ゴルフ初心者上達案内

パットは何が一番大切か?あまり考えないこと?

パットで大切なこと?

パットでもあれこれ、スタンスやグリップ、ストロークなど
改造をやってきた。

ある程度パットが打てるようになったら・・・?
何より大切なこと、パッティングが決まるかどうかは、切れ方を
どれだけ正確に判断して、読んだ通りにボールを
転がせるかにかかっていると感る。

ラインを正確に読むように頭をつかったら、あとは
あれこれ考えないようにすること、これも重要な点だ。

 

例えば、自分の名前を書くときに手や指をどう動かすかは
誰も考えない。

しかし誰かが書いた名前を正確に真似するように指示されると
その動作は、無意識から意識的なものに変わる。

練習では正しいストロークやボールの順回転を得るために
どう打つかを考えて練習するのは良いと思うが

コースに出たら名前を無意識で書くように、ラインを決めたら
あまり考えないことが、パターを決めるコツなのです。

構え方は毎日微妙に変わる

スタンスや構え方は、自分に、そして自分の体型にあった
構え方を早く見つけることです。

ゴルフはメンタル面が影響する。
その中でパターは特にメンタルが左右する。

構えたら時間をあまりかけずに、無心に打つ事が出来れば
良い結果が生まれる。

スクリーンショット 2015 08 29 14 28 31

プロを見ていても、グリップも違えばスタンス幅も違い
左足体重の人も、クローズスタンスの人もいます。

またストロークにしても、真っ直ぐ引いて真っ直ぐ押し出す人も
います。

もちろん弧を描きながらストロークする人など様々なのです。

要はボールをパターの芯で正確にヒットしボールに
順回転させる事が、できる構えを見つけることです。

 

構え方や正確にストロークすることや、両手のグリップの強さなど
その日によって、感覚が違います。

僕は、自分の感覚取り戻し、パターヘッドの重さを
感じ取るため、「右手一本打ち」で思い出すように
しています。

右手一本打ちでボールをカップに向かって数個つ事で
パターのヘッドの重みやグリップの強さなど、記憶が
蘇ります。
スクリーンショット 2016 11 02 12 45 01

パターをスムースに動かすためには 手や腕の力に頼らず
肩を中心とする上半身の動きを利用する方法が 最も望ましいのです。

それを呼び起こしてくれる練習が利き手一本で ボールを打つ
右手一本打ちドリルです。

普通は、正常なストロークを真似して正確に機械的に繰り返すことを
ほとんどの人がやっていますが、それよりも大切だと感じることは

はじめに言ったように、カップを見てストロークを、何回かしたら
その感じを忘れないうちに、同じようにストロークをすることです。

 

パットで大切な4つの事

大切な事とは・・・?

  • ラインを読むこと
  • 目的のところに打ち出すこと
  • 距離感
  • 何も考えなで打つこと

 

右手一本打ちをしてみると分かりますが、ボールを
打った後ヘッドの重さに、まかせヘッドがグラグラ動いても
以外にカップインします。

ヘッドの向きがどうだとか、色々考えないようにする事です。
そのためにはルーティーンが終わったら、ただ打つだけの
無心状態になれるように全て完璧「これで入る」と言い聞かせるのです。

大切なことは上記の4つ、のことがいつでもできるように
ルーティーンをしっかり練習し、本番ではしっかり身についた

ルーティーン通りにしたら何も考えずにボールを
ヒットすることです。

唯一考えるとしたら、パターの芯でヒットすることだけです。

 

パターはフィリーングで打ってみる

パターの名手は、ラインと強さの判断に神経を集中させて
全精力注ぎ込み、ほとんどのプロは、どんな動作をしたかは
意識していない。

大事なのは「フィーリング」出あり、体の各部をどう動かすか
チェックすることではないのです。

毎回同じ、ようにできない初心者にとっては、ストロークの
メカニズムやグリップをどう握ると、どうなるかなどを意識
することも意味はある。

基本動作を身につけるのには運転免許証を習得するために
教習所で動かし方や、止まり方、ハンドルの握り方を習って

運転免許を取った後、しばらくしたらハンドルを何センチ
曲げたら、どのくらい曲がるかは意識しないはず、フィーリング
で運転しているでしょう。

パターもイップスになったり入らなくなるのは
色々と考えすぎなのです。

 

