ゴルフ初心者上達案内

スポンサードリンク

フェアウェイウッド

大きな飛びがコースマネージメントを、やさしくする

フェアウェイウッド(FW)は、ティーからのショットに限らず
主にフェアウェイ(地面)から使うドライバーと同じ形をしたクラブです。

使い方次第で大きな威力を発揮します。フェアウェイウッドは、もはやゴルファーの
必須クラブと言っても過言ではありません。特に女性にとっては

多く使用するクラブということが言えます

 

フェアウェイウッドの特徴

フェアウェイウッドの特徴は「コース上から比較的楽に長い飛距離を打てるクラブ」
となります。ラフからでも距離が出せる点が、ロングアイアンの弱点をカバー

するもので、女性や初心者ゴルファーにとっては、大きな武器になります。

フェアウェイウッドの種類は、普通3番ウッド(スプーン、3W)
4番ウッド(バッフィー、4W)、5番ウッド(クリーク、5W)6W、7W

9W、11Wと奇数の番手が多いのが特徴。7W以下はショートウッドとも呼ばれています。

フェアウェイウッドの番手が大きくなるほどロフト角度が増えるためボールを
上げやすくなっています。

 

までのセッティングでは

1W(ドライバー)3W、かもしくは1W、4W、3Wの組み合わせが多かったです

今は1W,5Wを入れる組み合わせが多くなりました、プロでも比較的優しい
フェアウェ、イウッドを積極的に取り入れ活躍しています。ですから初心者にも

是非フェアウェイウッドを取り入れゴルフを簡単にして、プレイをより楽しいものにして欲しいと思います。

 

写真で見ていただければ、フェアウェイウッドはドライバーの形状と
非常によく似ていることが分かると思います。

 

ロングアイアンよりフェアウェイウッドを使おう

最近では、フェアウェーウッドをロングアイアン(4番以下のアイアン)の
代わりに使用する人が多く、とってもメジャーなクラブになっています。

ロングアイアンの代わりにフェアウェイウッドをおすすめする理由ですが
それはフェアウェイウッドの特徴に答えがあります。

フェアウェイウッドはクラブのソールが平らで広いので、多少ダフってもアイアンに
比べてクラブが地面の上をすべりやすいため、ミスショットしにくいという特徴があります。

ラフカラでも振り抜きやすい形状も多くなって来ました。またボールも高く
上がりやすい構造になっていて、比較的、楽に距離を出すことができます。

特に扱いが難しいと言われるロングアイアンですから、初心者のうちは
フェアウェイウッドを揃えておくことを強くおすすめします。

 

男性なら2本、女性は3本以上あると便利

初心者におすすめのフェアウェイウッドですが、どれを選べばいいのか?
理想を言えば3W,5W,7Wだと思います。

スプーン(3W)はフェアウェイから打つ時に距離が出やすいわけですが
やはり初心者には難しい。使い方としてはティーショットのドライバーが

うまく打てないときに代替えとして使用することをおすすめします。

5W,7Wに関してはロフトがあるので初心者にも十分打つことが出来ます
そう言う意味では使用頻度の上がるクラブになると思います。

フェアウェイウッドの購入ポイントは、ドライバーと同じように少しヘッドが重く
感じるクラブを購入する方がいいでしょう。

力の弱い女性ゴルファーであれば、3W、5Wはもちろんのこととして
7Wできれば9Wまで持っていると重宝すると思います。

男性ゴルファーでも、3W、5Wを持っている人が多くなりました
5Wは入れておきたいところです。

   
Return Top