ゴルフ初心者上達案内

松山秀樹、マキロイ、ウッズ、による世界最高のパッティングストローク動画 3選。

松山秀樹、マキロイ、ウッズ、による世界最高のパッティングストローク3選

2016年12月現在松山英樹の活躍は目覚しいものがある。

PGAツワーランキングで、賞金ランクトップ、平均ストローク
平均パット数、バーディー数共にトップとどれをみてもトップランクだ。

何と言ってもトップ選手は最終的にはパットが入るかどうかで決まる。

パッティングストローク3選手

パッティングにおいて、全てのトッププロに共通ししているのが
下半身が微動だにしないストロークを身につけていることです。

下半身の安定は、パッティングの精度を上げるために必須の条件と
言って良いでしょう。

以前こんな話をプロから聞いたことがある。

パティングストロークする際に、両膝太ももを内側に絞り
ドライバーを打つのと同じように、テークバックでは

右足で動かさないように受け止め・・・
ダウンからフォローにかけて、左足を微動だにしないよう
受け止めてストロークをすると言ってたことだ。

 

松山英樹のパティングストローク動画

ワイドスタンスで下半身を安定させて、両膝を内側に絞っている

パッティングについて質問を受けている・・・その答えは?

パッティング上手くなるには・・・?
練習して、狙ったところに正確に打てるような、自分のスタイルを
見つけることが大切と言っています。

 

ロリー・マキロイのパッティング 正面スロー

マキロイも基本に忠実な構え方で、やや内股にアドレスし下半身を
安定させ、両肩の真下でグリップしています。

ボール位置は左目の下です。

 

タイガー・ウッズのパッティング 正面スロー

何と言ってもタイガー・ウッズのパッティングはラインの乗せ方と
奇跡的なパットを何度も沈めパットのうまさでは今や元祖でしょう。

いつもティーをパター幅ギリギリに2本刺して練習します。

右手だけの片手打ちやクロスハンドも練習しています。

僕も右手だけの片手打を取り入れていますが、右手だけの片手打は
パターヘッド重さと、ストロークを適正な早さにしてくれます。

パッティングは他のショットと同様、「距離感」と「方向性」を合わせる
ことが大切です。

またヘッドがぐらついても結構入ります。
朝の練習は右手だけの片手打をお勧めです。

 

 

ー スポンサード リンク ー

この記事を読んだなら、以下記事もおすすめ!

*
*
* (公開されません)

Return Top