ゴルフ初心者上達案内

ドライバーの飛距離を伸ばすにはスパイアングルが大切?アッパーブローで打つ方法

ドライバーをスパイアングルを変えて、アッパーブローで打つ方法

もう少し飛距離を伸ばしいと考えている方は・・・打ち方をチェックしてみたらいかがでしょうか?大切なのは、スパイアングル?

もちろん自分にあったドライバーの機能を見つけることも大切です。例えば、総重量やロフト角、シャフトの硬さ、ある程度あっていることを前提に説明します。

今使っている道具で、もう少し飛距離がほしいと思ったら、ヘッドスピードより、ドライバーヘッドのアタックアングルを(アッパーブロー)にするにすることです。
 
 


 

スポンサーリンク

 

アッパブローに打つためには?

ドライバーで飛距離を出すには、打ち出し角度が大切になります。アッパブローとは、クラブを使うときに上向きに球をとらえて打ち出していくことを言います。

下から上に打ち上げることで、高い弾道になっていきます。弾道が高くなれば飛距離が伸びます。又ゆいつティーアップしてボールを打つ事ができる強みはドラバーです。

打つ前のチェックポイント「スパイアングル」

スパイアングルとは・・・?

スパインアングルのspineは「背骨」、angleは「角度」という意味です。

スクリーンショット 2019 10 29 14 52 02

セットアップで前傾姿勢を取った時、軽く胸を張るように構えると、背骨が一定の角度で傾きます。

アッパブローに打つときには、正面から見た時、右肩が下がりスパインアングルのspineは「背骨」が少し右に傾ける姿勢を取ることで、アッパブローに打ちやすい体制がと整います。

スイング中に前傾角度が変わってしまうと、体とボールとの距離も変わってしまうためにインパクトが不安定になってしまいます。

そうすると上手くボールをコントロールできなくなることは、知っていると思います。

スパインアングルをチェックする

正面から見たときにスパインアングル背骨の傾きが大切になります。この傾きを作ることで、アッパブローに打つことができます。

ドライバーヘッドのアタックアングルを(アッパーブロー)にするにすることで打ち出し角度が高くなり飛距離が出ます。

スクリーンショット 2019 10 29 14 34 41 2

もちろんスパインアングルを変えることで、両肩、両肘も右側が低くなります。

スクリーンショット 2019 10 29 14 34 41

飛距離の最大化についてスパインアングルを変えた、動画

アタックアングルに着目して ドライバーショットのスイング改善を試みてきた結果、ヘッドスピードは打ちているのに飛距離は俄然伸びている。

これは、スパインアングルを変えることでアタックアングル(アッパーブロー)になったからだ。

この動画の中で言っているように「A1がスパイアングル」を変えて打ったときの数字だ!

スパイアングルをキープして打つためには

スパインアングルをキープして打つためには、腰の動きが重要になる。今の道具の進化に連れて、腰の動きが変わってきた。

ヘッドスピードを劇的に上げる最新飛ばしテクニック動画

これもわかりやすい、しかし中々真似は難しい・・・今や確かにトッププロはこの様に動かしていることは確かだ。
 

 

 

ー スポンサード リンク ー

この記事を読んだなら、以下記事もおすすめ!

*
*
* (公開されません)

Return Top