ゴルフ初心者上達案内

ー スポンサード リンク ー

パッティングでオーバースピンを掛ける方法とその利点

パッティングでオーバースピンを掛ける方法とその利点

驚くほどパティングがよく入るにはオーバースピンをかける・・・? パティングに型なしと言われていますが、パティングホームは 自分が習った方法で良いとしても、初心者の人が身につけるべき点は、 ボールの転がりを良くする点に尽きると思います。 もちろんパターが入る条件として・・・ 自分に合ったパターを選ぶ フォームをみなをす 距離感、...

アダム・スコットの『AimPoint』エイムポイント、グリーンの読み方

アダム・スコットの『AimPoint』エイムポイント、グリーンの読み方

アダム・スコットなどトッププレーヤーが実践 エイムポイントとは? エイムポイントは、もともとPCのソフトウェアの開発を行っていた アマチュアゴルファーのエイムポイント創始者Mark Sweeneyによって アメリカで、生まれた技術です。 グリーンの傾斜とボールの転がりの関係を科学的に計算してデータベース化した テクノロジーです...

パターの選び方 ぼくが使用しているピンタイプの良さ

パターの選び方 ぼくが使用しているピンタイプの良さ

初心者も上級者も使いやすいピンアンサータイプパター ピン型のパターはミスに強いパターとして、ピンの創業者、カーステン・ソルハイム が作った、ピンアンサータイプと言ったタイプのパターです。 その後プロの間でバランスが良いことで、多くのプロに使用されました。 画期的だったことは、ツーヒールバランスと言って根元部分と、パターの先の部...

パッティングのメンタル面、イップスについて

パッティングのメンタル面、イップスについて

パッティングのイップスについて イップスに悩んでいるゴルファーは、プロ、アマを問わず世界に多くいます。 実は僕もイップスに悩んだ時期もありました。 なぜイップスになるのか?、また克服するにはどうすればよいのか 今までの経験をふまえ考えていきたい。   目次1 イップスになったらどうなる?1.1 イップスになりやすいタ...

パター上達まとめ。パターは1回で入れようと思わない。

パター上達まとめ。パターは1回で入れようと思わない。

パター上達まとめ パターはある程度正確にストロークできるようになってきたら、又スコアが まとめられるようになってくると、パターでの悩みも多くなる 。 ある程度上達してきた時に、どのように考えてパターに挑むべきか 、 まとめとして一連の流れを説明します。 パターは1回で入れようと思わない、ぐらい控えめで調度良いと いえます。 &...

ゴルフグリーンの読み方

ゴルフグリーンの読み方

コースでのグリーンの読み方 正確なストロークとタッチが出せても、グリーンでの状況判断、読みが的確にできないと 役に立ちません。 Photo:Donald Miralle 目次1 つかみ所のないグリーンの読み方2 まずは素早く状況判断をする事2.1 歩きながら読む習慣をつける3 グリーン傾斜の読み方3.1 傾斜は低い位置から読む...

ゴルフ パッティングにおけるボールの位置は?

ゴルフ パッティングにおけるボールの位置は?

パッティングはスコアを決める最大のクラブ、今まで色々説明してきましたが パティングする時の姿勢やラインの取り方等、どれをとってもおくが深く大切です。 ボールの位置はどのように決めていますか? プロをはじめトップアマチュアに自分が感じたり、本を読んで感じた疑問点を 質問してきました。     その中から、試行...

パター上達『3パットをしない方法、傾斜で考える事』

パター上達『3パットをしない方法、傾斜で考える事』

3パットしない方法 スコアアップを狙うには最終的にはパットを上達させることです。 パターの基本としてある程度できてきたら傾斜を考えます。 パターは多く練習すればうまくなるか?と言うと、ある程度の技術を 身につけた人にとって、練習量イコールパターがうまい事にならないのが パッティングです。 ミシェル・ウイの独特なパッティングスタ...

ゴルフ パッティングの軌道について知っておくべきこと

ゴルフ パッティングの軌道について知っておくべきこと

ゴルフ パティングの軌道   パティングの軌道を含めて考えるべきポイントは、 大きく分けてこの5項目になります。 ある程度正しい姿勢からパッティングストロークができるようになると 色々な問題がでてくるのがパティングです。 松山英樹のパティングの強さは構え、大きなスタンスと左足体重でゆっくりと した ストロークとリズム...

100を切るためのパッティング上達の練習方法

100を切るためのパッティング上達の練習方法

パティングフォームと距離感、初心者が最初に練習すべきこと パッティングフォーム(姿勢) 最初にパッテイングホーム(姿勢)は身に付けるべき どんな場合でも同じパッティングフォームでかまえることが大切です。     それには自分のパッティングフォームを作るときに同じ動作 『プレショットルーティン』を完成させる必...

Return Top