ゴルフ初心者上達案内

女子ゴルフ 鈴木 愛のクラブセッティングと動画

鈴木 愛(スズキ アイ)略歴

 

 

鈴木愛プロは2017年、韓国勢を抑え賞金トップ(¥140,122,631)になりました。
女子のゴルフ界も、韓国人ばかりに席巻されていて、ファンはジレンマに落ちいていました。
 

ここのところ何年かの鬱憤を彼女が晴らしてくれました。
 

鈴木愛プロは大歩危峡や黒沢湿原、紅葉の名所である
竜ヶ岳などがある徳島県三好の出身です。

 

1994年生まれ、身長は155cmと小柄ながらドライバーは
235~250ヤードの飛距離を出します。
 

 


 

 

鈴木 愛のプロフィール

鈴木 愛 Ai Suzuki(24)

初めてサインをもらった相手は宮里藍。
その際に丁寧に対応してもらったことで憧れの選手になった。
その経験から鈴木自身も子供たちへのファンサービスは怠らないという。
 

生年月日 1994/05/09 プロ転向 2013年
出身地 徳島県三好郡 身長 155.0cm
バイオグラフィ 11歳からゴルフを始め、鳥取県の倉吉北高校に進学し、ゴルフ部の1期生として腕を磨いた。

当初は寮生活だったが、徳島にいた家族が「ゴルフに集中できるように」と鳥取県に引っ越し、14本のクラブすべてのグリップの色が異なり、左耳に光るのはCHANELのピアス。

得意料理は焼きそばで好きな食べ物は鍋。2013年にプロテストに合格し、翌14年のメジャー大会「日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯」でツアー初優勝。16年の同大会でも優勝し、2017年には自身初の賞金女王に輝いた。

国籍 日本 体重 58.0kg
出身校 鳥取・倉吉北高 通算勝利 【【日本 8勝】 (【国内メジャー 2勝】) 【その他 1勝】

参照 ゴルフダイジェストから引用

スタッツ

国内女子

国内女子米国女子ツワー成績スタッツとは?
20位
世界ランク
1位
賞金ランク
3回
優勝回数
7回
トップ10回数
1位(69.8286)
平均ストローク
29位(239.28yd)
平均飛距離
19位(68.75%)
FWキープ率
108位
トータルドライブ
3位(69.9074%)
パーオン率
16位(1.745)
平均パット数
1位(89.5833)
パーキープ率
1位(4)
バーディ率
28位
サンドセーブ率
1位
リカバリー率
11位(1)
イーグル数
 
20位
世界ランク
1位
賞金ランク
FedExランク
3回
優勝回数
7回
トップ10回数 
開催月日 ツアー 大会名 順位 Score Total
05/11-05/13 国内女子 けんの窓口レディース 1優勝 -8 208
05/03-05/06 国内女子 ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ 2 -2 286
04/27-04/29 国内女子 サイバーエージェント レディスゴルフトーナメント 3T -7 209
04/13-04/15 国内女子 KKT杯バンテリンレディスオープン  20T +1 217
04/06-04/08 国内女子 スタジオアリス女子オープン 1優勝 -10 206
03/29-04/01 米国女子 ANAインスピレーション 76 +13 301
03/16-03/18 国内女子 Tポイントレディス ゴルフ
トーナメント
1優勝 -8 134
03/09-03/11 国内女子 ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディスカップ 2 -11 205
03/01-03/04 国内女子 ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント  3T -7 209
米国、欧州、日本など世界19ツアー(男子)で、過去2年間に獲得したポイントを出場試合数(最少40~最大52)で割った平均点によって選手を評価するランキング。

Mercedezランキング(LPGA Mercedes-Benz Player of the Year Rankings)

国内女子ツアーの各大会で、順位と出場ラウンド数をポイントに換算し、年間を通じての総合的な活躍度を評価するランキング。年間トップには3年シードが付与される。

ストロークス・ゲインド・パッティング(Strokes Gained:Putting)

「ストロークス・ゲインド・パッティング」は、ツアー平均と比較してグリーン上のパフォーマンスでどれだけスコアを稼いだか、1ラウンドあたりの「パット貢献度」を評価するPGAツアーのランキング。ある距離からのパッティングでツアー平均が1.3だった場合、1パットで決めれば+0.3、2パットなら-0.7となり、大きな数値を残すほどそのツアーでのパッティング巧者であることがわかる。

ストロークス・ゲインド・ティー・トゥー・グリーン(Strokes Gained:Tee-to-Green)

「ストロークス・ゲインド・ティー・トゥー・グリーン」は、コースのグリーン面以外のあらゆる場所でのパフォーマンスにより、ツアー平均よりどれだけのスコアを稼いだか、1ラウンドあたりの「ショット貢献度」を評価するPGAツアーのランキング。基本的な考え方は、あるラウンドでのスコアを全選手の平均スコアから引いた数字(トータル・ストロークス・ゲインド)から、さらにストロークス・ゲインド・パッティングを引いた値。

リカバリー率(Scrambling)

パーオンを逃したホールで、パー以上のスコアを記録した割合。

サンドセーブ率(Sand Save Percentage)

グリーンサイドのバンカーから2打以内でホールアウトした割合

パーブレーク率(Par Breakers)

バーディ以上のスコアを記録した割合。

トータルドライブ(Total Driving)

ドライビングディスタンスとフェアウェイキープ率の順位を加算したポイント。

 

 

クラブセッティング

 

 

ドライバー G400 LS TEC ドライバー(17年)(10 ALTAJ50 S)
FW キャロウェイ GBB EPIC STAR フェアウェイウッド(17年)((#3)15° Speeder 661 SR)
FW・UT   PING G400 フェアウェイウッド(17年)(20.5(#7) PING TFC390 SR)
UT

PING G400 ハイブリッド(17年)(22° MCH70 R)

PING G400 ハイブリッド(17年)(26° MCH70 R)

アイアン PING i200アイアン(17年)(6I-PW N.S.PRO
950GH R)
ウェッジ    

PING GLIDE2.0ウェッジ(18年)(50°/54°/58° )

パター   PING VAULT ANSER2
ボール タイトリスト プロV1xボール

プロは頻繁にクラブ調整を行うため、実際使用するギアセッティングとは
異なることがあります。

 

 

女子ゴルフ 鈴木 愛のスウィング動画

飛距離アップ 参考動画 鈴木愛 ドライバーショット


 

 

ー スポンサード リンク ー

*
*
* (公開されません)

Return Top