ゴルフ初心者上達案内

アイアンの選び方 何に気をつける?基礎知識

アイアン選びの基礎知識

今このページを読もうとしている人は、ある程度ゴルフができてきて、自分に向いたクラブを選択したいと考えている人だと思う。なぜなら「アイアン選びは?」飛距離と言うより正確ポイントを狙うクラブだからだ。

 

もちろんドラーバーやフェアウェイウッド、ユーティリティーなどとの、長さや、重量、ヘッドバランスなど合わせ流れを考える必要はあるが・・・

 

クラブセッティングにおけるクラブ選びのコツは、種類が異なるクラブに持ち替えたときに、違和感なく同じように振れるようにしておくことです。

 

いつも一定の振り心地が得られるクラブを選ぶことで、ショットの距離感や方向性が良くなってスコア向上につながります。そのためには、それぞれのクラブの長さと重量に注目しましょう。

 

またアイアンを選びたいということは左右のブレや前後の飛距離差を正確にしたいと言うことです。
 

 
 


 

スポンサーリンク

 

アイアン選び

飛距離の差を階段状にするのが、理想のクラブセッティング、中でもアイアンは飛距離よりも正確に距離を打ち分ける必要があります。

 

アイアンは、基本的には、できるだけ狙った場所にボールを飛ばす役割を果たします。初心者の方には、できるだけ安定して飛ばせる・安心して打てるヘッドの大きなものがオススメとなります。

 

またアイアンを選びたいということは、左右のブレや前後の飛距離差を正確にしたいと言うことです。

 

初心者でこれから練習するとしたら・・・はじめにアイアンセットを購入します。殆どの場合アイアンから練習するからです。

 

これから徐々に買い揃えるなら、アイアンセット、ドライバー、ウェッジ、パター、ユーティリティ、フェアウェイウッドの順で購入するのが良いと思います。
 

 

チェック項目 リスト

アイアン選びで 重要なこと・・・まずは、いくつかのメーカーや形状の違い、機能の違いのアイアンを試打してみることです。

 

その中で、いつも一定の振り心地が得られるクラブでボールの方向性と飛距離を見ます。そしてある程度気に入ったら、構えた時の見た目もチェックします。問題なければ、あとは番手ごとの距離感です。

 

短いアイアンになればなるほど番手ごとの距離感が大切になってきます。ピンまでの距離を聞き、その距離を正確に打つ必要があるからです。

 

試打した中で上手く行かなかったら、アイアン種類の違ったものをうち比べると良いでしょう。
 

 

ヘッドのタイプと特徴

アイアンのヘッド形状は大きく3種類に分けることができます。そのヘッド形状の種類が「マッスルバックアイアン」「キャビティアイアン」「中空アイアン」です。

 

アイアンは そのヘッドの製造方法や素材の違いによって 大きく 「フォージド(鍛造)アイアン 」「キャスト(鋳造)アイアン」に分類されます。

 

最近では 「ハイブリッドアイアン」や「中空アイアン」など 新しいタイプのクラブも(数多く出回っています。

 

スクリーンショット 2019 05 23 13 07 07フォージドアイアンのヘッドは 軟鉄を鍛造加工して作るものです。 鋳型に溶かした鉄を流し込んで作ります。 マッスルバックアイアンはヘッドの操作性が高く、ボールコントロールしやすい(いろいろな球筋を打ち分けやすい)ことがメリットです。

またフェース部分が肉厚なので、芯で打つと心地よい打感を味わえます。一方で、ヘッドが小さいために芯を外すと飛距離が出ないなどミスに弱いというデメリットがあります。

ですので上級者向けのクラブとされてきました。

しかし、最近では 見た目は難しそうでも内側をキャビティーバックで ソールに多少厚みを持たせた(見た目が易しい)フォージドクラブのように仕上げたアイアンも出てきました。

ハイブリッドや中空構造のようなクラブでも 鍛造した軟鉄の部品を組み込むことで フォージドアイアンとして売られているものもあります。単に難しいアイアンとは 言えない面もあります。

 

基本的に 軟鉄を使ったマッスルバックのフォージドクラブは 柔らかい感触でボールを打てるのが 一番の特徴です。プロのようにかっこよいのですが実際は、よく練習できる環境ではない人(月に1~2度)程度の人はもっと優しいクラブで楽しんだほうが良いでしょう。

 

良い点は番手ごとのロフト角やライ角を調整することができます。
 
スクリーンショット 2019 05 23 13 30 13

キャビティアイアンは ロストワックス精密鋳造という方法で作られます。鍛造では 成型し難い 比較的 複雑な形状のクラブを低コストで製造することが出来るという特徴があります。

 

ソール幅が広く スイートエリアの大きい キャビティーバックで 低重心のクラブの量産に適していた為 、 キャビティバックアイアンとして ピン アイ 2 が大ヒット以降 長年に亘って 人気を維持している。

 

マッスルバックよりフェース面が大きく、またヘッドの下側に重量が配されており低重心のため、ミスに強くボールが上がりやすいことがキャビティアイアンのメリットです。

 

今や上級者まで キャビティアイアンを使う人は多く、非常に ポピュラーになリました。デメリットとしてこの製法で作られたものは、「ロフト角やライ角」を調整することができません。

 

