ゴルフ初心者上達案内

ー スポンサード リンク ー

ゴルフ グリーン周りからのザックリは、膝の曲げすぎが原因か?

アプローチのミスの原因

スクリーンショット 2018 12 05 15 26 21 1

最近、得意としているグリーン周りからのアプローチの調子が悪くなった。]

 

それもそのハズ、練習してないからだ・・・しかし昔取った、きねづか練習すれば大丈夫なはず。

 

トップ、ザックリ(ダフリ)とまではいかないが・・・時たまシャンクまで出る始末、芯に当たらずに距離感と方向性が全然だめで寄らない。

 

最初は練習不足が原因だろうと、思っていたが、アプローチの練習中にその原因がわかった。
 
 


 

 

その原因は、膝の曲げ方

あれだけ自信を持っていたアプローチがミスの連続だ!

 

原因はアドレスで今までよりも膝を曲げ過ぎていたのです。

 

頭が動いてるの、結果をスグ見に行ってしまうのか、色々試している内に芯に当てようと短めにグリップして、ひざを必要以上に曲げすぎていた。

 

膝を伸ばす感覚(膝をわずかに曲げる程度)で構えてアプローチをすると綺麗にヘッドが入って芯に当たるようになった。

 

アプローチの時にアドレスで膝を曲げ過ぎていると、上下動が生じやすくなるのでダフリやトップ、シャンクまで出やすくなる。

 

膝を伸ばすように、軽く膝を曲げた状態で構えれば、膝がロックされて上下動がなくなり、膝を伸ばすことによって背筋も伸びて背骨を軸にして回転できるのでヘッドの軌道が安定するのです。

 

僕の場合は、ショットの時も膝を曲げ過ぎると体の捻転が制限されて、まともなスイングができなくなってしまうのでいつも曲げ過ぎに気を付けている。

 

ドライバーのセットアップで思い出した

ドライバーのセットアップはボールの位置とスタンスの姿勢が大切だ。

 

特に体が固くなってきた人と、練習量が足りない人は(膝の曲げすぎに)注意が必要だ!

 

ひざを曲げすぎると、体の回転に力が入りスムーズな回転ができなくなる。もちろん上下動が多くなり、芯にも当たらない。

 

グリーン周りからのザックリは、いろいろな原因があって、他のゴルフサイトなどでも紹介していますが、もしかしたら膝と背筋を伸ばして上下動をなくせば解決するかもしれません。

 

ザックリで悩んでいる人は、試して見たらいかがでしょう。

 

アプローチでのシャンクの原因は?

これも、アドレスに原因が・・・?
腕の位置が前に出過ぎたり、自分に近過ぎたりしていることが多い。必ず肩からぶら下がっている位置でグリップできているか意識してみましょう。

 

ボールと自分との距離感の目安は、肩からぶら下がっている位置で、グリップと自分との間にこぶし1個分のスペースが空く程度です。

 

次にアドレスの形ですが、アドレスの時に膝を落として曲げすぎてしまうと、スイングの際、膝が動き過ぎてこれもシャンクの原因になります。

 

悪いアドレスチェック

ほとんどの場合、アドレスに原因が有る。

 

*悪い打ち方の例 (×ボールと自分との距離が離れすぎている例)
*悪い打ち方の例 (×膝が曲がりすぎている例)

 

ボール位置と自分の距離、膝の曲がり方を注意して打ってみて下さい。

 

どうでしょうか?
アプローチでザックリやトップ、シャンクが出る方はこの2つを注意して是非やってみてください!

 

ドライバーもアプローチも手打ちはダメということです。ショートアプローチもしっかりボディーターンしましょう!!

 

ショートアプローチほどしっかりボディーターン(肩でターンする僕はイメージ)で大きくゆっくり!!

 

膝の曲げすぎは・・・色々なミスを招く、今後はアプローチの時も気を付けようと感じた。

 

タイがウッズのショット動画

ドライバーからパターまで、よく見ていただくと分かるが、ひざを深く曲げてない、いつもアドレスの姿勢は同じに見える。

 

Tiger Woods’ Highlights | Round 4 | THE PLAYERSの動画

情報 チッピング(Chipping) と ピッチング( Pitching)の違い

 

ー スポンサード リンク ー

*
*
* (公開されません)

Return Top