ゴルフ初心者上達案内

ゴルフ、技術や道具を変えてはいけない理由

誰でもパターはよく買え変えている事実

ゴルフをする人でパターを一つしか持ってない人は
僕の知る限りいません。

一緒に回った人がパターがよく入り、自分が入らなかったとすると
相手が使っていたパターを試したくなり、買え変えてしまうのが
人間の心理です。

またそれだけ買い換えやすい金額なのかもしれません。

しかしパターの上手な人でパターをコロコロ変えている人
見たことがありません。
 
スクリーンショット 2016 08 06 15 06 12

 
パター上手な人は、年季の入ったいい味をを出したパターを使っています。

 


 

技術や道具を変えてはいけない理由

僕も始めはドライバーやパターは頻繁に買い換えていました。

しかし特にパターに関しては、若いころから買い換えるの
やめにしようと思い、一生使えるパターをと思い、当時高額な

パターを購入して使用していましたが、その後パターの事が
分かり始めてから2~3回買い換えてしまいました、それ以来

買い換えていません。

それはこのような記事を読んでからです。

 

自信を回復させるために技術や道具は変えない

女子プロのサンドラ・パーマが全米女子オープンに出る時
あまりにも早いグリーンで、あんな早いグリーンでパッティング

できるのかと神経が過敏になって、ストロークを変えたほうが
いいのか?と心配になりコーチに電話したそうです。

コーチはサンドラが優れたパットをすることは日頃から
わかっていたので、自信を取り戻すことが大切だと思い

「そうだねサンドラ」とコーチは言い「グリーンがそんなに速いのなら
いつもより、少し力を抜くと良いかもしれないね」とアドバイスしたそうです。

それだけで十分だとコーチは感じていたそうです。

グリーンの早いコースでプレーする場合、いつもより重いパターに
変えるべきなのではと生徒によく尋ねられるそうですが・・・?

いつもより”早い、遅い”グリーンに行く場合でも、普段使っている
お気に入りのパターで通すべきと言っております。

いつもと違うパターよりも、いつもと違うグリーンの
感触を捕らえるほうがずっと楽なはずだからです。

このことからすると、石川遼プロ日本で活躍した頃は
パターとアプローチがむちゃくちゃ上手い選手だと
思っていました。

アメリカに行き、アプローチやロングパットを
よく入れているシーンを見かけましたが・・・

よくパターを変えているシーンも目にするようになり、それからは
低迷を続けています。

スクリーンショット 2016 08 06 15 23 29

 
これも色々な不安からパターを変えているのでしょう
これは間違った選択です。

道具や今まで培った技術は変えては行けない事だと言えます。
技術を芝やコース環境によって、増やすのは良いと思いますが

若くても技術や道具は変えては行けないのです。

 

変えてほしくない松山英樹プロ

松山英樹プロも独特なスイングの間や、パターのスタンス
変えないで、やりぬき通して欲しいと思います。

そう言う意味では、おススメコーチはブッチー・ハーモンです。

彼はその選手の特徴を生かして、無理やりスウィングを直させる
ことは、しないコーチだからです。

僕も何回もスウィングを変えて道具を変えて失敗し、スコアを悪くした
かわかりません。

細かな技術にとらわれずスウィング改造をせずにいたら
かなりレベルは上がったように思います。

ゴルフは練習量とコース経験です。

 

女子プロのサンドラ・パーマの記事読んで
感じたことは・・・?

パターに限らずゴルフ道具は、自分に合った道具を選んだら
その道具を使いこなす練習をしたほうが、早く良いスコアを

出すことができるということです。

もちろん道具を、鉛やライ角など、微調整は必要ですが
道具と仲良くなる事が大切です。

ある程度の結果が出せるようになったら、スウィング技術や
道具を変えては、いつまで立っても、うまくはならないと言うことです。

道具を変えたからといって、飛ぶようになるとか、曲がらなくなるとか
いいスコアになると、言った事はあまり鵜呑みにしないこと。

道具を買え変えてスコアが良くなるなら、日本のプロはお金をかければ
メジャー大会で優勝できる事になります。

ゴルフメーカーが、あれだけバックアップしても、中々メジャー優勝
できない事が証明しています。

スコアを良くしたいのであれば、練習と道具を使い込む事
そしてコース戦略です。

 

 

ー スポンサード リンク ー

*
*
* (公開されません)

Return Top