ゴルフ初心者上達案内

ヘンリック・ステンソン プロのクラブセッティング

ヘンリック・ステンソン

Henrik Stenson(40)
2016年 全英オープン優勝
最終日のミケルソンとの戦いは歴史に残る名勝負だった。

今まであまり僕自身は知らなかったが、彼の正確なショットと
それを生み出すスウィング、体幹の強さと腕っぷしの強さは

今まで見たことが無かった。

ヘンリック・ステンソンHenrik Stenson(40)

最終日はイーグル、バーディーを奪い合うシーソーゲームのなか
ステンソンが10バーディー、2ボギーのメジャー史上最少スコアタイ「63」で

プレーし、同大会史上最少スコアとなる通算20アンダーでの見事なメジャー
初優勝となりました。

スクリーンショット 2016 07 22 10 14 31

 

ヘンリック・ステンソンHenrik Stenson(40)

 

生年月日 1976/04/05 年齢(40) プロ転向  1999年
出身地 スウェーデン・ヨーテボリ 身長 187.0cm
バイオグラフィ 欧州ツアーを主戦場とし、2001年の「ベンソン&ヘッジスインターナショナルオープン」で
ツアー初優勝を飾った。06年から米ツアーへの出場数を増やし、07年の「WGCアクセンチュアマッチプレー選手権」を
制して米ツアー初制覇。

その後はスランプに陥りながらも、13年には史上初となる
フェデックスカップ年間王者&欧州ツアー賞金王のダブルタイトルを戴冠した。

プレーオフシリーズにやたらと強く、15年の4戦は2位、2位、10位、2位という成績で
フェデックスカップランク年間2位に入った。

2016年「全英オープン」でフィル・ミケルソンとの激闘を制して
メジャー初制覇を飾った。

国籍 スウェーデン 体重 88.0kg
出身校 通算勝利 【米国 5勝】 (【海外メジャー 1勝】) 【その他 12勝】

ゴルフダイジェストより記載

 

ヘンリック・ステンソン のクラブセッティング

2016年、全英オープンで優勝したヘンリク・ステンソンのクラブセッティングが
紹介されていましたのでシェアします。

写真は2016年全英オープン時のクラブセッティング写真

スクリーンショット 2016 07 22 19 25 06

2016年  2016年全英オープン時のクラブセッティング

ドライバー ドライバーはキャロウェイXR16 ドライバーはキャロウェイXR16
(Oban Tour Kiyoshi 60X shaft), 9 DegreesCallaway キャロウェイ XR16 PRO ドライバー 日本仕様 9度 ツアーAD GP-6 S
FW&UT DIABLO OCTANE TOUR 3ウッド XCallaway Diablo Octane Tourフェアウェイウッド 13度Shaft: Grafalloy BlueDIABLO OCTANE TOUR
(キャロウェイ ディアブロ オクテインツアースプーン)は古いモデルですね。
2010年12月頃に発売されたクラブです。
FW:キャロウェイ XR 16 W4-18° シャフト:グラファロイBlue X
UT:キャロウェイエイペックスUTアイアン18°
アイアン キャロウェイゴルフ LEGACY BLACK LEGACY BLACK アイアン#2-9,PW
Shaft: Nippon N.S. Pro Modus3 120X
(+0.5 inches)
中古クラブキャロウェイゴルフ LEGACY BLACK
キャロウェイゴルフ LEGACY BLACK
ウェッジ MD3 Milled 52-10°S-Grind  キャロウェイ MD3 Milled 52-10°
S-Grind 58-8°C-Grind
Shaft: Nippon N.S. Pro Modus3 120X (+0.5 inches)キャロウェイゴルフ MD3 MILLED 【52-10】

キャロウェイゴルフ MD3 MILLED 【58-08】
パター オデッセイ ホワイトホット プロ パター #7 Odyssey White Hot XG #7H
オデッセイ ホワイトホットプロ パター #7
ボール  タイトリスト pro v1x タイトリスト pro v1x【メジャー使用率No.1】ゴルフボールタイトリスト,プロV1/プロV1x ボール 1ダース【日本仕様】

プロは頻繁にクラブ調整を行うため
実際使用するギアセッティングとは異なることがあります。

 

ヘンリック・ステンソンの飛距離やヘッドスピード

PGATOURサイトよりデータを抜粋しました。

全英オープンを見ていても、あまりドライバーを使いません。
殆ど、ティーショットを3番ウッド(スプーン)で打つています。

ですから、このデーターは3番ウッド(スプーン)でのショットデータかと思います。
しかし飛ぶし曲がらない、想い描いたところにボールを運んで行くのが
ヘンリク・ステンソンの強みなのかもしれませんね。

  • ドライビングディスタンス : 292ヤード
  • ヘッドスピード : 53.16m/s
  • ミート率 : 1.485
  • ボールスピード : 78.94m/s

 

ヘンリック・ステンソンの動画

ヘンリック・ステンソンのスイング動画です。

 

ヘンリック・ステンソンの優勝とトレーニング動画

スランプに陥って世界ランクを大きく下げた時期もあったが
2013年に米ツアー欧州ツアー年間王者に輝くなど見事な復活を果たした。

ドライバーに苦手意識?があり、ティショットは3番ウッドなどを多用する。

見ていて体幹の強い選手というのがわかります。
その体幹を鍛えるトレーニングが所々で見られます。

飛距離が落ちた人は、この体幹を鍛える運動は、参考になります。

何勝するか解りませんが、間違いなく活躍するでしょう。

 

 

ー スポンサード リンク ー

 

ゴルフ場 検索 予約
★ 超!直前割 ★ 格安 (HOT PRICE)
得割り (来月用) 早割り (その先用)

 

商品リンク(主要メーカー)

楽天 ゴルフ 商品リンク

この記事を読んだなら、以下記事もおすすめ!

URL :
TRACKBACK URL :

*
*
* (公開されません)

 

ゴルフ場 検索 予約
★ 超!直前割 ★ 格安 (HOT PRICE)
得割り (来月用) 早割り (その先用)

 

商品リンク(主要メーカー)
Return Top