ゴルフ初心者上達案内

ゴルフ用 GPS式とLaser式 距離測定器の選び方

はじめに

ルールが2019年1月よりルールが変わり、公式競技で距離計を使用することが許されるようになリました。ですので競技で それを使わないのは、もちろんもったいないことです。

最近日本でも、セルフプレーが当たり前の時代に多くのゴルフ場がなってきた昨今、ヤーデージマーカーはグリーンエッジまでだったりグリーン中心だったりと不親切だし 2 グリーンのコースも多く存在します。

マーカーなどチェックせずに・・・
ピンまでの正確な距離情報、簡単に知ることができる距離計は 中級以上のレベルのゴルファーにとり とても重宝なものでです。

スポンサーリンク

 

ゴルフGPSナビ距離測定器の選び方

最近、ゴルフ用の距離測定器は 価格低下と高機能化という両面での改善が多く見られる中急速に 普及しました。

 

GPSナビの距離測定器が人気となり久しいわけですが・・・
ルールが 一部変更され プレー中の距離計の使用が、ルール上利用可能になりました。

 

競技でローカル・ルールで認められる場合に限り 許されることになリました。

 

R&A と USGA は、 2014年から 全英アマや 全米アマを含む 殆どのアマチュア競技でその使用を認めるようになっています。

 

2019年のルール改定では 距離計測の機能に限って 全面的にその使用が許可されることになります。

注意 中には高低差まで測ることが出来るものもありますが
ルール上認めれれるのは距離測定のみになります。

GPS式とレーザー式距離測定器の比較

今や多くのアマチュアがGPS式の測定器を身に着けて測定してプレーをしています。

距離測定器としては、2つの種類があります。

  • 1つは衛星を利用したGPS式
  • もうひとつは、被写体をフォーカスして距離を測定するレーザー式です。

 

それぞれに 長所、短所があり一概に どちらが良いかは 本人の使い勝手によります。

 

GPS式の長所

レーザー式に比べると比較的小さく、腕時計タイプやポケットタイプなど小さめで使い勝手が良く、すぐれている点はレイアウトが表示できることです。

 

小型で持ち運びが便利、 価格も手頃になります。

 

レーザー式に比べると比較的小さく、腕時計タイプやポケットタイプは小さめで使い勝手が良く、レイアウトが表示できるようなスマホタイプもありますのでコースマネジメントをする上で役立ちます。

 

そのため立っている地点から見えないハザードなどもその場で分かり、わざわざ歩測することなくある程度のコースイメージを思い描くことができます。

 

グリーンや ピンまでの距離情報に加え、ハザードの位置やその距離情報なども分かるものが多くコース・マネジメントに必要な各種情報が提供されます。

 

見えないグリーンエッジやハザードなどでも データ化されている物までの距離であれば分かります。

 

ピンシート、ヤーデージブックの代わりになるものもあり距離測定以外の機能が付いたものも多いです。

 

腕時計型はポケットから出し入れすることなく素早く使えます。また音声型などもあります。

 

またPCを使ってスコア管理できるものやグーグルアースと連動するものもあり使い方は今後も広がるはずです。

GPS式の短所は・・・?

測定距離の精度がレーザー式に比べると劣っています

 

±2~3ヤードとされていますが、天候に左右される部分があり、また充電したあとの稼働時間が10時間程度なので1ラウンドならともかく1.5ラウンド・2ラウンドすることになると充電が必要にる点です。

 

比較的簡単に使えるとは言え 使用方法を しっかりマスターする必要があります。

 

ゴルフ場以外では使えません。また、データ入力されているものまでの距離しか分からないし データと実際の距離にギャップがあることがあるのが難点。また充電の手間もかかるります。練習場での距離測定には使えません。

 

ゴルフコース以外での使いみちがありません。一部使えるものも出てきました。

 

ゴルフ用レーザー式距離測定器の長所

測定距離の精度が正確±1ヤードとされていて正確に知ることができます。

 

見える所は 何でも 極めて正確な距離が測れます。操作法が単純で 充電の手間も掛からず、練習場でも使用可能です。

 

種類によっては・・・高低差の計測ができるものがあります。

 

競技に使用する場合は 高低差の計測機能がないものか、その機能を簡単に「オフ」にできるモデルでなければなりません。

 

高低差の計測ができるモデルは競技での使用はできませんが、「オン・オフ」があるものなら使用可能になります。

 

レーザー式の距離計は 機能的には・・・?

