ゴルフ初心者上達案内

【一生物のパターを見つける方法 】エースパターを決める。

パッティングを極める為に・・・エースパタを探す

ゴルフがある程度できるようになったらエースパターを決める。

 

パターほどいろんな形のあるクラブはありません。

 

ヘッドのデザインやシャフトの長さ、グリップ、一つとっても
色々な種類があります。

 

この中から1本を決めることは大変なことです。

 

僕もエースパターを決めたくて、色々試行錯誤していました。

 

パターの調子が悪いと、ついつい流行りのパターに
買え変えたりして、パターが多くなっていく人
多いのではないでしょうか?

エースパターを決めるパター選び

多くの中から一本を選ぶのは大変なことですが
パッティングを極める為には一生ものを決めなければ
なりません。

 

決めるコツとしては、奇をてらってないオーソドックスな
ものを選ぶことです。

 

また自分の好きなプロのパターを手に入れるなど
憧れの人のパターを持つことで、ミスパットしても
許せる気持ちにさせてくれることも大事な要素です。

 

パターほどメンタルが作用する道具はありません。

パターの形は大きく分けると基本この4つです。

 

  • ピンタイプ   :バランスが良く各タイプの良さを持ち合わせている
  • L字タイプ   :操作性が高くて、アイアンと同じように振れる
  • T字タイプ   :ボールをパチンとヒットする打ち方がやりやすい
  • マレットタイプ :直進性の高いボールが打ちやすい 芯を外しても転がりの差が少ない

 

間違っても流行り物には手を出さないことです。
一時的な流行のパターは、時期が過ぎれば飽きてしまいます。

 

一時的な流行で終わってしまうのか
将来残っていくのか見極めるのも大切です。

 

僕はこんな基準でセレクトして・・・ゴルフショップではテストして購入を
繰り返していました。

  • 多くのトッププロが使っているもの
  • トップアマから支持されているもの
  • 自分が憧れるプロが使用しているもの
  • ある程度大金をだして自己満足できるもの

気に入ったら、そのパターに、あった打ち方や
ストロークの仕方などを、研究して身につければ
良いと思います。

 

基本パターは二本あれば良いと、中部銀次郎氏
言っております。

 

その訳は?
エースパターと時々気分を変えるパターの
二本あれば良いということでしょう。

 

 

僕がエースパターを決めるにあたって・・・?

当初使用していたパターがピンアンサー・パターです。

 

ある程度ゴルフができるようになったころ、パター上手な人が
年期の入ったパターを使い込んでいるのをみて憧れたものです。

 

エースパターを決めるにあたって、トッププロやトップアマチュアの使用率が
高いものを調べて、その中から選ぶことにしてました。

 

当時グレッグ・ノーマンやジャンボ・尾崎が使用していた
トミーアーマーAMG5(L字型)を探しハワイに行った時に
IMG6(長さが1インチ長いモデル)を見つけて

 

大枚を出して購入しました。それはそれは、抱いて寝たいほど
興奮したのを覚えています。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 300f

それを、エースパターにして使用していましたが
1m前後をどうしても外してしまい、打ち方を研究して
使用していましたが・・・

 

転がりは、良いのですが距離感と打感が合いませんでした。

 

次に手に入れたのが、最初期の1966年から67年の間につくられた
初代「SCOTTSDALE ANSER」はまさにマニア垂涎の的でした。

ゴルファーなら誰もがあこがれるヴィンテージパターの最高峰です。

 

SCOTTSDALE ANSER CO

SCOTTSDALE ANSERは当時人気で同じ金属で生産することができない
こともあり傷が少ないものだと、80~100万前後していました。

 

僕は傷があるもので、購入して、一生ものにするつもりでした。
打感も良く距離間は、目で確認して素振りすれば距離はピタリと合います。

 

その頃は、パターの顔つきが「良いとか?悪いとか?」友人や
多くのプロが語っていましたが意味がわからなかったのです。

 

その内に、構えた時に少し左を向いて見えたり
パターのトップに傷があると歪んで見えたり、顔つきの
大切さがわかってきました。

 

パターのトップに傷が多くついていたせいもあり
また、シャフトの差し方によって見え方が違ったり
ボールの転がり影響するなどして

 

