ゴルフ初心者上達案内

パッティングの重要性

 パッティングの重要性

ゴルファーがプレーしたショット数をクラブ別に分類すると,
パット数は全ショットの43%に達しています。

パッティングの上達がスコアメイクの最も確実な方法と言えます。 パット練習

 スコアによる平均パット数

70台のスコアでプレーするシングルプレヤーやプロの場合、
パット数は平均30パット程度です。

スコアが85のプレイヤーは平均パット数が35位です。

そしてスコアが95のプレイヤーは平均パット数が 38位になります。

現実に競技では,スコアの約半分をパットが占めると言って 良いと思います。

いかにパットのミスによりスコアを悪くしているかが分かります。

シングルクラス特にハンディー5以下になってくると、
パターの練習量が半端なく多くなってきます。

それはスコアメイクするのはパターしだいと言うことが 分かっているからです。

 

パターのでき、不できでスコアが決まる

パット次第でパーを拾う事ができるという事実、
他のクラブで、1ホールで1回ミスをしとしても、
バーディーチャンス が残されています。

しかしパターを失敗すると、取り戻す事のできない ストロークを
失う事になります。

つまりワンンストローク追加して、もう一回パターをする事
になり, その数が増えれば増えるほどスコアが悪くなります。

もしあなたが正確で,信頼できるパティング・ストロークを
身につけ、できるようになれば、パットがへたなプレイヤー
よりも、がぜん有利になります。

まずアイアンのアプローチショットをピンのそばにつける
ギャンブルをしなくてすみます。

これは精神的に有利にスコアメイクする事ができ どのクラブも
平常心でスイングする事ができます。

グリーンの中央にまず乗せればツーパットもしくは ワンパットで
ボールをカップインさせる事ができます。

パティングに自信が持て入れば、ティーショットでの
プレシャーも少なくてすみます。

たとえミスショットをしても,パターで挽回する事が可能に
なります。

統計によるとスコアメイクの約半分が,パティングの
腕次第になると言えます。

パターの腕前が良いと言う事は,計り知れない恩恵を受けるのです。

逆を言うと1メータ以内の短いパットを失敗するとドライバー、
アイアン、スイングにもプレシャーを感じアプローチも
ワングリップ以内に近づけないと安心出来なくなり
無理して 攻める事になり結果的には,スコアを崩す事になります。

優勝を決めるのは,外してもおかしくないような大切な パットを
決めた人が優勝する事になります。

タイガーウッズなどはこの様な状況で,奇跡的なパットを
カップインさせて優勝を勝ち取って来た事は多くの人が知っている事です。

 

パットをする時が一番メンタルに 影響を及ぼします。

パットは3人のメンバーが立って、あなたのパットを見ている 前で、
する事になりゴルフで最もプレシャーを感じる場面でもあります。

だからパットが打てなくなる『イップス(Yips)』 と
言われる様な症状が出てきます。

ゴルフを例にして症状を簡単に説明すると、このようになります。
腕が動かなくなり、ヘッドをコントロールすることが出来なくなります。 イップス 自分の考えている事が、体に伝わらなくなり、体が動かなく
なったり 緊張のあまり動かそうとして、強く打ちすぎて
しまったりします。

ゴルフではパッティングで緊張過剰などによりスムーズに
ストローク できなくなり、手が動かなくなって打ちそこ
なったりします。

これは、完全にイップスの兆候です。

あなたのパティングの腕前が全ショットに大きく影響を
あたえ、スコアをまとめるのに影響を与える事が
お分かりいただけたと思います。

プロやシングルプレイヤーに取ってパターの練習が一番大切に なってきます。

 

ー スポンサード リンク ー

    ー 商品 リンク ー  
ゴルフ場 予約 検索
★ 超!直前割  ★ 格安 (HOT PRICE)
★ 得割り (来月用) ★ 早割り (その先用)
   
URL :
TRACKBACK URL :

*
*
* (公開されません)

Return Top