ゴルフ初心者上達案内

ゴルフ パターの順回転(転がりを良くする方法)

パターのボールの転がり、順回転を与える方法

パターの上手い人や上級者は、転がりの良いボールを打つ
届かないのかなと思っていてもボールの転がりがよく伸びてきて
入るケースを良く見ます。

同じパットでもボールの転がりの良いパットと、そうでないパットが
あります。

プロの場合は打ち出し後、ごくわずかな時間で順回転が、かかりますが
アマチュアは、順回転がかかるまで、より多くの時間を必要としています。

パターが上手な人はこのボールの転がりが良いのが特徴です。

ボールの転がりが良い3つの利点

ボールの転がりが良い利点は・・・?

  • カップに吸い込まれるようにカップインする
  • ラインから外れにくい
  • グリーンの凸凹の影響が少ない

といったような利点が上げられます。

人によっては、カップの縁で、転がりが良いとボールが蹴られる
といった事を言う人もいますが、それは強さ下限や、考え方で
その分ラインの曲がりを少なく読めば良いのです。

はるかに利点のほうが多いと言えます。

 

タイガー・ウッズが全盛時、奇跡的なパットを
沈めて優勝していました。

タイガー・ウッズが、気をつけていたこと、パターの芯で打つことと、ボールの回転が
順回転である事です。

タイガーになぜそんなにキレイな回転が掛かるのかを聞いた所

タイガー・ウッズは、パットはドライバーで高いドローを打つイメージで
打っていると答えたそうです。

タイガー・ウッズは、パティングストロークについて、一度インサイドに引いて
インパクト後のフォロースルーでパターフェースが閉じていくような
イメージだと言っていました。

 

タイガー・ウッズのパット軌道イメージ

僕の知り合いにもクラブチャンピョンシップを何回も取っている
人がいます。

その人の打ち方も同じで、フォロースルーでパターフェースが
閉じるような打ち方です。

パターについては色々、教えて頂きましたが、僕自身も
フォロースルーではフェースを閉じるように打っています。

特にロングパットでは順回転が掛かりボールの転がりが良く
伸びていきます。

細かく言えばボールにドロー回転がかかっているのかも知れません。

パターフェースがインパクトの時目標にスクエーアーであればその後の
ファースの向きは関係ありません。

ようはパターの軌道が正確ならボールは目標に向かって転がります。

多くの女子プロはストレートもしくはインサイド・アウトのストロークで
打っています。

 

回転を良くする方法

回転が良いボールはラインからハズレにくく、芝の凸凹にも
強いです。

ラインから外れないボールは、サイドスピンが少ないボールとも
言えます。

サイドスピンの無い順回転のボールが打ててるかどうかを知るには

ボールに線を引くグッズなどで線を引き、平らなところで
目標に線を合わせて、パターの芯でヒットしてみます。

ボールの順回転
ボールに引かれた線が目標に向かって真っ直ぐ見えれば
転がりの良い順回転がかかっています。

サイドスピンがない状態にストロークできていると言えます。

しかし線がグラグラ揺れてクロスするように見える場合は
サイドスピンが掛かり転がりが良くありません。

僕自身ピンアンサータイプを使っていることもあり
パターのフェースの向きは、ストローク中にあまり気にしていません。

フェースを目標方向に合わせたら、パターの軌道を重視しています。

テークバックではややインサイドに引かれフォロースルーでフェイスが
閉じ気味になるよう意識しています。

問題はパターの軌道を目標方向出すようにすることです。
フェースの向きが閉じ気味でも軌道が優先されるのかボールは

目標に向かって真っ直ぐ出ていきキレイな巡回転で転がって
行きます。

また利点として右に押し出すようなミスはありません
フックラインの時にパターの真のシャフト寄りにボールを

打たないように気をつけるだけですみます。
逆玉をリスクが減ったのです。

 

 

練習ボール

ボールが二個付いたような練習ボールがあります。
このボールを真っ直ぐ転がすことができれば、順回転の

ボールが打てるようになります。

パッティング練習ボール

ダイヤ(DAIYA)パター練習ボール パッティングボール AS-096

またパターフェースもスクエアーに当たっている証拠でもあります。

 

ボールの半分より上を打つ

ボールの回転をスムーズにするにはボールの半分より
上を打つことです。

そのためにはパターを少し浮かせて打つのも良いでしょう。

パターを浮かせてオーバースピンをかける

 

松山英樹プロも、パターのアドレス後、何回かパターを上下して
最終的には少し浮かして打っているように見えます。

良く言われている事にパターはアッパ軌道で打てと言われています。
ボール半分から上を打つことはアッパー軌道で打つことと同じなります。

ボールをスタンスの真ん中よりも左足寄りに置いた状態で
パットするとオーバースピンが掛かります。

ボールをパターのフェイスで、なめ上げるようにパットするからで
ドライバーショットと同じような原理です。

最近は、そうした打ち方をしなくても、バックスピンがあまりかからずに
すぐに順回転の始まるボールが打てるパターが売られています。

商品リンク


• ピン (PING) パター  • オデッセイ パター
 • スコッティ キャメロン パター • テーラーメイド パター
 • T.P. MILLS パター  • ナイキ (NIKE) パター
• プロギア (PRGR) パター • ミズノ (MIZUNO) パター
 • ヨネックス (YONEX) パター • ベティナルディ パター

 

 

ー スポンサード リンク ー

   

ー 商品 リンク ー

         

この記事を読んだなら、以下記事もおすすめ!

*
*
* (公開されません)

Return Top