ゴルフ初心者上達案内

ゴルフ スイング練習の錯覚

ゴルフ錯覚

ゴルフ好きは、よくゴルフ雑誌のプロのスイング写真を見ます。

1コマ1コマ写真を見て真似したり、またはレッスンプロに指摘され
錯覚を起こします。

例えばトップスイングからの始動は腰を回して手が降りてきてインパクト
といったように、ベンホーガンも言っていますし・・・

しかしそこに練習量の少ないアマチュアの錯覚が生じるのです。

スクリーンショット 2016 01 06 11 28 25

 


 

インサイドアウトに振れ

スライスするのはアウトサイド・インにクラブが降りてきてボールをカット打ち
するからだと言われます。

そしてスライスを直すにはインサイド・アウトに振れと教えられます。
それならインサイドに引きアウトサイドに振れば良いと思いがちです。
しかしこれが錯覚です。

このようにしてしまうと、ショットは不安定になり、またある壁にぶつかります。

例えばパターでアウトサイド・インの軌道でボールを打ってみてください。
逆にインサイド・アウトの軌道で打ってみます。

フェース面がスクエアなら、どのような軌道でもボールはほぼ真っ直ぐに
転がります。

 

スライスの原因は?

スライスの原因はインパクトでフェースがオープンになっていたからなのです。

スクリーンショット 2016 01 06 11 25 23

 
アウトサイド・インの軌道でもフェースがインパクト時にスクエアなら
スライスでなくフェード系のボールになるだけです。

逆にインサイド・アウトに振ってもフェース面がスクエアならフックではなく
ドロー系の球筋になります。

つまりフェードやドローの球筋と言うレベルでは、軌道の違いは意味を持ちますが
スライスやフックではフェース面のコントーロールが問題なのです。

いくらインサイド・アウトに振ってもフェース面がオープンならスライスが
出てしまいます。

ということは、バックスイングをインに引くことはなかったと言うことに
なります。

このようにスライスやフックを直すのに軌道を変えても意味がないのです。
クラブのフェース面がどうなっているのかをチェックする必要があったということです。

スクリーンショット 2016 01 06 11 27 07

 

左で打つか右で打つか?

僕もそうでしたが、随分悩みました。

左腕を意識して打つとボールは捕まらないし、右腕を意識すると
ボールは捕まるがヘッドスピードは落ちてきます。

左サイドでリードして右で打てと言われます。

しかしこのようなことを意識すると1秒に満たない一瞬の動きですので
左サイドを動かしてそして、さあ右で打つといって動かしても間に合いません

多くのアマチュアゴルファーは振り遅れるだけのスイングになってしまいます。

写真でプロのスイングを見れば確かに左足、左腰から動き左腕が降りてきて
から右腕がフォローに向かって伸びています。

しかしこれはレッスンプロが写真分析の結果このようなレッスンになったように
思います。

写真を説明するために出来たレッスンなのです。

ある程度練習すると、必然的にボールを打とうとすると、そのような
動きになっていきます。

 

トップからの切り返しは腰から動かせ

僕も長くこのように指導を受けました。

しかし女子プロなど関節の柔らかい人は確かに腰から指導しているようにも
見えますが、関節の硬い男性の場合これでは上手くボールをコントロール
できません。

最近僕はトップからの切り返しは、腕を右足のところで振ることにしました。

腕を振ることで当然、動画を撮ってみると腰も動いており、
決して不自然な動きには見えません。

練習の少ないアマチュアは腕を振ることの方がはるかにミスが減ります。

 

飛ばすにはグリップや腕をユルユルにするべき・・・?

これも錯覚します。

アドレス時にできた手首の角度とコックした手首の角度はできるだけキープした
ままダウンスイングをします。

ですから手首はユルユルにしません、角度キープしたまま腕を振ります
結果的自然に手首はある程度解けてインパクトを迎えます。
これでボールコントーロールは格段に良くなります。

もちろん体全体に力が入っている人は、グリップをユルユルといったアドバイスも
あると思いますが、言葉の表現によっての錯覚はゴルフ上達を遅くします。

 

 

ー スポンサード リンク ー

    ー 商品 リンク ー  
ゴルフ場 予約 検索
★ 超!直前割  ★ 格安 (HOT PRICE)
★ 得割り (来月用) ★ 早割り (その先用)
   

*
*
* (公開されません)

Return Top