正確に合わせづらくなってきました。

 

Imgres 1 1

そのうちにタイガーウッズが使用していたスコッティーキャメロンの
ピン アンサータイプ タイガーウッズモデルを使用して優勝を重ねる
タイガーウッズにに憧れていました。

 

しかもタイガーモデルはGSSステンレス(ドイツの柔らかい特殊なステンレス)を
使って制作しているせいとタイガー人気で当時100万以上の値がついていた
こともあり、似たようなモデルを探すことにした。

 

似たようなモデルの「プロ仕様のサークルT」を購入
証明書付き重さも市販のものより重く使いやすく気に入っていた。

 

ずいぶん長く使用していましたが、盗難など多く、「プロ仕様のサークルT」
使用と解らないように気をつ買うほど。

 

しかし時には、違うものが使いたくなります。

 

その間、色々フェースバランスのマレットタイプやセンターシャフトなど
試しましたが・・・今ひとつこれと言った物に出会いませんでした。

一生ものとして今使用しているパター・・・は?

スコッティキャメロン ニューポート2に似た
サークルT(プロ使用)もよかったのですが
盗難被害などの話を聞き・・・

 

スコッティキャメロン ニューポート2を
一生ものに決めました。

 

絶妙な打感でプロに好まれた「303ステンレスヘッド」
使用したモデルです。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 3043

 

 

実は、僕はパターに不安があり、イップス気味になり
解消するために、あれこれパターを変えていました。

 

緊張すると「どうもテイクバックで揺れる」ことがあり
揺れないパターと言うことでフェースバランスの
マレットタイプのパターを試しましたが

 

確かにテイクバックで揺れなくなりましたが
押し出したり、引っ掛けたり、ミスするなら
どちらか一つにしたかったのです。

 

バランス角が「フェースバランス」よりも
「トゥーヒールバランス(パターのフェースが下を向く)」
があっているように感じました。

 

テイクバックで揺れる原因を技術でクリヤーして
今のエースパターと巡りあったのです。

 

名手はパターを変えない

パターを、よく変える人はパターに不安があるひとです。
また色々なことに、追及する人でもあります。

 

しかし言えることは、エースパターを早く決めて
道具を使い切ることです。

 

パターで悩む人ほど、道具のせいにして無駄な出費を
してしまいます。

 

何本も買い換えるなら、そのお金で少々高めでも
一生使うつもりで決めるべきです。

 

入らないのは自分の打ち方や、マインドコントロールが
できてないのであってクラブのせいではありません。

 

ベン・クレンショウはウイルソンのL字パターを
使い続けてグリップの仕方やストロークについても
色々な秘訣を語っています。

 

ジャック・ニクラウスはジョージロウ・スポーツマン
使い続けていました。

 

スクリーンショット 2017 04 17 11 48 28

ジャックにクラウスのメジャー18勝のうち
16勝をあげているパターです。

 

日本では杉原プロのカマボコ型や青木プロのT字型
ジャンボ尾崎やグレッグ・ノーマンは
トミーアーマーIMG5を長く使っていました。

 

パターを変えると同じ打ち方でも打感や距離感
方向性が変わってきます。

 

何年も使い続けるほうが有利に決まっています。

 

タイガーウッズはスコットキャメロン・ニューポート2GSSを
使っていた頃が一番奇跡的なパットで優勝をかせねていました。

 

タイガーは不倫騒動の後、極度の不振に見舞われました。
パターの変更も、気分転換の一つだったのでしょうが
結果は出ていません。

 

パターほどメンタルが作用するものありません。

 

エースパターを決めて、パットを極めるだけで
スコアは劇的に良くなるでしょう。

 

パターがよくなるとショットのミスも減ります。
それは、無理な攻め方をしなくて済むからです。

 

エースパターを極めることが、最短の道です。
マスターズ初制覇!
セルヒオ・ガルシアマスターズで使用したパター

 

 

ー スポンサード リンク ー

    ー 商品 リンク ー  
ゴルフ場 予約 検索
★ 超!直前割  ★ 格安 (HOT PRICE)
★ 得割り (来月用) ★ 早割り (その先用)
   

*
*
* (公開されません)

Return Top