ゴルフ初心者上達案内

【スコアをよくする方法】ゴルフ ボギーオンのすすめ

スコアをよくする方法

100を切りゴルフとか、90台で常に回りたいと言った事を
よく聞きます。

スコアをよくするには、いろいろな方法と何を重点的に
練習するかなど、いろいろ課題はありますが、僕がおすすめするのは
ボギーオンのゴルフです。

18ホール全てボギーオンして2パットでも90になります。
数回でも1パットでパーを取る事ができれば90が切れる事になります。

 


 

常にボギーオンを行えば、パーが取れるようになる。

最近練習がほとんど出来ない僕にとって、とりあえずボギーで良し
と言った考えでゴルフをするようになった。

そうする事でパーも取れコースの攻め方が変わってきたのです。

練習やコースに行く回数が少なくなったことで、見えてきたゴルフの
違った境地が開けてきました。

 

ボギーオンのゴルフを考える

まず・・・・
 

  • ボギーオンとはパー4では、3オンする事です。
  • ロングホールでは、4オンする事
  • ショートホールは確実に、2オンする事です。

 
これがボギーオンのゴルフです。
ボギーオンする事が大きなテーマになります。

パーオンを狙ってボギーで良しとするものではありません。
3オン2パットのボギーを重ねていく事です。

ここで幾つかパーが取れてしまうと、実際には80台が出てしまうのです。

最初から3オンのゴルフをすると楽な戦略で、ボギーでプレーができます。
それがパーを呼び込むのです。

3オン2パットですから、とりあえず寄せて「お先に」と言って
タップインする。そんなゴルフです。

これが1パットで入ってしまうとパーで上がれます。

 

気楽なコース戦略を可能にする

今の僕にとって一番良いラウンドは、気楽にスタートしてドライバーで
フェアウエーに行ってくれれば、良しと言った具合です。

最初のテーショットを気楽にドラーバーで打ってフェアウエイに行かないに
しても慌てる事はありません。

たとえ林の枝にかかったとしても2打めで無理にグリーンを狙う必要はありません。
グリーンを狙えたとしても、グリーンを外して次に寄せやすい方向はどこか?
と言った考えに立つ事ができます。

3打目もグリーンの中央に乗れば良いのです。
あとは2パットのボギーで上がるのです。

ショートコースはスコアを乱しやす設計です。ですから手前が広ければ
手前で良しとし、右に外すのがよければ右方向に外します。

徹底的に危険を避けるのです。

どこにピンが切ってあろうがグリーンはセンター狙いです。

スクリーンショット 2015 10 14 15 26 29

 
この気持ちでセンターを狙った結果カップ近くに寄ってしまって
パーが取れると言ったゴルフが、ボギーオンゴルフです。

 

計画的な3オン(ボギーオン)

3オンというのは、2オン逃しの結果3オンではないと言うところが
キーポイントです。

意図的な3オンという事です。

みんな本当は気ずいているはずだと思うのですが、2オン(パーオン)を狙うのに
かなり無理をしている事を、それでも2オンをねらって行きます。

2オンをしないとボギーになってしまうと勝手に思いこんでしまっているのです。

実際はアプローチが寄ってパーと言った経験も多いはずです。

ボギーオンには確かにアプローチは練習しておく必要があります。
僕の場合、以前かなりアプローチの練習を積み重ねたおかげで

当日コースに早めに行ってアプローチを少し練習すれば
以前より正確にはいきませんがグリーンセンターにのせるぐらいは
できます。

また練習場がないコースでも2〜3ホール回れば打てるように
慣れてきます。

 

優勝出来るプロ

最終日トップのスコアでスタートして1番ホールでバーディーが取れたにも
かかわらず結果的に優勝を逃してしまうプロをよく見ます。

解説者は1番バーディで出て行ったのがよくなかったと言っているのを
聞きました。

結局1番バーディーで心に余裕が出るはずなのに、攻める気持ちが
破滅を招いたのかよくわかりませんが、優勝経験のない人ほど

心に余裕がないのだと感じます。

プロを見てて思う事は、メジャーで勝った経験がある人は
他のプレーヤーの事を考えていません。自分のゴルフに徹しています。

いつものように、コースはこう攻めると言った攻め方をひたすら
集中しているように思います。

結果的にバーディーが取れれば優勝に成ると言った感じで余裕すら
見えます。

これはアマチュアにも当てはまります。

常にボギーオンすることに集中することで、ダブルボギーやトリプルボギーを
打たないことを心がけると、心に余裕が生まれるのです。

 

安全地帯にボールを運ぶ

OBは絶対打たないゴルフをする。
左右OBだとしたらOBに行かないクラブを選択します。

欲をかかずに楽に攻めて行くのです。

スクリーンショット 2015 10 14 15 23 17

 
パー5のコースでドラーバーでフェアウエイセンターにボールが行ったとしても
2打目はグリーンそばまで打とうと自信のない3ウッドなど、よほど広くない限り
持ちません、確実に4オン(ボギーオン)するクラブで攻めて行きます。

大きな失敗もなく、その変わりスーパーショットもありません

ゴルフは欲をかくと、ほとんどのケース失敗します。
これがスコアをまとめるボギーオンのすすめです。

 

ボギーオンゴルフ

心がけること・・・・?
「飛ばさない」「乗せない」「寄せない」「入れない」をいつも心がける
気楽にゴルフを楽しむ方法です。

このことは球聖たちのゴルフレッスン―最強の名手が教える技術と思考
の中でボビージョンーズも言っています。

スクリーンショット 2015 10 14 15 31 03

 
しかし、この心構えが「飛んで」「乗って」「寄って」「入る」ゴルフになるわけです。
これがボギーオンゴルフです。

このゴルフは欲を捨て、忍耐がいるゴルフでもあります。

ボギーオンゴルフは我慢のゴルフです。
自分の忍耐との挑戦でもあります。どんなにパーオンにかられても
ボギーオンにこだわるのです。

欲のショットはとは・・・?
林の中からどこに打つかと言いたケースの場合、横に出すのが安全な
ショットです。

狭い林の間を狙うのは、一か八かの危険なショットです。
迷わず安全なところに出す我慢のゴルフ

ゴルフの境地とはボギーオンゴルフにあるのかと思えるほどです。
これがゴルフと言うゲームの本質だと最近思えます。

忍耐と我慢が出来る人は、チャレンジしてみてください。

あなたにとって良いスコアは約束されます。

 

 

ー スポンサード リンク ー

   

ー 商品 リンク ー

         

この記事を読んだなら、以下記事もおすすめ!

*
*
* (公開されません)

Return Top