距離感は・・・?
カップをみて素振りすれば距離感はつかめます、フィーリングを忘れないうちに
打てば合うはず。

合わないとしたら、パターを変えるべきです。
そのパターはフィーリングが合わないのです。

 

読み違いとストロークのミスを区別する

パットが左右に外れた場合、読みに問題があるのか?
ストロークに問題があるのか、自分自身で感じ取る。

読みが間違っている場合は怖がることはない

コースを回っているうちに、傾斜や、グリーンの速さがわかって
くればラインに乗るように距離感だけを合わせれば良い

この時点ではパットが入る、入らないは気にしない
正しいストロークができているのだから、3パットだけ

しないよに距離感重視でいけば良い。

あとは曲がり幅を大きめすぎたのか?、少なすぎたのか?
調整すればいずれ入ってきます。

ストロークが悪かったり、パターの芯でヒットできない時は
短いパットも不安になり、問題が多くなります。

 

ストロークのミスの場合・・・?

ボールの転がり方から、どこを修正すると良いかがわかります。

左に外した場合は、ボールの位置が、体から遠すぎて手の位置が
下がっていた可能性が高い。

ボールより体の位置がボールから遠くなるとパターヘッドの弧うが
いつもより極端になりフェースが閉じたりして左に引っ掛けやすくなる。

体の位置をボールに近く立つと左に引っ掛けにくくなる。

 

狙い目より、ストレートラインが右に行く・・・?

この場合はパターヘッドのロフト角が立ちすぎているか?
パターの中心よりトゥー側に当たって右に言っているか
どちらかです。

ロフト角が立ちすぎている場合は・・・?
構えた時にグリップが、ハンドファーストになりすぎているか
ボールにヒットした時にロフト角が、立ちすぐているのです。

パターのロフト角が少ないパターはスウィングしにくいため
ほとんどの場合フェースが開いてしまいトゥーにあたり

右に言ってしまいます。

もしくは、右に行かないようにインパクト時に右手を返すように
ストロークしてしまう悪い癖が出ます。

ロフトのあるパターを選びなおすか、ハンドファーストに
ならないように打つかです。

パターのトゥーでよりで、ヒットしている場合は・・・?
パターの芯でヒットするようにします。

ボールと体の位置も確認します。

それで問題解決になります。

いずれもボールの転がりを見ると転がりが悪く
最後のひと転がりの伸びがありません。

まずはパターの芯でヒットしボールに順回転が多く
なるように打つ練習をすることです。

どうすれば転がりの良いボールになるか試して見る
転がりの良いボールは玉突きのようにボールの中心より

ボールの真の少し上にパターのロフト角通りに当てることです。
レベルブロー、アッパーブロー、ダウンブローなど打ち方を試すのです。

 

 

スクリーンショット 2015 08 11 14 25 33

そのためには、自分の構え方とライ角や、ロフト角

ボールをヒットした時の感触など、いろいろ試して
パターを選んでほしい。

 

パットを良くするには・・・?

ストロークの練習やカップインする成功例をいっぱい経験して
自信を持つことは大切ですが

最も大切なことはルーティーンを何回も身につくまで練習することです。

正確なルーティーンを身につけると、ボールの位置や、体との
距離感、安定したスロトーク、そして無心になれることです。

 

ゴルフの半分以上はメンタル

正しいラインを読むことも大切だすが、”正しい強さで
ヒットする方”が大切です。

いつも一定の強さでヒットする。
それは、30センチオーバの強さです。

ラインをしっかり読めたとしても、強さが変わると
曲がりは変わります。

当然強く打てば曲がりは、少なく、弱く流し込むように打てば
曲がり幅は大きくなります。

カップより30センチオーバの強さで打ちましょう。

スクリーンショット 2014 06 27 18 42 41

 

パッティングでショートは絶対行けない、しかし、45センチオーバも
行けないのです。

ストロークの練習をするより、ラインを見ながらラインどうりに
ボールを転がすことに練習の時間の半分以上をあてましょう。

 

 

ー スポンサード リンク ー

この記事を読んだなら、以下記事もおすすめ!

*
*
* (公開されません)

Return Top