ゴルフ初心者上達案内

女性ゴルファー初心者上達方法

女性ゴルファー初心者上達方法

ゴルフ初心者が必ず訪れるところが練習場です。

レベルアップのために、まずは練習場に行ってみましょう。

 

早く上達したい人はゴルフスクールに通うのが一番
早いと思います。

 

ゴルフスクール

一番のメリットはレッスンプロが直接教えてくれることです
今はスポーツクラブでも練習施設があるとことも多く、近所にレッスンを実施
しているところがないかチェックしてみましょう

 

スクールを選ぶポイント

レッスンプロ一人に対して4〜5人が目安です。1時間のレッスンで
4人で一人15分のレッスンになります。

あまり多いいと見てもらえる時間が少なくなります。理想は1時間に2人です。
ビデオチェックを入れて一人30分は必要かも知れません。

できるだけ個人の指導時間が多いことを優先すべきかと思います。

 

練習場による違い


屋内練習場

特に中心部は広い土地も少なくなり、屋内練習場が多くなりました。
屋内練習場の良いところ、たいていのところは自分のスイングをチェックできる。

 

モニターや、壁に向かってシュミレーション出来る画像によるコース表示があります。
とりあえずスイングを創るためには、飛距離が気にならないところが
室内練習場での良さになります。

 

野外練習場

最低150ヤード位ある練習場が良いと思います
打ったボールの方向性や飛距離が確認できます。

室内練習場だけだとスイングづくりには良いのですが、コースにデビューした時
広いこともあり、飛ばしたくなりどうしても普段通りのスイングができなくなります。

野外練習場で広い所の良い点はコースと同じようなイメージで練習できるところです。

ですから月に数回は距離のある所で練習する事が上達の秘訣かもしれません
アプローチ主体に練習するときは、一階がベストです。

距離感がわかりやすい(何処にどのくらいの距離で落ちるか見ることができます)
上手くいかなかった点を室内でチェックし直します。

そのてん郊外に住んでいる方は料金も安く広くて練習環境に恵まれていると言えます。

今やスポーツクラブに室内練習場が付いているところも多く
まずはNET(インターネット)でしらべてみましょう。

当初は教室に入ることをお薦めします。時間制で割安です。

 

ゴルフ練習で意識したいこと

練習場での練習ですがボールの数を打つことも、なれるためには必要ですが
数より質だと思います。

練習場では自分の特性を生かしたスイング作りを、心がけると良いと思います。
また練習場はミスして良い場所ですので、なぜミスしたかその原因を考える場でもあります。

教室以外で練習する場合、まずいちばん重たいSW(サンドウエッジ)で、振り幅を決めて
打つ練習から入ることお勧めです。

 

参照 フリー画像使用

時計でいう所の、8時から4時までアプローチの練習です。
この時も、この間シッカリ、パワーを入れて振ります。

そこから3時〜9時とハーフスイングに入ります。そして7番アイアン、スプーン
ドライバーへと番手を上げて練習、最後にSWウエッジで7時〜5時へと
アプローチ短い距離を打ちます。

多くのボールを打てる場合、目測で同じ場所にキャリーで落ちるようゲーム感覚で
練習します

 

初めコースでミスしやすいのはグリーン周りで行ったり来たりするミスです。
コースに出たら朝の練習で8時〜4時シッカリヒットして歩測して何十歩か

測っておきます。後はグリー周りで、ピンまでだいたい何歩か距離を測り8時〜4時
よりも少なめか?大きく打つかイメージするだけでグリーンにオンできます。

7日間シングルプログラム

 

お家での練習

お家ではバット等、練習器具を使ってスイングを確認しながら、思い切り
パワー全開で素振りします。

ボールを打つわけでは無いので素振りによって、振る感覚がつかめてきます。
疲れるに従って余分な力が抜けてきてパワーの出し所がつかめます。

目指すところは自分の体型と振り方が比較的似てる女子プロを見つけ、その人を
イメージして真似て振る練習からすると良いと思います。

特に女性初心者はスイングパワーを出すことをお薦めします。(素振りによって身につきます)

 

ゴルフ練習場で練習するといくらかかる?

地域や立地条件、規模などによって練習場でかかる費用は全く異なってきます。
一般的に1球5円~30円程度と練習場によって大きなばらつきがあります。

どれくらい球数を打つか(練習量)によって料金は変わってきますが、都心部は高いので
時間貸し打ち放題でボールー数関係無く打てる方が集中でき割安かと思います。

その場合、疲れたらアプローチを多めに練習して下さい。
早朝割り引きや打ち放題といったサービスが割安になります
うまく活用して練習しましょう。

具体的にゴルフ練習場でかかる費用としては、まず「貸しボール代」です。

最近はプリペイドカードシステムを導入している施設が多いようです
1枚3000円~10000円のカードを事前にチャージしておきます。

これに、打席料や照明料(夜間のみ)が別途かかる施設もあります。他には、

大きな施設になると、アプローチやバンカー練習が30分で500円程度で使用
できるところもあります。クラブやシューズを借りる場合には別途レンタル料がかかります。

 

【フェアウェイゴルフUSAレディース】

 

 

ー スポンサード リンク ー

URL :
TRACKBACK URL :

*
*
* (公開されません)

Return Top