ゴルフ初心者上達案内

バンカーショットの打ち方、知っておきたい基本

バンカーショットの攻略

バンカーを苦手にしているアマチュアは多い、「大変難しいショット」と言う
先入観を持たれているようだ。

しかしプロやトップアマでは深いラフより、なれてしまうとやさしいという。

グリーン周りのバンカー・ショットは 砂が飛び散るパワーを利用して ボールを
柔らかく 宙に浮かすように打つショットです。

通常のショットとは まったく 違った考え方で打つ必要があります。
苦手意識を持っている人も少なくないと思いますが、打ち方を、
わかってしまえば意外と簡単だと感じてもらえると思う。

僕自身も、バンカから脱出するだけは、簡単に出来た。
グリーン回りのバンカーショットの打ち方を考えてみよう

 


 

まずはサンドウエッジのデザインを理解しよう

多くの人はサンドウエッジのデザインを良く理解していない所に
主な原因があるように思います。

デザインを良く理解することでサンドウエッジの正しい使い方を
生かしたスイングが簡単にできます。
 

 

サンドウエッジの構造

バンカーから中々出ない人は、バンス角を大きい物を選ぶことが大切です。

普通サンドウェッジの、バンスはクラブのリーディングの下の方に設計されている。
バンカーではクラブフェースをオープンになるように構えます。

サンドウエッジバンスを使う

 
オープンにすることでよりバンスを使いやすくなり、砂からはねやすく出来るのです。
 

名称も含めてサンドウエッジの構造を理解してください。
バンス部分もフェース開きやすくデザインしているものや
 

砂の上で良く滑るよう幅を広く取ったものなど、色々なデザインが
あります。
 

バンカーショットの打ち方は・・・?

このクラブの裏側のバンスをボールの後方から砂の中に
「滑らせる」のが目標になります。
直接ボールを打ちません。
 

バンスが生かせないで、リーディングエッジから、急な角度で振り下ろすと
リーディングウエッジが砂に食い込み、ソールを砂の中に「滑らせる」ではなく
砂を「掘る」打ち方になってしまいます。
結果出ません。
 

 

バンカーショットの構え方(アドレス)

スタンスと体のライン・・・?
バンカーとピンとの距離にもよりますが、基本はターゲットラインに対して
リーディングウエジはスクエアにセットし、体の向きは少しオープンに構えます。
 

通常のスタンスは、ターゲットに対してクラブフェースもスクエアーもちろん体の
向き、両肩、両足、すべてスクエアーに構えます。
 

しかしバンカーショットではクラブフェースを目標に向け、体は目標に
対してオープン構えるのです。
 

 

構え方(アドレス)

目標に対して役30度オープンに構えます。
スタンス幅は20センチ〜35センチ位です。
 

体重配分は左右均等です。
 

スクリーンショット 2015 04 24 12 08 30

 
クラブのグリップエンドは・・・ボールの後ろ5センチ
フェースの向きはターゲット方向です。
 
これでフェースを開いたことになり、バンスが使える状態です。
 

膝を軽く曲げ、砂を踏みしめて足場を固めます。
ボールから5〜7センチほど後ろに焦点を絞り、この地点からクラブを
滑らし砂を飛ばすつもりで振りぬいて行きます。
 

 

ボールの位置は・・・?

ボールをスタンスの左足よりに置きます。
おおよそ左足かかとの延長線上より少し右足よりが目安です。
 

 

フェースを開くとは・・・?

フェースの開き方は、フェースを目標方向に開いてグリップします。
基本は体を約30度オープンに開きますが、バンカーが高かったり
 

高さを出したいときや、距離を出したくない時は、もっとフェースを開きます。
 

フェースは、あくまでも目標方向ですのでクラブフェースを開くと
いうことは、体も開くということになります。

 

フェースを開けば開くほど、バンスがきいて砂からクラブが弾かれボールは
高く上がります。
 

フェースを開くと言うことはロフトが増えると言うことで、フェースを開く利点は
高さのあるバンカーショットが打てると言うことです。
その分飛距離は落ちます。
 

 

バンカーショットの打ち方

バックスイングは、クラブを両足のつま先を結ぶラインにそって
ゆっくり後ろにに引きヘッドの重さに応じて両手をコックをします。
 

ダウンスイングはトップからクラブを両足のラインに沿って振りぬきます。
 

よく目標に向かって振りぬけと言う人もいますが、クラブフェースが目標方向を
向いていればボールは目標に向かって飛んでいきます。

 

スクリーンショット 2015 07 06 18 53 43

イラスト:デビットレッドベター・アスレチック スイングの完成より

 
バンカーショットを安定させるには、取る砂の量をどのショットでも
ほぼ一定にする事です。
 

弧の深さは砂の下3センチ位を滑らすつもりで打ちます。

 

