ゴルフ初心者上達案内

ー スポンサード リンク ー

ゴルフ アドレス時のグリップ(両手)の正しい位置とは?

アドレス時のグリップの位置

スクリーンショット 2018 11 17 14 27 46
photo credit http://perfgolf.com/articles.php?lng=fr&pg=106

 

アドレスでのチェックポイントと言うと、グリップの握り方や膝、肩、腰のライン、前傾角度などと言われています。

 

しかし意外と大事なのがグリップの位置です。

 

ここで言うアドレス時のグリップ位置とは、構えた時のグリップの位置のことです。

グリップの位置は、左足太ももの内側の前

よく言われるのが、グリップの位置は、左足太ももの内側の前が良いとされています。

 

このグリップの位置が変わるとスイングも変わってしまって
ミスショットの原因なります。

 

例えば、グリップの位置が、右(体の中心に)により過ぎると(右利きの場合)スイングがアウトサイドインになって、引っ掛けやスライスになりやすくなります。

 

また逆に、グリップの位置が、左足太ももの内側の前より左により過ぎると(右利きの場合)スイングがインサイドアウトになってプッシュアウトやフックになりやすくなります。

 

両手の位置

基本的にはよく言われいるように、ボールを左脇の下延長線上に置かれた場合グリップの位置は、左足太ももの内側の前になるのが基本です。

 

そこからボールを打ってみてミスの出具合によって両手のグリップ位置を左右にずらして自分のグリップ位置を探します。

 

もう一つ大切なことは・・・?
それは、グリップを握ってから、左足太ももの内側の前に持ってくるのはNG(ダメ)ということです。

 

そうではなくて、左足太ももの内側の前に両手を持ってきた後にグリップを握るようにします。

 

グリップを握ってから、両手の位置を変えても、インパクトではまだフェースが開くということもあります。

 

前後のグリップ位置

今度は体からグリップをどの程度離すといいか・・・?
という前後のグリップの距離間について考えてみたいと思います。

 

  • 両手が体に近すぎる。
  • 両手が体から離れ過ぎている。

 

この様な状態だと、思うようなショットは打てなくなります。

 

では、どの程度離れたら良いのでしょう、グリップエンドから体までの距離がこぶし1個半から、2個程度が良いとされています。

 

スクリーンショット 2018 11 17 14 28 03
photo credit http://perfgolf.com/articles.php?lng=fr&pg=106

 

もう一つの、基準としては、あごの下に右手が来るようにしてみるのも一つの目安です。

 

国内外のトッププロのアドレス時の両手の位置を見てみると、殆どのプロがアゴの下に右手グリップがきています。

 

それよりも右手グリップが前に出ているプロはいません。

 

アマチュアはアドレスでのグリップ位置など対して気にしておらず、まちまちです。

 

グリップ位置は、どの位置でグリップしてスタンス幅を決めるか?また前傾姿勢をどのように取るかにによっても変わってしまいます。

 

前傾姿勢

前傾姿勢を、プロの多くは両足の付け根から前傾します。
アマチュアの方の多くは、腰から上半身を前傾させています。

 

腰からではなくて、両足の付け根から前傾するような形にしてみると、自然と両手も体から適度に離れます。

 

いろいろなグリップ位置で試してみて、自分のベストなグリップ位置を確認して毎回チェックすることが大切です。

 

また、打つ球筋によってグリップ位置を少し変えてみるのもアリだと思います。フェードを打とうとした時、逆にフックしてしまったり、ドローを打とうとしてスライスしてしまう「逆球」も、グリップの位置が原因なのかもしれません。

 

 

ー スポンサード リンク ー

*
*
* (公開されません)

Return Top