ゴルフ初心者上達案内

競技ゴルフデビュー前の事前準備

オープン競技やクラブ コンペに出る時

競技ゴルフや、コンペ出場で良い成績、上位になりたいなら
前もっての準備が大切になります。

競技ゴルフは、自分の実力を確かめるのにも最適ですし、なんといっても
競技ならではの緊張感が、また楽しいです。

できれば前もって、そのコースでの練習ランドはしておきたいものです。
初めて回るのとでは大きな違になります。
 


 

スポンサーリンク

 

練習ラウンド

練習ラウンドが可能であれば、1番から – 18番ホールの攻め方を
あらかじめ考えておくのは普通です。

各ホールでは、ハザードの位置や OB ラインの状況などはもちろんですが
グリーンを外すとしたらどちらが寄せやすいか?

グリーンとグリーン周りの情報も要チェックします。
芝目の情報やバンカーの砂の状態などもチェックしておきたいものです。

レーザー距離測定器を持っている人は 競技の時にそれが使えるかどうかを
チェックしておくと良いでしょう。

使えない場合は グリーン中心から100ヤード以内、50ヤードと言った
各ホールの目印になるもの(木やバンカーなど)を記入しときます。

距離を 出来るだけ計測して 記録しておきます。

コンペに出場でしたら、ティショットして林に入れた場合
どちらの林が次、攻めやすいかなど許容範囲を知ることが当日
心に余裕を持って攻めることができます。

このホールは大叩きをした、それはなぜか?など・・・
スコアカード見てハンディキャップをチェックします。

難しコースの場合は、隠しホールになる可能性もありますの
調べておくだけでコース戦略が立てやすくなります。

 

準備の仕方

競技の前には 使用するクラブやボールがルール違反にならないことを
確認します。

紛らわしい素振り用の練習器具など入ってないこと、素振りをする為に使う
バットなどは、プレーヤーのプレーの援助に成り得るますので異常な携帯品
という扱いになります。

ゴルフバッグに入れて、携帯すること自体は違反ではありませんが
ラウンド中に使用した場合、ゴルフ規則14-3に基づいて失格となります。
間際らしいものは入れないことです。

携帯のゴルフアプリの使用も違反扱いになります。
競技中に、むやみに携帯電は触らないほうが良いでしょう。

バッグに入っているクラブの数が 14本以下であることです。

十分な数のティー、ボール・マーカー、グリーンフォークなどがあるかも
確認しましょう。

ボールは数字違いやボールマークなどつけておきます。

試合前の練習では、 競技でネガティブなイメージが出ないようにする。

また新しい打ち方を試したり、フォームの変更などをは、当日は絶対に
しないようにすることです。

もちろん持ち物のチェックや、雨が降った場合など事前に準備し
当日、不安がないようにしておきます。

競技に出る以上ルールは、確認しておく必要があります。

 

以外と大切なのは・・・食事?

前日に心がけるべき点は・・・夕食を何を食べるか、暴飲暴食は
次の日のプレーに影響が出ます。

スクリーンショット 2016 03 20 13 39 27

 

試合やコンペで当日に、実力をフルに発揮できるには、試合に合わせた
食事と水分補給がポイントです。

トップレベルのサッカー選手やラグビー選手は、試合前日の夕食から
炭水化物の豊富なカレーライスや、ピザ、パスタなどを好んで
食べているようです。

僕自身はプロテニスプレーヤーのジョコビッチの生まれ変わる食事
を読んでから小麦粉、特に(グルテン)が含まれる食品は
食べないようにしています。

また運動する前は脳を活性化させ、胃に負担がないようにしてみたら
逆に体力アップにつがったのです。

前日はグルテンフリーの、炭水化物を効率よくエネルギーに変えるビタミンB1
(豚肉、うなぎの蒲焼、豆腐など)も併せて摂ると、よりパワーが発揮できます。

試合前夜は、普段よりもご飯を1杯多めに食べたり、寝る2~3時間前に
おにぎりを1~2個食べるようにし、グリコーゲンの材料を積極的に
摂るよう心がけています。

なるべく早い時間に食べて睡眠をよく取ります。

当日の朝

試合当日は、普段通りに食べ慣れた物を食べるのが理想です。

スクリーンショット 2016 03 20 13 28 49

試合開始までに3~4時間ある場合は、ご飯茶碗1杯+豆腐とワカメの味噌汁+
ハムエッグ+ブロッコリーなど、おかゆなど、良いと思います。

ようは特別なものを食べて、お腹を壊さないことが特に大切です。
人によっては、ストレスでお腹を壊したりします。

ゴルフコースで下痢は最悪です。

朝食はコースに出る前には消化せれているように
考えて取るべきです。

食べる時間や食べる量など、最も自分の実力が発揮出来る
スタイルを作っておくと良いでしょう。

コースで朝食とって消化する前にティーショットするなど
した場合パホーマンスが下がります。

 

その他、気をつけること

またコースには二時間前には到着するように時間を見ましょう。
練習場に行く前に軽くストレッチをします。

あまり筋肉を伸ばしすぎるとショットは乱れます。
ほどほどがよいです。

前の晩タイ式マッサージなどで筋肉を伸ばしすぎると
ショットが乱れます。

 

当日体が重く感じたら・・・?

