ゴルフ初心者上達案内

オーバースイングの直し方

オーバースイングについて

僕自身最大の悩みはオーバースイングとトップでクラブヘッドが暴れてしまうこと
でした。

練習量の多い時期はこれでも、なんとか上手くインパクトで合わせてコントロール
していたのですが、練習が全然できなくなった状態でボールをコントロールする方法は

オーバースイングとトップでクラブヘッドが暴れないようにすることです。

 


 

オーバースイングを直す方法

スイングで大切なことは、スイングプレーンとクラブヘッドが決して
オーバースイングにならないことです。

スクリーンショット 2015 07 22 19 02 06

 
ドライーバーでのフェアウエイキープ率の高いトッププロは、肩が十分回っていて
しかもクラブヘッドが地面と平行まで行かない選手です。

かつてタイガーを教えていたブッチーハーモンは、オーバースイングを
なをすために、理想的なトップポジションに行ったら、そこで3秒止めて
そこからダウンスイングするドリルです。

 

理想的なトップポジションに持っていくには・・・?

肩が回って理想的なトップポジションを作るには・・・?

ドライバーをセットアップしその後、右手を左肘に軽く添えて左手首の
アングルをキープしたまま両肩を回していきます。

もちろん両膝は少し内側に絞るよう力を加え、動かさないようにキープし
両肩を回すことです。

これ以上回らない、ポジションで右手を左手に添えると、そこがあなたにとっての
理想的な、トップポジションです。

坂本プロのレッス動画を見つけました。
わかりやすいです。

 
その位置が自分の頭の位置と両手首が一番離れた位置になり、
スイングアークが一番大きいポジションです。

手の位置が意外と低いのに驚かされると思います。
その位置で3秒間止めてダウンスイングします。

最初はぎこちなく感じるかもしれませんが、タイミングを掴んだら実際
ボールを打ってみます。

このドリルをすることでオーバースイングを直すことができ、またボディターン
に対して正しい腕の動きを身につけることができます。

 

直す必要があるオーバースイングとそうでないもの・・・

直す必要があるオーバースイングは・・・?

代表的なオーバースイングとしては、肘がバックスイング(トップ付近で)
曲がってしまって、トップで自分の頭に手首が近くなってしまう
オーバースイングやシャフトがクロスしたり、ヘッドが暴れてしまう

オーバースイングはパワーロスを招き、是非とも直したいオーバースイングです。

トップで肘が曲がってしまうようなオーバースイングはリバースピボット
(左足に体重が乗ってしまう)になるケースが多く色々なミスを招きます。

直さなくても良いオーバースイングの代表は横峯さくらプロです。
体重移動が左足にできていて、なおかつ両足は地面についています。

スクリーンショット 2015 07 22 18 54 44

 
足で踏ん張る力があり両膝もほとんど動きません
この様の人は直さなくても問題ないです。

 

 

ー スポンサード リンク ー

*
*
* (公開されません)

Return Top