 02 25 12 24 56 4

 

ベントネックはヘッドにネックがなく、ヘッドのヒール側にシャフトが曲がって入っているモデルの事で、重心距離がほとんどなく、シャフト延長線上にパターの芯があります。

 

全く同じパターでも曲げ方や、少し入り方がズレただけで、アドレス時の据わりの悪さが出ます。

 

ベントネックシャフト型は、取り付け次第で良いパターと悪いパターに別れます。購入時にはよく注意することが大切です。

 

クランクネックと同じフルオフセットが多いので右の押し出しのミスにも強いです。できるだけオートマチックにパットしたい人に向いています。

 

センターネック (オフセットなし)

センターネックは、ヘッドの芯もしくは芯のすぐそばに真っ直ぐシャフトが刺さるように短いネックがついてるか、シャフトが直接ヘッドに刺さっているタイプのことです。

 

スクリーンショット 2019 02 27 13 41 19

 

オフセットがない分、ボールの位置はクランクネックシャフトパターよりも若干左に置くといいと思います。

 

左の引っかけのミスに強いモデルといえます。ベントネックと同じように重心距離がほとんどないからストレート軌道で振りやすく、パチンと打つタップ式の方にもおすすめのシャフトの入れ方です。

 

フェースバランスパターとトゥヒールバランスパターの機能

フェースバランスとは・・・?
面が上を向くパターのことです。パターをテーブルに置いた時、パターのフェースが上を向くパターを、フェースバランスと読んでいます。

 

フェースバランス

 

フェースのトゥが下に向けば向くほどヘッドを開閉しながら打つのに向いています。

 

フェースバランスのパターはストレートにパターを引き、ストレートに 打って いくのに向いています。

 

大型ヘッドのネオ マレット タイプに多く、プレッシャーがかかった1メータ前後の時,緊張のあまり パターを 引くときヘッドが揺れ動き、真直ぐ引けない時があります。そのような時に真っ直ぐ引きやすくブレにくいのが特徴です。

 

ノンフェースバランスとは・・・?
ピンタイプに代表されるパターのトゥが、下をむくパターの事です。

 

これはスイングと同じようにパターのストロークが インサイドに引いて インサイドに振るようにストロークしやすくなります。

パターの選び方

 

その他、フェースインサートの機能

パターのフェース面の素材によってタッチが変わります。

 

フェースインサート、もしくはフェースの硬さもパターを選ぶ際には重要になってきます。オデッセイ WHITE HOTなど、フェース面を変えたものも多く、柔らかい感触が好まれ人気になりました。

 

しかしボールの距離感は、ボールを弾く音で強さを感じている人も多く、相変わらずステンレス素材など金属素材を好む人も多くいます。

 

僕自身PINGのパターから初めましたので、名前の由来になった、ボールをヒットしたときの音「ピーン」と言った音も感触の一つとなり、樹脂系のインサートものよりステンレス素材で柔らかいものが好きです。

 

まとめ

細かく機能について説明してきましが・・・
ヘッド形状が大きい(ネオマレット型)はフェースバランス(シャフトを机の上におくとヘッドが上を向く)が多いいのですが・・・機能的には真っ直ぐテークバックしやすく重みで真っ直ぐ出しやすいのですが、ボールが右にプッシュしやすく、右にボールを行きにくくするために、少しトゥが下を向くタイプも出てきました。

 

今人気のショートネック (ハーフシャフトオフセット)でトゥが少し下を向く(ノンフェースバランス)が出てきました。

 

スクリーンショット 2019 02 27 20 12 53

TAYLOR MADE(テーラーメイド) パター Spider TOUR RED

ネオ マレット タイプでショートネック (ハーフシャフトオフセット)、トゥが少し下を向く(ノンフェースバランス)のパターです。色々改良され、色々な機能が詰まったパターです。

 

グリップの太さや形状も重要な機能です。
僕は ピンタイプのクランクネックを使っていますが、タイガー・ウッズのようにラインなしでヘッドの芯にドットだけですので、長方形のヘッドを、目標に直角に合わせます。

 

ですので、グリップを入れる時、普段と同じようにグリップした時、パターヘッドが「目標に対して直角」になるよう、グリップの向きを自分のクセに合わせています。

 

これで、スタンスを正確にしてグリップすれば、パターヘッドはいつもスクエアになるようにしています。

 

ピンタイプのような形状は、真っ直ぐテークバックするためには「長さと総重量も」重要になってきます。

 

パター選びのポイント

 

項目 選択肢 / 注意事項
(1) タイプ ①ブレード②ピン③マレット ④ネオマレット⑤ その他
(2) アライメント アライメント 方向を合わせ易い顔
(直線や円など色のコントラストも)
(3) ロフト 2° ~ 5°(2.5° ~ 4° が主流)
(4) ネック クランクネック・ショートネック・ベントネック
センター ネック
(5) バランス フェースバランス・トゥバランス
(6) 素材と加工 金属(軟鉄、鋳鉄、アルミ、銅合金)
樹脂のフェースインサート、削りだし(ミルド)
(7) 長さ / 重量 32″ ~ 36″(インチ)が標準 / 中尺、長尺も、ヘッド重量 350g、総重量 500g 前後が標準的
(8) グリップ 形状 太さ、材質(近年は 太めなグリップの人気が高い)
(9) 価格  価格 3,000~150,000円(1万~5万円が売れ筋)
ビンテージの高級品も
(10) ブランド
オデッセイ スコッティキャメロン テーラーメイド・ピン
ミズノ・ブリヂストン ベティナルディ プロギア ・
ヨネックス

 

 

 

ー スポンサード リンク ー

   

ー 商品 リンク ー

         

この記事を読んだなら、以下記事もおすすめ!

*
*
* (公開されません)

Return Top