ゴルフ初心者上達案内

ドライバーとフェアウェイウッド・アイアンの打ち方は違うのか?

ドライバーとアイアンの打ち方の違いは有るのか

基本はドライバーとアイアンの打ち方は1つにした方が良いと考えてください。

 

異なるのはクラブの長さとヘッド形状のちがいで、前傾姿勢やボールの位置、イメージが異なるだけです。
 
 


 

スポンサーリンク

 

ドライバーもアイアンもスイングの基本は同じ

イメージの大きな違いは、ドラーバーはティーアップされたボールを直接、横から叩きます。フェアウエーウッドとユーティリティは芝の上を払うように打ちます。

アイアンはボールの赤道にダウンブローに打ち込むイメージになりますが、ウッドもアイアンもワンピースにスイングすれば基本は同じに行えます。

ドライバーショットとアイアンショット、この2つのショットの大きな違いは、ティーアップされているボールと、地面に置かれているボールということで、打つときのイメージが少し違う感じに思えるだけです。

ボールの位置とクラブの長さの違いによってスウィングがフラットかアップライトの違いだけです。

ドライバーとアイアンの違い 〜アドレス〜

ドライバーもアイアンもアドレス時の前傾角度が少し変わります。それはクラブの長さが違うので変わってきます。

スクリーンショット 2019 07 31 14 45 57

ボールとスタンス位置の関係を考えると、ドライバーはシャフトが長いためボールから離れて立ち、アイアンはシャフトが短いため、ボールの近くに立ちます。

そのため、意識的にはドライバーが浅い前傾、アイアンが深い前傾ですが、表面上はそれほど差がつきません。

ですからイメージは、ドライバーはシャフトが長いため“横振り”に近くなり、アイアンはシャフトが短いため“縦振り”に近くなると言った違いです。

正確には、アドレス時にできたシャフトと地面の成す角度を維持するように意識してスイングするといいでしょう。

 

ドライバーとアイアンの違いはボール位置

ドライバーとアイアンの違いはボール位置ですが、考えかたが2種類あります。

ゴルフ教本 ベン・ホーガンのモダン・ゴルフ で解説されている フル スイングのための 正しいボールの位置と下の画像のように大きく分けたものがあります。

スクリーンショット 2019 07 31 15 23 30
ベン・ホーガン式が基本とされていました。ボールの位置は左足かかと内側の前、左図を見て頂くと、ドライバー ショットから ショート アイアンまで 全てのクラブで ボールは 左足のかかとの内側の前に置かれています。

スタンスがクラブが短くなるにつれて 狭くすることでボール位置が体の中央寄りに見えるだけとしたものです。

例えば、左足かかと線上にボールを置いても、スタンスが広くなるドライバーではボールは左寄りにあるように感じますし、スタンスが狭くなるショートアイアンではボールはそれに比べて右寄りにあるように感じるかと思います。

現在は多くのプロが、下の画像のようなボール位置が主流になっています。

ボールの位置は左かがとの延線上、フェアウエーウッドはフラットに芝生の上を払うためボールの位置はセンターと左足かがと延線上の中間ぐらいになり、アイアンは体の正面でダウンブローにボールを打つため、ボールの位置はセンターに置くのが基本になります。

そうする事で、同じスイングをしていても、クラブの入射角を変えることができ、ダウンブローやアッパーブロー、その度合いを調節する事ができます。

ボールを右に置くほどダウンブローの度合いが強くなり・・・いちばん左のドライバーに関しては、ティーアップもしているのでダウンブローではなく、レベルブローからアッパーブローを意識して打ちます。

  • ドライバー・・・左足かかと線上もしくは左脇の延長線上
  • ユーティリティ~フェアウェイウッド・・・スタンス中央とドライバーのボールの位置の間
  • ミドルアイアン・・・スタンス中央からボール1個程度左
  • サンドウェッジから9番アイアン・・・スタンスの真ん中

こんな感覚が今の主流になります。

 

ドライバーやフェアウエーのウエイト配分

ドライバーやフェアウエーウッドを打つ時の、ウエイト配分は、右足55%左45で多少、右に体重を起こますが・・・アイアンは、左右対象に重量配分します。

左右50%に置き、ボールを体の中心に置くことで体の移動範囲を小さくし、コンパクトなスイングを作ることになります。

ですから、クラブの長さの違いで、ドライバーのスイング軌道は大きくなり、アイアンはドライバーに比べてヘッドスイング軌道が小さくなります。

意識もアイアンはコンパクトなスウィングイメージで体重移動もほとんどしないイメージを持ちます。

スクリーンショット 2019 07 31 15 12 09

ドライバーではインパクトまでの運動量が長くなる分、振り遅れが出やすく、インパクトでフェースが開きやすくなります。

ウエイトを少し右に置き、ダウンスイングで体が流れるのを助けることが、この振り遅れを解消できる方法になります。

ドライバーとアイアンでは、基本的なスイングは同じですが・・・アドレスやボールの位置、スイングイメージが違うということが理解できましたでしょうか?

この違いを頭に入れて、ドライバーでもアイアンでもナイスショットを目指しましょう!

 

ー スポンサード リンク ー

   

ー 商品 リンク ー

         

この記事を読んだなら、以下記事もおすすめ!

*
*
* (公開されません)

Return Top