ゴルフ初心者上達案内

脱力のゴルフ・スイングへの考え方

脱力のゴルフ・スイング

スポーツににおける脱力の重要性は誰しも言っていることです。

 

多くのスポーツ選手がパワーやスピードを求めるために
日々強靭な肉体を得るためのトレーニングをしている。

 

他方でスポーツの中で力まないということが、いかに大切かも
指摘されている。

 

この2つは一見矛盾しているように思えるのですが、この2つの
要素は連携するもので、殆どの運動競技の中でパワー・スピード
と脱力は不可欠なポイントとなっています。

 

水泳、短距離ランナー、野球のピッチャー、スピードを
争うためには力まないことでスピードが出ることを口にしている。

 

ゴルフも、今やジムで筋肉をつけたり走ることで足腰を鍛えるなど
またケガをしないためにもストレッチの重要性も言っており
 

試合前のストレッチやウォームアップは欠かさない。

 

野球のバッティングやゴルフのショットもガチガチに力んで
パワーで飛ばそうするよりも力みを失くして(脱力)して

 

スウィングしたほうが効果的に飛距離を伸ばすことが出来る
と言う。

 


 

脱力のゴルフ・スイングへの考え方

多くの人が脱力と言われてもどのタイミングで脱力するのか?
またパワーは何処で入れるのか?

 

中々プロに説明されても、本で読んでも動画を見てもわからないのが現実です。

 

ゴルフでは どんなところで どのように脱力のテクニックを使えば
スウィングパフォーマンスのアップにつながるのだろうか?
 

 

脱力とは?

単に脱力と言っても脱力には2種類考えなければならない

それは・・・?
 

  • 静的脱力と
  • 動的脱力だ

 
何のテレビの実験かは、忘れたがボクシングのパンチは早い
スピードとパンチが当たる瞬間に手と腕の力を抜いて
掌を開くような動作をするのが兆スローモーションで紹介されていた。

 

もちろんパンチだけでは無く、野球のピッチャーも、腕をムチのようにしならせ
手首を投げる瞬間に柔らかく解き放す

 

これが正確でスピードを上げる方法なのです。
 

 

ゴルフでは、どのように応用するのだろうか?

まずアドレスでは、体全体に不必要な力が 入らないようにする
ことは 誰しも指摘するところです。

 

特に、肩や腕の力を抜くこと、そして クラブを握る グリップも含め
アドレス時の姿勢とセットアップにおける脱力が良く言われる。

 

アドレス時の脱力を 仮に「静的な脱力」と言うとすれば ・・・
インパクト時の脱力は「動的な脱力」と言うことが出来ます。

 

その両方に注目することが まずは上達のキーと言えるでしょう。

 

脱力と言っても体のチカラを全部抜いて良いわけではなく
ただしグリップや前傾姿勢、脇の締りぐわいなど、自分がいつも

 

作っているアドレス(ポスチャー)を完成させたら
空手家やカンフーで息をはく動作を見たことがあると思うが

 

息を吸って吐いたときのような脱力感なのです。
 

 

屈筋と伸筋のバランス

運動で使う筋肉には・・・?
 

  • 屈筋と
  • 伸筋がある

 
関節を曲げる筋肉が「屈筋」であり、関節を伸ばす筋肉が
「伸筋」なのです。

 

ゴルフのアドレス時には 体を前屈するために腹筋(屈筋)に
ある程度の力を入れ同時に 背中を伸ばすために背筋(伸筋)にも
適度な力を入れる必要があります。

 

それらがバランスして 始めて 正しい姿勢が取れるのです。

 

ボクシングのパンチはこの屈筋と伸筋をバランス良く使い
スピードとパワーを出すために脱力するからこそ相手を倒すほどの

 

強いパワーが生まれるのです。
 

 

ゴルフスウィング時の脱力のタイミング

なんとなく脱力の意味は理解できたと思いますが・・・

 

脱力するために、頭で理解できても、実際のスウィング動作では
なかなか理解出来ない、難しいのです。

 

やはり、これには素振りや、実際ボールを打つことでしか
身につけられないでしょう。

 

しかし頭で理解することで練習過程では試すことはできます。

 

多くのゴルファーが一番、力みやすいタイミングですが
それはクラブをトップスイングに持っていき

 

いざ、飛ばそうと振り下ろし始める瞬間ではないでしょうか?

 

実際は、この振り下ろし始めるタイミングでは絶対
力んでは
いけないところであり、スウィングで脱力する
タイミンは、この瞬間なのです。

 

この瞬間にチカラが入ってしまうと、さまざまなミスショットが
出てしまいヘッドスピード落ちてしまいます。

 

この瞬間に意識すべきは、シッカリと脱力してグリップと
クラブヘッドを同時に落とすようなイメージで行います。

 

と言っても、これまた一瞬のことですので理解が
難しい事になります。
 

 

パワーを入れる箇所

ゴルフスイングの基本は、リラックスした状態でスイングすると
安定した飛距離が出てスイングフォームもスムーズになるのですが

 

全て脱力すれば良いと言うことではありません。

 

正解は・・・?
「力を入れて良い所」「力を抜く所」とで、分かれています。

 