手ブレ補正機能の有無と性能の違い、高低差の測定機能の有無と性能と言う点によって 商品により 差があります。最近のゴルフ用モデルの多くには 「ON・OFF」 ができます、できれば高低差測定機能が付いているものが良いでしょう。

 

レーザー式距離計の購入を考えている人は その点を買う前に確認が必要です。

 

レザー式の価格差は、以前から見たら高機能で安くはなってきていますが・・・問題は、安いから良いとは言えない点です。ピンフラッグに照射して計測する場合、手ブレ防止機能は外せません。

 

高低差までは必要ないのであれば、あとは大きさと軽さでしょう。

 

また、高低差や斜距離を測定できるため打ち下ろしのホールでは、より正確なショットをすることができます。クラブ選びに迷いが生じることが無いでしょう。

 

ほとんどのプロキャディはレーザー式をつかっていることでも距離測定の信頼性が伺えます。

 

レザー式の短所

見えるものは正確に測定できるものの見えない部分、ドッグレッグホールや打ち上げホール、目視できないハザードなどの測定ができません。

 

また、最大測定距離が短いものだと手振れによりターゲットを誤認してしまうこともあり、高性能なレーザー式が必要になりますが高額になります。

 

見えない物までの距離は計測できないし GPS式より 多少 大きめで価格も高めになります。距離計測機能以外の機能がありません。

 

GPS式 距離測定器

GPSタイプは大きく分けて3つのタイプに分けることができます。

 

  • ポケットタイプ
    ポケットに入ることがキャッチフレーズのポケットタイプ。たくさんの方が使っているため価格が8千円を切るものまで発売されています。ポケットに入れるよりも専用のベルトホルダー式ケースに入れた方が使いやすいでしょう。
  • 腕時計タイプ
    ポケットから出し入れする煩わしさを解消してくれるのが腕時計タイプです。大きさ的には少し大きいと言われていますが、スイングには影響ないという意見がほとんどです。必要最小限の情報だけを素早く知るには腕時計タイプがいいでしょう。
  • ポータブルタイプ
    スマホのような操作性が特徴でコースを上から眺めることができるため視覚的にコースをイメージしやすくなります。コースマネジメントを心がける必要のあるゴルファーにとって役に立ってくれるのがポータブルタイプです。

液晶パネルの反射で見ずらかった画面は改良され、ずいぶん見やすくなっています。やはり大きさなどにより使いやすさや、その他の機能で選ぶと良いでしょう。

 

 

正確な距離を知るという観点からは レーザー式が 優れており持ち運びの容易さとコース・マネジメントという観点からはGPS式の長所も魅力的です。

 

多岐にわたる 選択肢

 

  • GPS式は・・・?
    選択肢が多く ハンドヘルド型(フル機能、簡易タイプ)腕時計型
    音声型などがあります。

 

ハンドヘルド・フル機能タイプのものは 通常 ワイドカラー液晶の付いた
スマホ・サイズを小さくしたものになります。

 

それぞれのホール・レイアウトが表示されグリーンや ピンまでの距離情報に加えて
ハザードの位置や その距離情報なども分かるものが多く、コース・マネジメントに
必要な各種情報が提供さます。

 

ハンドヘルド・簡易タイプは 白黒の小型液晶に グリーンまでの距離に
係わる数字が表示されるタイプが主流になります。

 

安価でシンプルさが 魅力です。

 

腕時計型は 機能的には ハンドヘルド・簡易タイプに近いもので
ポケットなどからの出し入れの必要がないのが魅力です。

 

音声型も ポケットなどからの出し入れの必要のないのが魅力ですが
機能的には 最小限のになります。

 

最近は 使い易さで腕時計型の選択肢が増え 人気になっています。

 

  • レーザー式は・・・?
    機能的には 高低差が出るものと そうでないもの、その他に遠距離の測定能力と焦点を目的に合わせた時に本体がビビッと振動し 測定完了を瞬時に教えてくれる便利なジョルト機能など
    使い易さを高める機能の有無という点で モデル間の差があります。

 

一般的には 価格の高いモデルは 高性能な訳ですが・・・?