当日体が重く感じたら、前の晩の夕食が原因と思って
間違いありません。

プレー前日の夕食と晩酌はほどほどに・・・
消化器系に負担をかけないものがベストです。

それでも重く感じたら・・・?
体が重いのはようは脳や体の隅々に血液が十分回っていないので

体を温める軽いジョギングや運動をします。
練習場で軽いストレチの後素振りをするなど心拍数を
120ぐらいにあげ血流を増やしてあげると良いでしょう。

体が温められた状態で、朝一のティショットを迎えると
程よい緊張感でパフォーマスが向かえることができます。

2~3ホール回ると、朝一のティショットが緊張したのが
嘘のように平常心でプレーできてる経験があると思います。

それは体が温まり血流が良くなったからなのです。

 

健康もゴルフも、仕事も「血流が」左右する

有酸素運動がいかに大切かは、ジムに通っている人なら
わかるはず。

スクリーンショット 2016 03 20 13 50 04

体が重い日でも、初めにエアロバイクなどを30分ぐらいした後は
体が柔らかくなり、次にハードなトレーニングをしても体への負担が違います。

プロゴルファーはトーナメント会場にフィットネスクラブが
設置してあり、軽く有酸素運動をしてから練習することを
ご存知でしょうか?

それはプロにとって有酸素運動がいかに大切なことか
理解しているからです。

自分の細胞は約60兆個もあり、その細胞一つ一つに良質な血流を送る事、
それがベストなパフォーマンスを呼び起こす
事だからです。

血液の質と血流を高める事、それが肉体の健康には
必要なのです。

ようはゴルフをうまくなるように努力する事で健康てきに
なれるのです。

 

朝一のティーショット

アマチュアが一番緊張をして失敗するのが、みんなが
見ている朝一のティショットでしょう。

スクリーンショット 2016 03 20 13 23 39

もちろん普段からやっているルーティン通りにすれば良い結果が
出るはずですが、それでも緊張します。

 

旧ソ連軍が取り入れていた・・・呼吸法が大切?

戦争の極限状態でも平常心を保つための呼吸法です。

やり方は、鼻から息を吸いながら全身の筋肉に力を
込めます。

意識的に体のすべての箇所を緊張状態におくものです。
息を吸いながら緊張してない箇所がないかを探すのが
ポイントです。

全身が緊張状態におくことができたら、一気に今度は息を吐き
全身をリラックスさせます。

これを何回か繰り返すと、緊張状態から脱出できます。

人前でお話する時など、緊張したら、思い切り手の親指を
他の指で強く握りしめ、ゆるめてリラックスさせるのと似た方法です。

ですから、パットで緊張した時など、パットのグリップを
思い切り強く握り、緩めるこれを2~3回するのも良い方法です。

結構緊張が取れ平常心で臨めます。

 

昼食(ランチタイム)

ランチでカツ丼など消化の悪いものを腹一杯食べるのは、
午後からのプレーに差し支えます。

シングルプレーヤーは殆どの人が軽いものを少しだけとります。

中にはプロのように食べない人もいます。
自分で持って来たバナナなど食べ、パット練習をしていたりします。

パーティーの時、好きなものを食べれば良いのです。
とは言っても筋肉も内臓も疲労しています。

ですから消化吸収の良いものを食べましょう。
日頃から考え、食を摂るように気をつけていると、体の健康が
ますます良くなり体力がつきます。

本来ゴルフは、日本のようにハーフで食事はしません

日本のようにランチでクラブハウスに戻るような設計は
少ないのです。

 

疲労回復のカギを握る試合後の食事

競技終了後の食事や飲み物・・・
運転する人に取って帰りの運転は疲れが出やすいので
眠気が出ないように、僕のオススメは「ハニーミルク」です。

ハチミツを取ると疲れが取れて眠気もとれます。

試合が終わったからと言って、疲労を回復するための
手段を全く講じなければ、その後の練習や会社勤めに
支障をきたします。

試合は筋肉だけでなく、内臓も披露しているのです。
消化吸収しやすいものを、バランスを考えて食べるだけで
全然違います。

 

疲労回復のカギを握る試合後の食事

試合後の栄養補給の目的は、蓄積した疲労をいち早く回復させることにあります。
そのため試合後はなるべく早いタイミングで炭水化物と水分を補給し

バランスのとれた食事で心身の疲れを取ることが大切です。

ロッカールームで果汁100%のオレンジジュースを飲んだり、バナナと牛乳を
軽く補給すればグリコーゲンの回復も効率よく行われます。

競技後は筋肉の修復に欠かせない、たんぱく質や、各種ビタミン、ミネラル
など積極的に摂る必要があります。

食事を気をつけるようになってから・・・?
食事を気をつけるようになってから1年以上が経ちますが

中でも、僕がいちばん嬉しかったのは、18ホール、回っても
疲れない体になったことです。

食事は大切です。なんせ貴方の体や思考は貴方が食べた食事で
できているからです。

 

 

ー スポンサード リンク ー

    ー 商品 リンク ー  
ゴルフ場 予約 検索
★ 超!直前割  ★ 格安 (HOT PRICE)
★ 得割り (来月用) ★ 早割り (その先用)
   

*
*
* (公開されません)

Return Top