ゴルフ初心者上達案内

スポンサードリンク

プロもこだわる パターグリップ Super Stroke(スーパーストローク)

パターグリップについて

最近マスターズを見ていても極太パターグリップを使っている
プロを多く見かける。

以前も、K.J.チョイ プロなどが極太グリップを使用していて
流行ったことがある。

今や、ミケルソン、ジョーダン・スピース、タイガー・ウッズも使用

僕も太めのグリップに変えたこともあるが・・・?

今使っているのはピンのピストル型タイプ(キャメロンが似たタイプ出した)
グリップを使用しています。

 

スクリーンショット 2016 05 15 14 08 36

SCOTTY CAMERON スコッティ キャメロン ピストレロ ダンシング パターグリップ 3507601

 
細めで横から見ると曲がっているので構えやすく、
細い分ヘッドの重みを感じやすい。

 


 

太いグリップと、細いグリップが違う?またどれだけ重要なのか?

パターグリップは、やはり気持ち良くパッティングするためには
こだわるべきアイテムです。

パターの名手ジョーダン・スピースも使用している。
スクリーンショット 2016 05 16 10 54 21

 

簡単に言ってしまえば・・・?

太いグリップは手首の動きを制御し、逆に細いグリップは
手首の動きが操作しやすと言えます。

僕も、イップス気味になりパターの形状を変えたりしたが、結果的に
ピンアンサータイプのスコッティキャメロンのニューポートに戻った。

 

太めのパターにしたこともあるのだが・・・?

太めにして良い点は、パターヘッド面が狂いにくく安定させやすい。

かなり以前に極太グリップを使ってた時期もあったが、その時の問題は
グリップの重さだった。

ヘッドバランスが出ずにグリップの太さが生きなかった。

パットは、タッチと方向性が合わないと結果の出ないシビアな世界。

それだけに自分の感覚やイメージ通りにストロークが出来ないと
スウィングにも影響が出てくるシビやな世界。
またボールの転りにも影響します。

自分の苦手な部分を補ってくれるグリップを装着すれば
よりスムーズにストロークがしやすくなり、カップインの確率が
上がります。

ですからパターグリップは、絶対にこだわるべき部分でもあります。

 

グリップのタイプが違うと何が変わる?

パターグリップで一番、感じやすいのが太さでの違いです。

グリップが太くなることで握り方も強く握りにくくなるので
スムーズなストロークがしやすくなります。

またパターヘッドもスクエアーに保ちやすくなります。
これは初心者でも実感できるでしょう。

 

細いグリップはどうなの・・・?

と言った疑問が出てくるでしょう。

細いグリップのメリットは、ヘッドの操作がしやすくなります。

インパクトでパチンと打って、操作したり、パターヘッドのトゥ側を
インサイドに向けてボールの転がりを良くしたり、操作したい人は
細いグリップの方がやりやすくなります。

例えばタイガー・ウッズは一貫して同じピンのピストル型タイプの
グリップを使用していましたが・・・やはり?

タイガー・ウッズもチェンジ?

スクリーンショット 2016 05 16 10 55 24

 

ヘッドの「効き」に左右する「重さ」

パターヘッドが気に入っている「打感や、ヘッドの重さ」場合は

パターグリップを交換する時、目には見えませんがパッティングに
もっとも影響するのがグリップの「重さ」です。

太いグリップにした場合、その分グリップが重くなると
パターヘッドのバランスが軽くなり、結果的にボールの転がり
距離感に影響をします。

ストローク中に感じるヘッドの重さが(ヘッドの効き)が
弱くなり、ヘッドの重みを生かしたストロークはしにくくなります。

逆にグリップが軽くなると、(パターヘッドの効き)重みを感じられ
ヘッドの重みを利用しやすくなります。

パターのストロークが安定しない人や、パターに苦手意識が
ある人は太めのグリップを試されても良いと思います。

 

パターの苦手意識をグリップで補う

今使っているパターのヘッドが気に入っているなら
グリップ交換してもいいし、また新しいパターを購入する時は、

是非グリップにもこだわって選ぶべきです。

ショートパットなど不安に感じる人は、太めのグリップのほうが
安定してカップインする確立が上がります。

スーパーストローク ゴルフグリップを見てみたい人
スーパーストローク ゴルフグリップ

 

まず自分がどうしたいのか決めよう

まずパターのストロークのタイプを自分なりに分析することです。
オートマチックにロボット的に打ちたいのか?

感性を大切にしたいのか?

GOLF経験が浅く、パターをまず上達したい人はオートマチックに
ロボットみたいに打てるようになることが必要だと思います。

いきなり感覚は育ちません、適当に打っても上達はしません。
大きなヘッドのパターを使って手首をつかわず、肩のストロークで
打つという基本を大切にしてください。

パターの選び方
http://tom49.com/archives/1737

 

パターのミスをグリップで補う

パットのミスがショート気味の人

  • 軽いグリップ
  • テーパーのあるグリップ
  • 細いグリップ

パットのミスがオーバー気味の人

  • 重いグリップ
  • ノンテーパーのグリップ
  • 太いグリップ

方向性の安定しない方

  • ノンテーパーのグリップ
  • 太いグリップ

 
もちろんボールの転がりは、グリップだけじゃなくて
ヘッドも大きく影響しますので、一概には言えません。

グリップの入れ方でミスを補う。
また、グリップの入れ方で、左に引っ掛けるクセがある人は
左に行きにくく入れることもできます。

これを参考に、自分にピッタリのヘッドとグリップを見つけてください。

 

気になるパターグリップ

「スーパーストロークグリップ」太いのに軽量という
好都合、極太グリップも軽量タイプになっている

ミケルソンの使用で有名な太くて軽くてソフトで太さが均一という
多くの特徴を持つパターグリップ。

スーパーストロークのパターグリップ

多数のプロが使用して話題となっている

「スーパーストロークグリップ」周囲のあまりの評判に反応して
僕もグリップ交換してみたくなった。

 

パターグリップ

Super Stroke(スーパーストローク) ウルトラスリム1.0ブラック/シルバー 2015日本限定カラー

 
僕自身は敏感なヘッドを少しオートマチックにしたい
と感じている。しかしパターのヘッドバランスは今のままが良い

もしグリップの重量が同じなら、一番スリムな1.0を入れようと、
思う。

マニュアル間隔を残したまま、オートマティック感も欲しい
ピンタイプや、L字パターを使用している人には

マニュアル感覚あふれるヘッドなど、一番細いタイプが良さそうだ。

周囲のあまりの評判に反応して僕もグリップ交換してみたくなった。
選んだのは最も細い(と言っても太いが)のウルトラスリム。

 

 

   

*
*
* (公開されません)

Return Top