ゴルフ初心者上達案内

スポンサードリンク

ユーティリティ

大きな飛びで長い距離でもやさしく狙えるクラブ

 

最近は女子プロを始め男子プロも片山晋呉を始め海外選手も
ハイブリ=(ユーティリティ)を使い始めています

フェアウェイウッドとアイアンの中間距離を、補う役目のあるクラブとして
ユーティリティを入れ、難しい、3,4,5アイアンと入れ替える人が多くなりました。

最近はユーティリティの人気が高まり、その使い勝手のよさから
無視できない存在になっています

 

ユーティリティ(ハイブリット)の特徴

最近はツアー・プロの選手でも ユーティリティのクラブを使う選手が増えています。
そうした選手は ロング・アイアン (例えば、2番、 3番アイアン)や

フェアウェイウッド (5番、7番ウッド) を入れずに 2番や 3番ユーティリティーで
代替するといった使い方をするのが 一般的になって来ました。ボールが ラフにあって

沈んでいる場合は アイアンでは通常 それを遠くまで
飛ばすことが難しくなりますが、そうしたショットでも打ち易いデザインのクラブです

様々なライ(芝生で )色々な使い方が出来る、つまり、応用範囲の広いという意味で
ユーティリテー (utility) という言葉が使われている訳です。

また同様の意味合いから レスキュー・クラブ (rescue club) という呼び名が
使われることもあります。一般のアマチュア・ゴルファーにとってのユーティリテーは

ロング・アイアンはもとよりミドル・アイアンや番手の大きなフェアウェイウッドよりも
扱い易い (打ち易く、ミス・ヒットに対する寛容性の大きい) クラブとしての

利用価値が高いことから 使う人が多くなってきてアイアンも6番からの人が多くなりました。
場合によっては 6I 相当のユーティリティーも しばしば使われるようになってきています。

 

ユーティリティとフェアウェイウッドの違いって?

フェアウェイウッドとアイアンの中間的、位置付けのクラブがユーティリティと
言えます。ユーティリティは、アイアンと同じようなシャフトの長さですが

 

重心深度の深いヘッドでボールの弾道はフェアウェイウッドのように高い弾道に
なるのが特徴です。方向性を重視するアイアンが発展していったのがユーティリティと考えましょう。

 

まず見た目ですが、慣れるまではユーティリティとフェアウェイウッドの区別は
付きにくいと思います。最近は形状においても見た目も少し変化して来ました。

 

 

どのように使い分けていけばいいかという点ですがアイアンを進化させた
形がウーティリティですので

 

  • 方向性重視のショットにはユーティリティ
  • 距離を重視したい時にはフェアウェイウッド

 

と考えておけばいいでしょう。
実際に打ってみて、飛距離の違いやショットの正確性の違いを体感した上で
ケースバイケースでフェアウェイウッドとユーティリティを使い分けていけるのが
良いと思います。

 

これからはなるべく進化したクラブでゴルフを楽しんでいただきたいと思います。
初心者の方がアイアンと、どちらのクラブを選んだらいいか迷ったら

ユーティリティを選ぶことをおすすめします。

 

   
Return Top