ゴルフのスイングはリラックスした状態でスイングするのが基本ですが

 

あるタイミングで力を入れる事によって、ボールに体のパワーを
ダイレクトに伝える事ができます。
 

 

力を入れるタイミング

ゴルフスイングで唯一力を入れて良いタイミングは何処でしょう。

 

画像を見て説明します。
トップでの段階では脱力しています。

 

スクリーンショット 2017 01 09 14 28 14

 
トップからの切り返しで飛ばそうとチカラが入って、しまいますが
決して腕にチカラは入れません。

 

スクリーンショット 2017 01 09 14 46 29

 
下の画像の、腕の位置までは脱力して・・・

 

このタイミングでリストターンが始まり
このタイミングから力を入れ始めます。

 

マキロイのダウンスウィング

 
最後のインパクトの瞬間には、すでに力が抜け始めている状態になります。

 

インパクトの瞬間チカラをゆるめる

 

チカラを入れるタイミングは非常に短く・・・タイガー・ウッズが以前
インタビューで、このように言っていた。

 

「スイング中グリップの力は変わらない。でも意識的に変わらない
のであって、正確に言えば無意識の中では変わっている」と
話している。

 

脱力してこの一瞬のパワーを入れるタイミンは練習して
つかむしか無く静止画をイメージしてもスウィングが
ギコチなくなるだけです。

 

インパクトの瞬間に力を抜いていないと、せっかく力を入れてクラブを
しならせたクラブが、戻りきれないままインパクトを迎えてしまいます。

 

結果飛距離が出ないようになってしまう。

 

逆しなりと、言うのはインパクトの瞬間、力を抜いた時に始めて
その威力を発揮するのです。

 

 

トップからの切り返しは何処でパワーを入れる?

アドレス時に出来た手首の角度は程よいグリップ力でキープし
両腕は脱力して、トップでの切り返しも脱力したままにする。

 

では腕は脱力したとして、何処を意識してタイミングを
合わせるのでしょう?

 

人によってタイミングのとり方は違うが・・・?
 
右脚の内側、側面で左に押し込む動作、もしくは・・・
少し体を沈み込み、左足を伸ばし左ヒップを回転させ るなど

 

それにリードされる形で回転する肩、その動きに合わせて
振る腕など、その関節周りの屈筋と伸筋のバランスの取れた
脱力が出来るように工夫してみると 新しい発見をする可能性がある。

 

ただ 力を抜くだけではなく、どのようなタイミングで筋肉をゆるめ

 

屈筋と伸筋を、どうバランスさせれば 望んでいる
パフォーマンスを生むのか色々と試行錯誤して見ては
いかがでしょうか?。
 

 

意識的な筋肉のコントロール

僕達の筋肉は緊張したりすると強張ったり固くなったりします。

 

ゴルフのショットを打とうと思った瞬間もそうなります。

 

そこで先程も言いましたが、一度チカラを入れた筋肉に
息をフット抜いて緩めると筋肉がゆるみます。

 

先日、テレビで格闘技を見ていた。

ブラジリアン柔術グレーシー、一族の格闘家の試合を見て
感じたことは・・・?

 

かなりパンチが強く、鍛え上げられた強靭な肉体そして、スピードを持った
相手と戦った。

 

お腹にも顔面にも強いパンチを受けていたが相手の体に
蛇が絡みつくように身体を柔らかく使い

 

下になりながらも、細かなパンチを相手の耳からコメカミに
かけて数多く浴びせていた。

 

上になりなりながらも結果的にパンチを出すことさえ、できずに
腕を決められ、ラジリアン柔術が勝ったのです。

 

柔術家は顔面に対して傷を、追うこともなく、ダメージが
少ないように見える。
 

これは打たれたパンチをスポンジで吸い込むように和らげる
柔軟性と呼吸法が受け止めているのだろ。

 

対して、相手は大きな破壊力あるパンチで仕留めようと大ぶりをし
なおかつ鍛え上げれれた、鋼のような肉体とスピードを持ちながらも
流血してダメージも多く、負けてしまったのです。

 

この試合で脱力して柔らかな肉体と急所を細かなパンチで
数多く打ち放したブラジリアン柔術に対して・・・

 

鍛え上げれれた強靭な肉体とスピードで一発でしとめる強い
パンチ力を武器に、全身のチカラがみなぎっているように見えたが

 

これらが封じ込められ負けてしまった試合になった。

 

強いパンチや鋼の肉体よりも、脱力した肉体と細かで数多く
効果的なパンチをだしたほうが有効的だと言うことです。

 

柳が強風に強いように、ゴルフも脱力と「コンパクト なスウィング」
が平均的飛距離アップと正確なショットにつながる。
 

 

脱力スウィング世界一 動画

腕の脱力がよく分かる動画です。
特にチカラの抜き方が参考になる。

 

 

 

韓国女子の動画

腕は脱力して、供しているのはタメが凄い!!
 

 

 

ローリー・マキロイのドライバー動画

男子プロ、Rory McIlroyのドライバースウィングスロー動画

 

 

 

ー スポンサード リンク ー

この記事を読んだなら、以下記事もおすすめ!

*
*
* (公開されません)

Return Top