バンカーショット構え方
 
ボールのライが良い場合はボールの後ろ5センチぐらいにクラブヘッドが
入るように構えます。これが一つの目安です。
 

Jordan Spieth のスローモション バンカーショット動画

まずは お手本となるバンカー・ショットの動画を見てください。

 

 

とても自然でなめらかなバンカーショットです。

 

距離のコントロール

グリーンに乗せることは、正しい構えやスイングができれば難しくありませんが、
距離のコントロールが、バンカーでの練習量の少ないアベレージゴルファーでは
難しいです。
 

砂の質や硬さによっても飛距離は変わります。
 

距離のコントロールは経験と練習を、通じて培われた勘の蓄積に
頼らざるをえないと考えられていました。
 

勘を文章や口で説明することは非常に難しのです。
 

それは100硬貨を30センチ投げるのと60センチ投げるのは
どのような動作の違いがあるかを説明するようなものなのです。
 

多分バック・スウィングの大きさなどに注意は払わないと思います。
ターゲットにどれだけ強く硬貨を投げるかと言うことに
無意識に気がむいていると思います。
 

ですから練習量の少ない人に言えることは、ピンに向かってクラブヘッドを
砂につけないように、素振りで強さをイメージしてボールの後ろ5〜7センチに
 

クラブをセットしたらそこに向かってイメージが消えないうちに
スウィングすることです。
 

そうすることで振り幅も大きくなり、打つアクションも
強くなり、砂を花火のようにピンに向かって飛ばすイメージとしか
説明しようがありません。

 

 

飛距離の調節は・・・・?

 
1.バックスイングの長さ
2.ダウンスウィングのスピードとフニュッシュの位置
 

この二つのうち、距離の決定には2の方が、ずっと重要です。
 

アマチュアの距離のコントロールにはムラがあります。

 
一定しない原因には、ダウンス・ウィングでボディを使わずに
腕を使うから、飛距離が一定しないのです。

 

腕のほうが距離感を出しやすような気がしますが、
練習を積むと、アプローチのようにバックスイングの大きさは
同じにしても
 

ボディの回転で打ったほうが砂も一定量を飛ばすことができて
飛距離が安定するのです。
 

体に任せて腕は単に振るだけの方が距離のコントロールは
ずっと一定し正確になります。
 

アマチュアが距離のコントロールを失敗する原因のもう一つの
は、目の前のボールに心を奪われすぎなのです。
 

ボールを打つことばかり考え目標に焦点を合わせることを
忘れてしまうからです。
 

硬貨を投げるように先の目標に気を向ければ、エネルギー全体が
硬貨を投げる前方の地点に向けられ、そこに達するまでの距離を
 

頭脳にインプットしたら後は身体と腕に作業を任せることです。
 

多分その時フォローは大きくなっているはずです。
 

本当はエネルギーのかなりの部分を目標と、そこに達する道を
見定める目の動きに向ける必要があります。
 

プロは何度もピンを見てイメージをインプットして
ボールを見ずにクラブヘッドの打ち込む地点を見て
スウィングします。
 

ボールのコントロールに影響を及ぼすのは クラブヘッドのスピード、
スイングの軌道、クラブ・フェースの開き具合や取る砂の量など
また使うクラブの種類などです。
 

ライ (砂のコンディションも含め) によって、どのようなショットが良いのか
も知って対処しなければなりません。
 

また、これから打つボールの飛距離を決めるのは、クラブフェースの
開き方によりますが・・・
 

 
基本の開き方30度とした場合・・・?
これから打つボールの飛距離を決める際に変えなければならないのは、
スイングのスピードは一定でもフォローの大きさを変えるだけです。
 

ダウンスイングのコツはヘッドを加速させて打つことです。
バンカーから出ない人はインパクトの時にスピードをゆるめてしまうからです。
 

初心者はまずは脱出することですので、思い切り加速させて振りぬいてください。
 

リズムは短いショットの時はゆっくり、長いショットの時は早くすることです。
 

すべてのバックスイングを同じに取り、フォロースルーの長さだけを
変えるようにすることです。
 

バンカーショットはボールを直接打ちません、ですのでボールを見てしまうと
ボールを打ってしまうミスを犯します。
 

見る地点は、あくまでもボールの後ろ5センチを見つめて打ちます。
バンカーショットは砂を薄く長く取るイメージで打つ練習をしてください。
 

こうすることで飛距離を自由に操ることができます。
 

バンカーショットも色々な傾斜に対応した打ち方があります。
まずは比較的平らなところでのバンカーショットの基本を知ってください。

 

 

ー スポンサード リンク ー

この記事を読んだなら、以下記事もおすすめ!

*
*
* (公開されません)

Return Top