 

競技での使用は、 高低差を計測できるモデルで その機能を使用するとルール違反になり失格になります。

 

競技でも使える距離測定器という点では 高低差の計測機能のないモデルを購入しておきのが安心です。

 

長所 短所
GPS 式 小型で持ち運びが便利で 価格も手頃。見えないグリーンエッジやハザードなどでも データ化されている物までの距離であれば分かる。コースレアウトなどデージブックの代わりになるものもあり、距離測定以外の機能が付いたものも多い。 使用方法を しっかりマスターする必要があり 距離測定はゴルフ場以外では使えない。また、データ入力されているものまでの距離しか分からない、データと実際の距離にギャップがあること難点。GPSがうまく拾えないなど、充電の手間もかかる。
レーザー式 見える所は 何でも 極めて正確な距離が測れる点。操作法が単純で 充電の手間も掛からず、練習場でも使用可能です。 見えない物までの距離は計測できない、GPS式より 多少 大きめで価格も高め。距離計測機能以外の機能がない。

 

 

距離測定器、使用動画

 

腕時計型 GPS タイプ

 

 

ゴルフ用レーザー距離計COOLSHOT PRO STABILIZED

 

 

 

距離測定器製品紹介

 

製品・価格 製品概観 使用感
ユピテル ゴルフナビ YGN5200 税抜 ¥16,000 2.8″ TFT カラー液晶、 グリーン・ハザードまでの距離、高低差、OBラインなど プレーに必要な情報が自動で表示。現在の位置からグリーンまでの高低差を自動計測。文字表示を2倍に、一目で見やすく、プレーに集中できる
ボイスキャディ VC170 税抜 ¥7,400 サイズは W45×H12mm で 24g と 極めてコンパクト。ベルトやキャップなどに 、装着して使用可能です。簡単な操作で 残距離や飛距離をお知らせ。2グリーンの場合は 左右両方
ショットナビ Shot Navi ネオ 2 ライト 税抜 ¥9,250

 

単純にグリーンまでの距離を表示する、現在地からグリーンの形状および縦横幅も分かる「グリーンビュー」、各種ハザードまでの距離が分かる「ハザードビュー」や「シンプルビュー」など。シンプルさと低価格が好評です。
朝日ゴルフ用品 イーグルビジョン watch 4 EV-717 税抜 ¥15,300   時計型は何と言っても出し入れが無いのが便利です。時計機能付で小型ですが、眼鏡なしで数字が見える。操作も簡単でプレー中でも確認し易い。機能も十分だ。防水、軽量 (48g) 簡単操作。
Nikon 携帯型
レーザー距離計 COOLSHOT 20
税込¥16,561
  手ブレの影響を軽減して目標物を捕えやすくしています。
距離の正確性ではやはりレーザー距離計が一番信頼できます。6倍の倍率でターゲットが見え、パワーボタンを 1回押してから約 8秒間連続してレーザーを放射し測定可能です。生活防水構造。
ブッシュネル Bushnell 距離測定器 ピンシーカープロX2ジョルト ゴルフ用レーザー距離計
価格:50,580
やや重いが、ピンの測定時に背景誤測定を防ぐ ピンシーカー機能が作動し 本体がビビッと振動し 測定完了を瞬時に教えてくれます、便利なジョルト機能や ±20°の勾配を自動計測し 距離の長短による弾道差を加味した「打つべき推奨距離」を表示するスロープ機能などスロープ機能の設定/解除が瞬時に切替可能な「スロープスイッチ機能」搭載しています。

 

距離測定器の使用上の注意点

距離測定器を使うことでプレー中に正確な距離の情報を得られることは自信を持ってその距離を
打つことが出来る点では スコアメイキング上でも 大きな差になって出るでしょう。

 

しかしスマホやパソコンで文書を書くのに慣れてしまうと手書き文章を書く時
感じを忘れるのと同じように・・・

 

以前は、目視で距離間を感じ取っていたのに対して
目視での情報からピンまでの距離を感覚的、察知する能力を養うことが
できなくなる。

 

そのような能力がなくならないように「目視で何ヤードと感じ取って
その後距離計でどのくらいの差があるか?」いつも確認して使用するように

 

すると自分の能力も研ぎ澄まされなえることはない。
その様な使い方の工夫もしてみたら良いのではないでしょうか?

 

 

ー スポンサード リンク ー

    ー 商品 リンク ー  
ゴルフ場 予約 検索
★ 超!直前割  ★ 格安 (HOT PRICE)
★ 得割り (来月用) ★ 早割り (その先用)
   

*
*
* (公開されません)

Return Top