スポンサードリンク

冬のアプローチを失敗しない方法は?クラブをシャローに振ること

冬のアプローチを失敗しない方法は?クラブをシャローに振ること

冬のアプローチの基本 冬に限らずアプローチショットの基本はクラブヘッドの 入射角を、Vに入れるのではなく、なるべく大きな円を 描くようにシャローに入れることです。   以前はスピンを入れて2バンド目にキュと止めるように 入射角がVに近い角度に入れていた。   しかし最近はキレイなフェアウェイから打つ場合も ...

ゴルフ初心者や上級者も読んで欲しい学ぶべき基本のまとめ

ゴルフ初心者や上級者も読んで欲しい学ぶべき基本のまとめ

ゴルフ初心者からベテランまで知ることで スコアアップする基本まとめ よく言われるゴルフの基本とは違うかもしれませんが 心得ておくとスコアに違いが出るでしょう。   ゴルフプレーは、まず楽しく真剣にすることです。   と言うのは・・・?   ゴルフは「ロングドライブ」より「ソコソコドライブ」の 方が...

ゴルフ 賭け(ベット)“握り”に負けない方法

ゴルフ 賭け(ベット)“握り”に負けない方法

ゴルフの握りに負けない方法 ゴルフに慣れてくるとより面白くするために 通称 ”握り”と言う賭けをする場合が多い。   仲間でゴルフをしているだけだと、ワサビの効かない お寿司を食べているようなもの・・・   何か聞いた話しでは ”寿司のにぎり” から来ているようにも 聞いた。   ゴルフでは”握り...

ゴルフ ドライバーで飛距離を出すには、両足裏の体重のかけ方が重要?

ゴルフ ドライバーで飛距離を出すには、両足裏の体重のかけ方が重要?

ドライバーで飛距離を出すには両足裏に どのように体重が乗っているかだ? 多くの人が望んでいることに「ドライバーで飛ばしたい」と 言うことだ。   それには・・・? ドライバーの芯でヒットする事? 体の体幹を強くする事? 軸がブレないようにスウィングする事? 土台である足を鍛える事? 体の(柔らかさストレッチ)が必要と...

ゴルフ 体に優しいスウィングプレーに乗った本当のスウィングの仕方

ゴルフ 体に優しいスウィングプレーに乗った本当のスウィングの仕方

テークバックについて ゴルフスウィングで多くのゴルファーが勘違いしている のがテークバックやスウィングの仕方です。   僕も最近やっと確信に迫った感じの、スウィング法を ユーチューブで発見したので紹介いたします。   良く「グリップは柔らかく握るように」といわれます。 そのことが原因で「手首も柔らかく」して...

ゴルフ飛ばしに必要な手首のスナップ打法

ゴルフ飛ばしに必要な手首のスナップ打法

飛ばしに必要なスナップ打法 手打ちはイケないとよく言われるが・・・ 体格や筋力が弱いアマチュアにとって、やはり飛距離は ほしい。   アマチュアが1ヤードでも余計に飛ばそうと思ったら 手の力は絶対必要だ。   桑田泉プロは、クウォーター理論、動画レッスンでも 手でクラブを振れと言っている。   し...

宮里優作のクラブセッティングと動画

宮里優作のクラブセッティングと動画

宮里優作プロの略歴 ジュニア時代から数々の大会を制し東北福祉大学進学後は 『日本学生ゴルフ選手権』で2000年から3連覇する。   2001年には『日本アマチュアゴルフ選手権』制覇 そしてプロのフィールドでも2001年『日本オープン』7位タイ 出場4試合連続トップ10入りなど、天才アマとして名を馳せた。  ...

「ダフらないアプローチショットの仕方」冬の枯れた芝でもダフらない方法!

「ダフらないアプローチショットの仕方」冬の枯れた芝でもダフらない方法!

90%ダフらないアプローチショット 芝が生えそろっている時期はともかく・・・ 冬の芝がないグリーン周りでのザックリやトップが 頻発しがちです。   練習不足の僕にとっても薄い芝では苦労します。   しかしプロは、トップシーズンと同様に安定した アプローチショットを放ちます。   この差が、どこから...

入っちゃう! パットの法則 (ゴルフダイジェスト新書)

入っちゃう! パットの法則 (ゴルフダイジェスト新書)

ゴルフ パターの入るラインを想像する方法 入っちゃう! パットの法則 (ゴルフダイジェスト新書) を読破した。   僕が関心を持ったのはグリーンの読み方の部分だ。   僕自身、1メートルのパットも左右の曲がるラインに ボールがつくと、1メートルだからと言っても中々入らない。   そして短いパットを...

冬のゴルフのスコアメイクで気をつけるべき点、何を意識すれば良い?

冬のゴルフのスコアメイクで気をつけるべき点、何を意識すれば良い?

冬のゴルフのスコアメイク 冬のゴルフはどうしても、スコアが悪くなると皆さん 言います。   寒さで体が動かない、芝が枯れていてアプローチミスなど・・・ しかし、それだけではありません。   何も 考えずに いつものように同じような気持ちで ラウンドしたのでは スコアアップは望めない。   冬のゴル...

Return Top