ゴルフ初心者上達案内

ゴルフ パット 旗竿がある方がいいのか?無い方が入るのか?

パットの旗竿の新ルール

2019年からの新ルールになって グリーン上でも 旗竿を立てたままパットができるようになった、旗は 残すべきか、抜くべきか、どちらが有利なのだろうと言った疑問が湧く。

スクリーンショット 2019 08 14 13 11 04

多くのプレーヤーは旗竿を抜かずにプレーするケースが多くなっているが・・・

はじめは、習慣からか、旗竿を抜かずにプレーすることへの違和感があった、今やプレーの進行上も早くできて、特にセルフプレーの場合は、便利に感じる。

果たしてどちらが有利なのだろう。

スポンサーリンク

旗竿を抜く派? 抜かない派?

プロの試合を見ていると 短い距離のパットは 、ピンを抜いてパットをしている人が多いように見える。プロを見ていると近い距離は、ピンは抜いた方が有利と思っている人が多いように思う。
 

  • 実際のところ旗がある方がいいのか?
  • 無い方が入るのか?

 

  • 旗に当たると弾かれる
  • 旗が無い方が入る
  • 旗に当たって得するケースは強すぎるミスショットした時だけ?

 
と思っていたが・・・・?

 

デシャンボーの研究によると

デシャンボーの研究によると「旗を抜かないほうが入る」といった話を聞いた。そのせいか抜かないでプレーするケースをよく見る。

プロの場合は・・・?
1m以内はピンを抜いてロングパットの時は抜かないプロが多い。
 
超高速の難しいグリーンに 硬めのポールの旗竿という条件でプレーをすることの少ない アマチュアの場合は パットの距離に関係なく「残した方が有利」という考え方がほとんどだ。

 
デシャンボーによると・・・旗の素材が大きく影響するようで、金属などの硬い素材の場合は弾かれるので、旗が無い方が入る。旗の素材がカーボンなどの軽い素材の場合は弾かれないので、旗があった方が入るとのことです。

 

カップと旗竿・ボール

規定で決まっていることは、「カップ・旗竿・ボール」のサイズに関わることです。

 

スクリーンショット 2019 08 14 12 11 16

カップは 直径 4.25 インチ (108mm) で 旗竿のポールの直径は 約 0.5 インチ (12.7mm) で 図のように、 ボールは 直径が (42.7mm )程度だから 旗竿があってもそれが垂直に刺さっていれば 約 5mm の空きがあり、カップの中に余裕を持って入るようにできている。

 
ボールは、カップの中に余裕を持って入るようになっているので、旗の材質が極端に硬い場合は 別にしても 、ボールがカップインする可能性は、旗がある場合 、入る確率は高くなると考えられます。

 

メリットは?

メリットは・・・カップの位置が見えやすいだけでなく、旗があることで遠近の感覚が出やすいす。もちろんロングパットだけでなく、ミドルパットも距離感が合わせやすい。

入らなかったときもポールに当たることで、次のパットの残る距離が短くなる。

また旗竿を残すことは・・・プレーが早くなる。新ルールですが、遠い人から先にプレーするという順番に拘らずに、準備ができた人からプレーしてよくなりました。

待つ必要がないので近くても遠くても、準備ができた人が、先にプレーしやすくなったのです。

イメージの違い?

「カップに入れる」ということは「穴の中に落とす」というようなイメージになりやすい。「カップに入れる」より「旗竿に当てる」の方が しっかりと打てるのでショートするケースが少なくなり、カップインの確率が多くなる。

旗竿の影が利用できる場合、旗の影が線になって打ち出し方向を合わせやすくなり かなり有利になります。

デメリットは?

旗を立てたままだとボールが拾いにくく、カップの縁を痛めやすい。

 

スクリーンショット 2019 08 14 12 43 31

風で、旗が手前に傾いていると弾かれそうな感じがします、しかし以外に入ります。

研究によりと風が強く、旗竿が傾いても「狭くなる」または「広くなる」のは、ゴルフボールのディンプルの大きさだけとわかり大差はないのです。

旗竿が大きく傾いていたり 風で激しく揺れたりしていない限りは、日本のコースは 柔らかなポールの旗竿が一般的ですから 極力 残してプレーすべきです。

最初は 違和感があっても すぐに慣れます。

逆に、旗竿の影が出ているケースでは、風が吹いていると、その影の線が揺れるので打ちにくい。そんな時は抜くことです。どうしても、旗を抜かないと練習しているみたいな感じがするという人は? コレもなれの問題だ。

 

まとめ

アマチュアがプレーするようなグリーンでは、旗竿を挿したままプレーするほうが利点が多い、気になるならプロのようにショートパットだけ抜けば良い。

なれてしまえばショートパットも視界にピンが入り打ちやすく、ピンの位置がわかり入れやすいかもしれない。

 

 

ー スポンサード リンク ー

この記事を読んだなら、以下記事もおすすめ!

*
*
* (公開されません)

Return Top