そのためピンは当初からライ角は身長や手の長さに合わせて選べるようにできていました。以下は そんな キャストアイアンの製造工程の動画です。

 

How It’s Made Metal Golf Clubs
 

 

ハイブリットアイアンの特徴

スクリーンショット 2019 05 23 12 53 32ハイブリッド・アイアンでは 、異なった素材を組み合わせる構造で、クラブフェースは軽い素材のチタン、その後ろには、軽くて打感を良くするためのポリマーを入れたり、その外枠となる部分は重いタングステン系の合金で作るなど・・・

 

スリムなデザインでぺリメター・デザインが可能になり加えて、重心距離の短い操作性の高いクラブを作ることが出来るという特徴があります。

 

アイアン・タイプのユーティリティ・クラブにも良く使われています。
 

 

中空アイアンの特徴

スクリーンショット 2019 05 23 12 49 57
中空アイアン(ハイテクアイアン)は、外からは見えませんがヘッドの中に空洞があります。マッスルバックのような見栄えですが、やさしいのが特徴です。

 

フェース面の大きさやヘッドの外側・下側に重量が配されていることから、「ミスに強い」「直進性のある打球が打てる」「ボールが上がりやすい」というメリットがあります。

【ゴルフ クラブの選び方】自分が求めるゴルファー像によって変わる


 

 

アイアンのソール幅の種類とそれぞれの特徴をチェック

スクリーンショット 2019 05 23 14 42 45
 

アイアンによってソール幅の大きさは、様々です。初心者ゴルファーにとってソール幅が広いアイアンと狭いアイアンでは、どちらが優しいアイアンかというと。それはソール幅が広いアイアンです。

 

ソール幅が広いアイアンのメリットは大きく2つです。

  • 1つ目は、ソール広いことで低重心となり、ボールが上がりやすいこと。
  • 2つ目は、地面との接地面が広くなることで芝の上を滑りやすくなり、多少ダフっても芝の上を滑ってくれるので飛距離ロスが少ないことです。

 

 

ソール形状について

アイアンのソールをチェックしましょう。アイアンのソールは、幅とともに確認したいのが「ソール形状」です。

 

ソール形状には丸みを帯びた「ラウンド」と平らな「フラット」の2種類があります。「ラウンド」「フラット」のメリットは以下の通りです。
 

  • ラウンド…地面(芝)との接地面が少ないためラフからのショットでもクラブが抜けやすい
  • フラット…地面(芝)との接地面が大きいためクラブが滑りやすく多少ダフっても大きなミスになりにくい

 

 

アイアンの各番手の平均飛距離(一般的な男性の場合)

番手が1つ上がるにつれて約10ヤードずつ飛距離も大きくなります。

 

スクリーンショット 2019 05 23 12 20 23

 

アイアン
5番(5I):170ヤード
6番(6I):155ヤード
7番(7I):145ヤード
8番(8I):130ヤード
9番(9I):120ヤード

 

このようなことから、1~5番を「ロングアイアン」、6~8番を「ミドルアイアン」、9番〜PWを「ショートアイアン」と呼びます。
 

 

自分にとって「よいアイアンセット」とは?

「自分にとって良いアイアンセット」の判断基準ですが、これは『スイングを振り切れる範囲で、重いアイアンセット』を参考にしてみてください。重すぎると振れませんし、軽すぎてもショットが安定しません。

 

またアイアンに限らず、クラブの重さ(ヘッド+シャフト+グリップの重さ)はダフりやトップの一因となる場合があります。

 

一般男性用の 5番アイアンの重量は 375g ~ 425g と言われています。

 

軽いクラブと重いクラブでは 最大 50g もの違いがありますが、クラブの重量は シャフトが 0.5インチ(アイアンの 1番手分)短くなると 7g ほど 重くなるように作られております。

 

仮に 5番アイアンの重量が 410g のアイアンセットにした場合、9番アイアンは 410 + 4 x 7g = 438g 前後になるのが普通です。

 

そのようなアイアンセットを使っているとすれば、45インチのドライバーの重量は 410g – (7 x 14g) = 312g 程度にすれば良いとも言われています。

 

ただし、サンドウェッジに限っては 少し重めに設定するのが普通です。
 

 

アイアンのシャフトは?

アイアンのシャフトはスチールだったりファイバー系だったりと流行り、すたりはありますが基本的にアイアンはスチールシャフトが前後の飛距離差が少ないと言われています。

 

それは多分しなりが一定だからといったことです。ダフって大きくしなり戻りをして飛び過ぎたりすることがよくあります。

 

アイアンのシャフトはスチールで考えてみてはいかがでしょううか?軽量スチールも出てきていますので自分にあったクラブが見つかるはずです。

 

アイアンクラブの各名称と選ぶポイント


 

 

アイアンセットの売れ筋傾向

NEWモデルランキングと売れ筋ランキング、ゴルフダイジェストに出ています。日本ではブリジストンアイアンが人気のようです。

 

僕自身はテーラーメイドの顔つきが好きです。プロギアのRS フォージドアイアンのお大きさや見た目も好きです。
 

アイアンセット 売れ筋人気ランキング
Amazonアイアンセット ランキング

 

 

 

ー スポンサード リンク ー

    ー 商品 リンク ー            

*
*
* (公開されません)

Return Top